黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第10部

    白猫夢・揺春抄 2

     ←白猫夢・揺春抄 1 →白猫夢・揺春抄 3
    麒麟を巡る話、第501話。
    ずれる想い。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     ルシオ夫妻の宿として宛てがわれた修行場の一つ、浦月堂に移り、二人きりになったところで、春が口を開く。
    「位ある人間に、あれだけ露骨ににこにこと振る舞われたら」
    「ん?」
    「大抵の人は何か裏でもあるのかと勘繰るところですけれど、……自分でも驚いてますが、素直にあの人の言葉を信じそうになりました」
    「……疑い過ぎだと思うんだけどなぁ」
     ルシオの言葉に、春は一瞬、不快そうな表情を浮かべたが、すぐにしゅんとなる。
    「そうかも知れません。もしかしたら本当に、焔女王はただ真剣に、農業指導を求めているだけなのかも、……と思い始めてきました。
     でもわたしは央南でずっと、『焔紅王国は悪の巣窟』であると聞かされて育ってきたせいか、どうしても信じ切れないんです。もしかしたら、もしかしたら、……と、ずっと心のどこかで考えてしまっていて」
    「もし、本当に君の言う通り、ホムラ女王が何か企んでるって言うならさ」
     ルシオは春の手を握り、こううそぶく。
    「僕が何としてでも、君を連れて央南に逃げ帰って見せるよ」
     春は呆れたようにくすっと笑って返した。
    「期待はしてませんけど、……でも、その時は頼みますね」



     翌日からルシオ夫妻の農業指導が開始されたが、ほとんど毎日のように、桜雪は現場に現れた。
    「よろしくお願いいたします」
    「あ、……はい」
     無論、国王である桜雪にそうそう暇があるわけでは無いらしく、やって来て5分もしないうちに渋坂が呼び戻しに来たり、そもそも来られない日もあった。
     それでも、桜雪はちょくちょく現場を訪れ、嬉しそうに夫妻の仕事ぶりを眺めていた。
    「あの」
     それが春には気に入らなかったらしく――ある日、いつものようににこにこしている桜雪に向かって、春が苛立たしげに尋ねた。
    「何かわたしたちに、滑稽な点があるのでしょうか?」
    「いえ、とんでもありません」
     ところがにらまれた途端、桜雪は目を丸くし、驚いたような顔をした。
    「もしかして、お気に障りましたか?」
    「正直に言いますと、そうです」
     春が畳み掛ける。
    「わたしも夫も真剣に、仕事に取り組んでいます。それを笑われて、快いと思われるんですか?」
    「あ……」
     これを聞いて、桜雪は深々と頭を下げた。
    「すみません。そんなつもりではなかったのです。ただ……」
    「ただ?」
     なおも苛立った目を向ける春に、桜雪は申し訳無さそうにこう続けた。
    「高名な博士ご夫妻が、この国のために尽力して下さっていると考えたら、とても嬉しくて」
    「……」
     しばらく沈黙した後、春がふーっ、とため息をついた。
    「ではできるだけ、真面目に拝見なさって下さい。繰り返しますが、わたしたちは真面目に仕事をしてますから」
    「気を付けます」

    「あれは無いんじゃない?」
     その日の晩、春の言動をルシオが咎めた。
    「いくらなんでも、相手は女王だよ? それも、良識ある名君だ。そんな人に対して『真面目にしろ』は言い過ぎだよ」
    「あなたもあの人の肩を持つんですか?」
     だが、春はまったく譲らない。
    「いや、そう言うわけじゃなくてさ……」
    「こっちに来てからずっとそう! 何かにつけて女王、女王って! そんなに女王様が好きなら、わたしのことなんか放っておけばいいでしょう!?」
    「バカなこと言わないでくれよ。君への愛情と女王への敬意は別物だ。君のことは妻として、女性として好きだけど、女王に対してそんなこと思ったりなんかするもんか!」
    「……」
     一転、春はボタボタと涙を流す。
    「そんなに怒鳴らなくったっていいでしょう!?」
    「怒鳴ってるのは君じゃないか。落ち着きなよ、ハル。君、最近なんか変だよ?」
    「それはもう、変にもなってしまいますよ! 連合から離れて、こんな寂れたところで何週間も過ごしてたら、そうなりますっ!」
     ついに春はルシオに背を向け、そのまま寝室に駆け込んでしまった。
    「……あー……」
     一人残されたルシオは顔を両手で覆い、うめくしか無くなった。
    (ハル、限界かなー……。一回玄州に戻った方がいいだろうな、これは)
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・揺春抄 1】へ
    • 【白猫夢・揺春抄 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・揺春抄 1】へ
    • 【白猫夢・揺春抄 3】へ