黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第10部

    白猫夢・桜燃抄 8

     ←白猫夢・桜燃抄 7 →白猫夢・桜燃抄 9
    麒麟を巡る話、第498話。
    女王襲名。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    8.
    「その女が女王で、……間違い、無いのか?」
     渋坂が恐る恐る尋ねるほどに、焔小雪の姿は醜く崩れていた。
    「間違いありません。女中やその他、女王の側近などから確認済みです。
     なお、お付きの者からは『女王はここ数年、床から動いていない』と。両足が半ば壊死しているらしいとのことです。自分の足では歩けないようでしたので、布団を使ってここまで引っ張ってきました」
    「そう、か」
     予想外の状況に皆が戸惑う中、桜雪が一歩、前に踏み出した。
    「確認します。あなたが焔小雪で、間違いないのですか?」
    「……そうよ」
     べちゃりと布団に張り付いていた女が、くぐもった声で答える。
    「……」
     桜雪はそれ以上、何も尋ねない。どうやら彼女も相当の衝撃を受けているようだった。
    「意外?」
     と、小雪の方から声をかけてくる。
    「……っ」
    「まさか、遊んで、食っちゃ寝、してるだけの女が、20年前、30年前の、美貌を、留めてると、思ってた?」
     小雪は切れ切れに、苦しそうな様子で話している。
     その顔は土気色に沈んでおり、髪はほとんど白く、そして地肌が見えるほどに細く、少ない。目は黄色く濁り、膨れ上がった手と足は到底、人の体と思えない色に染まっている。
     どうやら長年の自堕落な生活のために、体のあちこちを病んでいるようだった。
    「……」
     最早人と思えぬほどに形の崩れた小雪を目にした桜雪の顔色が、どんどん悪くなってくる。
    「桜雪!」
     それに気付いた彩が、後ろから桜雪を抱き留める。
     その様子を見て、小雪がクスクスと笑う。
    「あら、九鬼。久しぶりね」
    「え、ええ」
    「あなたは、あんまり、変わらないの、ね。そうよね、わたしと、違って、毎日鍛錬、してたんで、しょうしね」
    「……」
    「ご覧の、通り、よ。わたしは、こんなに、なっちゃった」
     小雪は桜雪に目をやり、淡々としゃべりだした。
    「あなたが、わたしの、子供だってことは、深見から、聞いてた気が、するわ。そうね、面影がある。あなたにとっては、おばあちゃん、わたしにとっては、母だった、人に。
     ……もう、いいでしょ? わたしから、聞くことは、もう無い、でしょ? さっさと、終わらせ、なさいよ」
    「……~っ」
     桜雪の唇から、つつ……、と血が滴る。どうやら極度の混乱・動揺を、唇を噛むことで無理矢理にこらえたらしい。
     その血を手の甲で拭い、桜雪は乾いた声で命じる。
    「誰か……刀を……貸して下さい」
    「と、頭領」
    「わたしが……討ち取ります」
    「……これを使え」
     彩が腰から刀を抜き、桜雪に渡す。
    「あなたが、やって、くれるのね」
    「……はい……」
     絞り出すような声で、桜雪が応じる。
    「どうぞ。……新しい、女王さま」
    「……覚悟っ……」
     桜雪は刀を手に、ぼたぼたと涙を流しながら、小雪に近付いた。

     その日のうちに、桜雪は焔紅王国の新たな女王となった。
     また、この日から桜雪は自分の姓を「焔」と改め、焔桜雪と名乗るようになった。



    《……ってのが現体制に至るまでの、大体の顛末だね。
     その後についてはそんなに特筆するコトは無いね。真面目で優秀で誰からも好かれる女王様の下、みんなが幸せに暮らしましたとさ、……って感じだね》
    「いや、そうじゃないみたいですよ」
     のんきそうに語った電話の相手に、ルシオは反論する。
    《って言うと?》
    「実はそのサユキ女王から、招待を受けまして。何でも、農業指導をしてほしいとか」
    《ふーん……? 農業指導ってコトは、やっぱりまだ、土地が荒れてるのかねぇ》
    「だと思いますよ。サユキ女王の体制になってからまだ5年とのことですし、農地改革は一朝一夕にできることではありませんから」
    《まあ、私から言えるコトとしては、その焔桜雪って子は十分、信用に値するだろうってコトだね。
     わずか19歳で国一つ引っくり返すくらいの働きをしたんだし、どうあれ傑物にゃ違いないね。そんな大人物が『助けてくれ』って願い出てるんだ、行って損は無いと思うけどねぇ?》
    「非常に参考になりました。ありがとうございます。……あの、ところで」
    《ん?》
    「お名前を伺っても……?」
     ルシオにそう問われ、相手は《あー》と声を漏らす。
    《そう言や忘れてたね。モールさ。賢者モール・リッチと言えば私のコトだね》
    「はあ」
     ルシオのぼんやりした返事に、呆れた声が返って来る。
    《え、もしかして知らないね?》
    「ええ。もしかして高名な方でしたか……?」
    《……ちぇ》
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・桜燃抄 7】へ
    • 【白猫夢・桜燃抄 9】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・桜燃抄 7】へ
    • 【白猫夢・桜燃抄 9】へ