黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 3;白猫夢」
    白猫夢 第10部

    白猫夢・桜燃抄 9

     ←白猫夢・桜燃抄 8 →2015年5月携帯待受
    麒麟を巡る話、第499話。
    農学博士の見解。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    9.
     焔紅王国についての情報を得たルシオは、早速春にこれを伝えた。
    「そのお話、本当でしょうか……?」
     だが、春はこの話に首を傾げ、懐疑的な様子を見せる。
    「そんな英雄譚が、あんな国で繰り広げられたとは到底……」
    「とは言っても、話の中心となった人物と、あの手紙にあった名前とは一致しているし、テンコちゃんの友人だから信用できるはずだよ。
     一応、大学の方でも調べてはみるけど……」「あ、それなら」
     と、春が顔を上げる。
    「わたしの方で調べてみました。でも、焔紅王国に関する書物は全て、央南連合下では発行も所有も禁じられているので……」
    「やっぱりそうか。と言うことは、あの二人も相当な危険を冒してここに来てるってことになるな。……逆にそれが、彼らの真剣さを伝えていることにはならないだろうか?」
    「あなた、妙に王国の肩を持つんですね?」
     春にそう問われ、ルシオは小さく首を振る。
    「そう言うわけじゃないさ。もしも本当に、王国が農地改革を求めていると言うのなら、僕たちにとっては研究成果を示す、またとない場になる。そう思ってるんだ。
     少なくとも僕は学問のために学問を修めているわけじゃない。実際の状況に対して適用されるためにこそ、学問はあるべきだと考えてる。ハル、君もそうじゃないのか?」
    「……そうですね。そう問われれば、はいと答えます。でもやっぱり……」
    「ともかく、二人で話しているだけじゃ埒が明かない。この手紙を渡した、あの『狐』の人に詳しく話を聞いた方がいいんじゃないかな?」
     多少強引ではあったが、ルシオのこの主張に対し、春は渋々と言う様子でうなずいた。
    「分かりました、それで判断しましょう。もしそこで『やっぱりおかしい』と感じた時は、今度こそ、この話は無かったことにして下さいね?」
    「勿論さ」

     既に夜の9時を回ってはいたが、それでも彼らを訪ねたところ、快く出迎えてくれた。
    「ありがとうございます、ブロッツォ博士、紺納博士」
     深々と頭を下げた狐獣人の剣士、渋坂に対し、ルシオは「いや」と手を振る。
    「まだお受けすると決めたわけではありません。王国について、現在どのような環境であるのか確認したいと思いまして」
    「なるほど、確かにあの手紙だけでは実情を測ることはできませんな。……これ、千谷」
    「はっ」
     千谷と呼ばれた短耳の青年が、数枚の写真を机の上に置く。
    「こちらが王国内の、ある農村を撮影したものです」
    「ふむ」
     ルシオたちは写真を受け取り、互いに意見を述べる。
    「画像は粗いけれど……、確かに荒れ果てているのがよく分かる」
    「そうですね。土が、とっても白い。栄養がほとんど無いようですね」
    「恐らく、これは白砂(シラス)のような火山性土だろう。
     紅州は温泉が豊富にあるって話だから、マグマ層が比較的地表に近いんだろう。噴火や溶岩の露出と言った大規模災害なんかは発生しないまでも、土の性質は火山地帯のそれと、かなり近くなってるんじゃないかな。
     ……ふむ、とすると」
     ルシオは渋坂たちに向き直り、こう尋ねた。
    「王国で主だって栽培している作物は、もしかして米や麦と言った穀類でしょうか?」
    「ええ、まあ」
    「それをこの土壌で育てようとした、と?」
    「はい」
    「それは無理です」
     ルシオは頭を抱え、深いため息をついた。
    「何故に?」
    「穀物を育てるのに必要な栄養素が、この種類の土には存在しないからです」
    「なんと」
    「紅州のほとんどが、こうした土壌でしょうか?」
    「いや、白ではなく、むしろ真っ黒なところもあります。ですがそこも同様に、作物が実ったことがありません」
    「と言うことは十中八九、黒ボク土(くろぼくど。こちらも火山性土の一種)だろうな……。なるほど、農業をやるには致命的に条件が悪過ぎる。
     褐色土なんかはありますか? この辺りではよく見かける類の土ですが……」
    「いや、あまり見ません。紅州の北、黄州との国境付近には多少あるようですが」
    「ふーむ……。なるほど、よく分かりました」
     ルシオは苦り切った顔で、こう続けた。
    「はっきり申し上げましょう。現状、紅州で米や麦を栽培しても、成果は望むべくもありません」
    「むう……」
    「ですが、私にはその現状を打破できる策がいくつかあります。私が赴けば、4~5年でほぼ自給できる程度には、農業事情を改善することができると思います」
     ルシオの弁に、渋坂の目が輝く。
    「では……」「ですが」
     と、ルシオが手を挙げて制する。
    「央南連合下に住まう我々が王国へ指導に向かうとなれば、様々な弊害があります。それについては、どのような対策を?」
    「我々も、無計画に玄州に飛び込み、あなた方の前に転がり出たわけではございません。
     入出国の問題につきましては、玄州と何度と無く交渉を行い、どうにか制限付きながらも行き来できる条約を締結しております。通行許可証さえ発行できれば、問題なく通行可能であることを保証します。
     その他、滞在に関わる様々な問題に対しても、我々が全面的に対処する所存です」
    「……だ、そうだけど」
     ルシオは恐る恐る、妻の顔を伺う。
    「はぁ」
     春は呆れた表情を浮かべつつも、夫の要望を聞き入れた。
    「つまり、行きたいんでしょう?」
    「う、……うん」
    「……と言うことです。夫も、そしてわたしも、お話をお受けいたします」



     こうしてルシオ・春夫妻は農業指導を行うため、焔紅王国へ向かうこととなった。

    白猫夢・桜燃抄 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・桜燃抄 8】へ
    • 【2015年5月携帯待受】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・桜燃抄 8】へ
    • 【2015年5月携帯待受】へ