黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第10部

    白猫夢・桜燃抄 3

     ←白猫夢・桜燃抄 2 →白猫夢・桜燃抄 4
    麒麟を巡る話、第493話。
    泥中之蓮。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     さらに年月が過ぎ、双月暦565年。
     九鬼桜雪は15歳になっていた。

    「……」
     この頃から度々、桜雪は悩む仕草を見せるようになった。
     自室で静かに正座し、両手を膝にずっと置いたまま、無言で目を閉じて考え事にふける彼女の姿に、彩はしばしば気を揉んでいた。
    「桜雪」
    「……」
    「おーい、桜雪」
    「あ、はい」
     部屋の外から何度か呼びかけ、ようやく振り向いた桜雪に、彩は苦々しく続ける。
    「もう夕飯の時間だぞ。鍛錬から帰ってずっと、そんな調子ではないか」
    「すみません、母様」
     ぺこっと頭を下げた桜雪に、彩は腕組みしつつ尋ねる。
    「何か思い煩っているようだが、懸想でもしたか?」
    「い、いえいえ! そのようなことは決して!」
     顔を赤くした娘に苦笑しつつ、彩は真面目な顔になった。
    「察してはいる。……霧蔵のことだろう?」
    「……!」
     一転、桜雪の顔から紅が引いた。
    「父親違いとは言え、お前の弟だった。……私が引き取ると言えば、ああはならなかったかも知れん」
    「……」
    「だが、全ては終わったことだ」
     彩がそう言った途端、桜雪の頬にぽろぽろと涙がこぼれだした。
    「母様はいつもそう」
    「え?」
    「事が終わってから、そんなことを仰います。何故、事が起こる前に手を打たないのですか?」
    「それは……」
     言い淀んだ彩に、桜雪はがばっと頭を下げ、平伏した。
    「……申し訳ありません。出過ぎた言葉でした」
    「いや」
     彩も同様に頭を下げ、こう返した。
    「お前の言う通りだ。私はいつも、終わってからしか行動しない。愚か者の見本だ」
    「そんな……」
    「……飯に、しよう」



     桜雪以後、小雪が産んだ子供は6人いた。
     しかし一人として自分が育てるようなことをせず、彼女はすべて臣下の者に預けていた。そのうちの一人が霧蔵である。
     だが、預けられた先で家庭内の諍いが起こり、霧蔵は間に挟まれる形で何年も過ごし――そしてつい先日、その境遇に耐えかね、わずか12歳の身で自殺したのである。

     その諍いの根源が他ならぬ霧蔵にあったことは、誰の目にも明らかだった。
     女王から無理矢理に押し付けられ、それまで円満だった家庭にいらぬ波風を立て、崩壊に導いたであろうことを、周囲の者は皆、察していた。
     預けた張本人、小雪を除いて。



    「……」
    「……」
     いつになく重苦しい空気の中、彩と桜雪は夕食をとっていた。
     食事の最中に会話するようなことは、央南における礼儀上、はしたないとされてきたことであったし、真面目な二人はこれまでの15年間きちんと、その礼儀を守ってきた。
     だがこの日――桜雪が、それを破った。
    「母様」
    「……」
    「わたしは、愚か者になろうと思います」
    「え?」
     顔を挙げた彩に、桜雪は涙で腫れた、しかし熱い光のこもる目を向けた。
    「諸悪の根源は、我が実の母にあります。
     わたしはその母を――この国の女王、焔小雪を討ちます。親を殺すなど愚行以外の何者でもありませんが、しかしそれをしなければ、何も変わりはしないでしょうから」
    「ばっ、……馬鹿を言うな!」
     面食らった彩は、茶碗を落としてしまう。
    「いくら堕落の極みにあるとは言え、我らが主君であるぞ!」
    「主君であれば何をしても良いと言うのですか!?」
    「……っ」
    「このまま看過し続ければ、どうなると思いますか? また我が弟妹が死に、また母様は後になってから愚痴をこぼすでしょう。
     それはこの国の未来と同様ではないでしょうか?」
    「どう言う意味だ?」
    「女王の愚行で人が死に、焔流が乱れ、国が傾く。その惨状を、残った者が『仕方の無いこと』と諦め、また次の悲劇が緩慢に起こる。
     わたしが知る限り、焔紅王国の20年は、その緩慢なる悲劇の繰り返しです。此度の件は、その縮図と言えるでしょう」
    「……」
    「どうして誰も焔小雪を咎めないのですか? 女王だから? 家元だから?
     わたしにはその言い訳が納得できません。余計な面倒事に首を突っ込みたくないと言う、怠け者たちの逃げ口上にしか思えません」
    「桜雪ッ!」
     一瞬憤り、彩は桜雪に平手を食らわそうとした。
     ところが桜雪はその手をつかみ、なおも熱く語る。
    「しかしわたしは、母様だけはそうではないと信じております。
     母様はただ楽して生きたいだけの怠け者であるとは、到底思えません。いずれ機が来れば立ち上がってくれる、憂国の士と信じております。
     一度でいいのです。後悔ではなく、満足をしていただけませんか? 『あれを省みるには遅かった』などと仰らず、『あれをやって良かったと思っている』と、わたしに堂々と、胸を張って仰って下さい」
    「……私に、何をしろと言うのだ」
    「わたしと共に、戦って下さい。
     この腐った国を糺(ただ)すために」
    「桜雪……」
     娘の熱い瞳に射抜かれ、彩の心に、20年振りに火が灯った。

     これが九鬼桜雪による、焔紅王国に対する謀反の始まりである。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・桜燃抄 2】へ
    • 【白猫夢・桜燃抄 4】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    >ポールさん
    確かに……。寝取った元主君の奥さんが産んだ子供に討たれると言うシチュエーション、この話に通じるところがありますね。

    白猫はこの事件、直接関係はしていません。
    「人生実験」で介入はしましたが、それ以降の、
    小雪やその関係者がどうなったかについては、
    興味を完全に失っていると思われます。
    今、彼女の興味は100%、白猫党にしか向けられていません。

    NoTitle 

    >岡崎 大介さん
    はじめまして。
    文章の分かりやすさは、特に気を付けている点の一つです。
    ただ、単に事細かく説明すればいいというものではなく、
    あくまで物語としてのリズム、ファンタジーの雰囲気を崩さないよう、
    削れるところは極力削るようにしています。
    あまりに地の文が多すぎると、「物語」ではなく「説明書」になってしまうので。
    と言っても、自分も度々説明が長くなってしまうことがあり、
    まだまだ反省すべきところが多いですが……。

    NoTitle 

    美濃の斉藤家よりすさまじいことに……(・_・;)

    もしかしたらこれも白猫の陰謀ですか(・_・;;)

    作品作りの参考にさせていただきます 

    私もブログで小説を投稿しているので作品作りの参考にさせて
    いただく白猫夢の序盤を読ませていただきました
    読んだ感想は地の文がわかりやすく情景描写がしやすかった点
    です。私ももう少し地の文で読者を惹きつける技能を身に
    つけたいと思いました。お互い執筆活動頑張りましょう!
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・桜燃抄 2】へ
    • 【白猫夢・桜燃抄 4】へ