黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第10部

    白猫夢・揺春抄 1

     ←2015年5月携帯待受 →白猫夢・揺春抄 2
    麒麟を巡る話、第500話。
    人懐っこい女王陛下。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「ようこそ、おいで下さいました」
     その国で最も高い位に就くとされているはずのその女性は、ルシオたち夫妻と面会するなり玉座を離れ、彼らの眼前に迫り、深々とお辞儀をして見せた。
    「っ、あ、あの」
     面食らったルシオは、慌てて応じようとする。
     しかしその前に、相手は頭を上げ、ルシオの右手を両手で握りしめてきた。
    「こうしてはるばる、我が王国までご足労いただけましたことに、深い感謝の意を表します。どうか我々を助けて下さいますよう、何卒、何卒お願いいたします」
    「は、はい。勿論です、ええ」
     これほど丁寧に出迎えられるとは思わず、ルシオは終始、目を白黒させていた。
     一方、妻の春は冷静に構えている。
    「早速ですが、お仕事の話をしたいと思います。ご用意はよろしいでしょうか?」
    「はい。では、こちらへ」
     女王、焔桜雪はにこっと笑みを浮かべ、二人を案内した。

     場所を応接間に移し、桜雪は書類の束が入った箱を差し出した。
    「こちらが、過去2年間に我々が行った農業活動と、その経過・結果を記したものです」
    「ふむ」
     ある程度の落ち着きを取り戻し、ルシオは書類に目を通す。
    「……やはり、芳しくないようですね」
    「はい。我が国の近隣州や央中から購入した種苗の8割が満足に育たず、また、残り2割も到底、国民全体に行き渡る程には生長しませんでした」
    「原因の大部分は恐らく、土壌によるものでしょう。
     玄州からこの国に入り、この城に到着するまでに何度か田畑を見る機会がありましたが、一目見ただけでも農作物が育つものではないだろうと、妻と話し合っていました」
    「ええ。詳しい調査は後程行う予定ですが、紅州の大部分が火山性土に覆われており、そのために、作物にとって非常に厳しい環境になっているようです」
     ルシオと春からそう告げられ、これまで毅然とした、それでいて穏やかな態度で接してきた桜雪の顔に影が差す。
    「では、今後も我が国では農業を行うことは不可能、と言うことでしょうか」
    「調査しなければ、断言はできません。しかし現段階での我々の見立てとしては、仰る通り非常に難しいと思います」
    「そうですか……」
     が、桜雪はすぐに表情を改め、にっこりした顔を見せる。
    「ともかく、長旅でお疲れのことと思います。ひとまず、今日のところはお休みになっては如何でしょうか?」
     この提案に、ルシオたちは素直にうなずいた。
    「ええ、そうしたいです。流石に疲れていますし」
    「お言葉に甘えます」
    「では、我が塞内に宿泊場所を設けておりますので、滞在中はそちらをお使い下さい。温泉地ですので、湯船はいつでもお使いいただいて構いません。お食事については寝室にお運びする予定ですが、何か希望や食べつけないものはございますか?」
    「いえ、特には」
    「それでは、宿となる場所にご案内いたします」
     誰かを呼ぶでもなく立ち上がった桜雪に、春がきょとんとした顔を向けた。
    「え?」
    「如何されましたか?」
     尋ねた桜雪に、春は眉間にしわを寄せつつ尋ね返す。
    「あなたが案内を?」
    「はい。そのつもりでしたが、何か不都合がございましたか?」
    「いえ、女王のあなたがそんなことを、……と言う意味で尋ねたのですが」
    「お客様ですから」
     桜雪はにこっと笑い、こう続けた。
    「我々に少なからず救いの手を差し伸べて下さるのです。であれば、でき得る限り丁寧に応対したいと考えております故」
    「そこまでされなくても……」
     面食らっている様子の春に、桜雪はまた、にっこりと――恥ずかしそうに、顔を赤らめながら言った。
    「それに、ご存じかと思いますが、我が国は他国、取り分け央南連合領地との交流がほとんどございません。
     ですから、国外の方と接する機会があれば、……少しでも仲良くしたいのです」
    「そうですか」
     春は表情を堅くし、無感情そうに返した。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    500話到達。
    このペースで行くと、「蒼天剣」の総話数、594話を超えるか、同じくらいになるかも知れません。

    思えば、相当長く続けています。
    一番最初の話(白猫夢・麒麟抄 1)の掲載日が2012年5月1日。あと半月で、丸3年になります。
    「火紅狐」のあとがきで言っていた、まさかの3年超えが現実のものになろうとしています。
    いや、話のストックから計算すると、確実に超えます。

    例えば「白猫夢」連載開始と同時期くらいに、
    中学校入学から1ヶ月が経ってちょっと暇ができてきたなーって子が偶然僕のブログを見つけ、
    「白猫夢」にハマったとしたら、その子が中学を卒業し、高校に入ってもまだ、この作品が続いてるわけで。
    正直、その子には呆れられて、いや、飽きられているかも知れません。「なげーよ」つって。
    そんな子は実はいないのかも知れませんが、いたとしたら、ちょっと申し訳ない気になります。



    そろそろ、終わりにする
    以前から何度か言っていましたが、そろそろ本気で、完結に向けて取り掛かりたいと思います。
    6月末までには、最終部となる「第11部」を書き上げるつもりです。
    (ブログに掲載するまでには、さらに時間がかかります)
    ツイッターとか別記事とかで製作状況は報告するつもりなので、進捗が気になった方は見てみて下さい。
    関連記事


    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【2015年5月携帯待受】へ
    • 【白猫夢・揺春抄 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【2015年5月携帯待受】へ
    • 【白猫夢・揺春抄 2】へ