黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第10部

    白猫夢・揺春抄 3

     ←白猫夢・揺春抄 2 →白猫夢・揺春抄 4
    麒麟を巡る話、第502話。
    焔紅王国の異邦人。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     もうじき冬が終わる頃とは言え、床の間やお堂で毛布も無しに寝転ぶには、あまりにも寒い。
     寝室から締め出されたルシオは、仕方なく温泉街へと繰り出した。

    (すぐ眼鏡が曇っちゃうな……)
     温泉街はあちこちに湯気が立っており、ほんのりと暖かい。そして体の外からだけではなく、内側からも温めようとする施設――即ち、飲食店も立ち並んでいる。
     眼鏡の曇りを拭き、視界が明瞭になったところで、ルシオはそれらの店を一瞥する。
    (そう言えば、ご飯食べる前にお堂を出ちゃったなぁ)
     確認したところで、ぐう、と腹が鳴る。
     ルシオはとりあえず、すぐ横に構えていた店へと入ることにした。
    「いらっしゃっせー、1名様どうぞ!」
     大きく粗雑な挨拶に出迎えられ、ルシオはカウンター席に着く。
    「何にしやしょ?」
    「えー、と……」
     卓上や壁に貼られたメニューを見るが、当然どれも央南語で書かれており、ルシオは閉口する。
     と、横に座っていた狐獣人の客が、チラ、とルシオを横目で見、ぼそっと店主に告げた。
    「僕と同じもん食べさせとき。同じ央中人やろし、好みがえらい合わんっちゅうことは無いやろから」
    「へぇ、承知しました」
    「え? え?」
     ぎょっとしているルシオに、その金髪に赤メッシュの「狐」は央中語で話しかけてきた。
    「見た感じそのまま、央中南部生まれって顔や。グラーナ王国かバイエル共和国っちゅうところやろ」
    「え? ええ、確かにそうです。バイエルのセサミパスって村の生まれです」
    「ド田舎やな。確かミッドランド市国のある、フォルピア湖の南淵辺りやったな」
    「よくご存知ですね」
    「僕らにとったら央中は、自分の庭みたいなもんやからな。それこそどこの街にどんな産物があるかくらい、ソラで言えるんは当然のことや。
     でも……」
     狐獣人はルシオをじろじろと眺めつつ、首を傾げる。
    「なんでこんなとこにおるん? 央中人なんか、僕だけや思てたけど」
    「仕事です」
    「貿易関係か?」
    「いえ、農業指導で」
    「ほー……。道理で学者っぽいなとは思てたわ。浮世離れした格好しとるし。
     あ、ちゅうことはアンタ、ルシオ・ブロッツォ博士か?」
    「あ、はい」
    「女王さんから名前だけは聞いとったわ。ああ、アンタがそうやったんか」
     狐獣人は懐から名刺を取り出し、ルシオに差し出した。
    「僕は金火狐商会系列、トーナ物産社長のレオン・エミリオ・トーナ・ゴールドマンや。
     長いからエミリオでええで」
    「どうも、エミリオさん」

     故郷から遠く離れたこの地で同郷の人間に出会ったことで、ルシオはすっかり高揚していた。
    「いやぁ……、それにしても懐かしいです。当たり前ですけど、央南はどこに言っても央南語で会話してますからね」
     何年か振りに央中語での会話を交わし、ルシオは上機嫌になっている。対するエミリオも、ニコニコしながらこう返す。
    「そらそやろ。僕かて央中語でこんだけ話すんの、何ヶ月ぶりやろって感じやし」
    「ここ、長いんですか?」
    「まあ……、色々あってな。市国には居辛いねん。ちょくちょく理由付けて、こっちに渡っとる感じや」
    「そうなんですか……。うちの妻が聞いたら、『勿体無い』とか言いそうですね」
    「ん?」
     酒に酔っているらしい、とろんとした目を向けてきたエミリオに、ルシオは春のことを話した。
    「まあ、僕らの目から見たら同じ央南でも、ちょっと違うやろしな。何かとイライラすることもあるやろな。
     ……でも、僕に言わせたら連合も大概やけどな」
    「と言うと?」
    「あんな、これはあんまり大っぴらには言えへんのやけど……」
     エミリオはチラ、と店主や他の客を眺め、小声で話し――かけて、途中で笑い出した。
    「……ちゅうても央中語で話したら問題無いか。抜けとるな、ははは……。
     いやな、今の央南連合の主席しとる女。博士は知っとるか?」
    「ええ、名前だけは。アスカ・タチバナ女史でしたっけ」
    「そや、その女。……そいつがな、旦那と組んで阿漕なことばっかりしとるんよ」
    「旦那さん?」
    「西大海洋同盟の現総長、シュンジ・ナイジェルっちゅうやつや。こいつとタチバナが裏で表で色々アレコレ何やかやと、えげつない条約・密約を交わしとってな。
     一例を言うと、北方と央南間以外の貿易には1000%やら2000%になるような、とんでもない関税かけとるんよ。おかげでウチの対央南、対北方貿易は壊滅状態や。
     勿論、何度と無く抗議してはいるんやけどもな、あいつら聞く耳持ってへんねん。あーだこーだ理由付けて、結局税率も差別的措置もそのまんまや」
    「あんまり貿易とかは詳しくないですけど、2000%ってなんか、ひどそうですね」
    「ひどそうやなくて、ひどいんや。ひどいにも程があるっちゅうもんや。
     考えてみいや、ウチで一個3エルくらいの蜜柑を央中から央南に卸すだけで、こっちで一個100玄超えるんやで。レート自体、エルと玄はトントンなはずやのに、やで?」
     その額を聞き、ルシオは声を上げて驚く。
    「30倍ですか!?」
    「関税に加えてコストやらリベートやら加えると、どうしてもそうなるんよ。誰がそんなバカみたいに高い蜜柑買う?
     ちゅうわけで、央中・央南間での貿易は完全に死に体や。焔紅王国以外ではな」
    「なるほど……。だからエミリオさん、こちらで商売されてるんですね」
    「ま、そこはそれ、僕に先見の明があった、ちゅうやつや。
     連合がそうなる前から、この国には目ぇ付けてたんよ。ホムラ女王がやり手そうやっちゅうことは、即位辺りからピンと来てたからな」
    「流石、金火狐ですね」
    「……まあ、な。……まだ一族ん中では、パチモンのアホ扱いやけどな」
    「え?」
    「……いや、何でもあらへん」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・揺春抄 2】へ
    • 【白猫夢・揺春抄 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・揺春抄 2】へ
    • 【白猫夢・揺春抄 4】へ