FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第4部

    蒼天剣・繁華録 4

     ←蒼天剣・繁華録 3 →蒼天剣・繁華録 5
    晴奈の話、176話。
    夫婦喧嘩。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     晴奈はプレアを連れ、朱海の店に戻ってきた。
    「あ、晴奈ちゃん。おかえり」
     朱海がカウンターから身を乗り出し、声をかけてきた。
    「あれ? どした、その子?」
    「迷子になったようでして、放っておくのもまずいかと思い、連れてきた次第です」
    「あー、なるほどね。
     ……ん? キミ、もしかしてチェイサー商会さんトコの子か?」
     朱海の問いに、プレアは目を丸くしてコクコクとうなずいた。
    「なんで分かったの、おばちゃん?」
     おばちゃんと呼ばれ、朱海は憮然とした顔をする。
    「おば……っ!? ……コホン、おねーさんと呼びなさい、お嬢ちゃん。まあ、チェイサーとは商売柄、付き合いがあるしな。すぐ呼んできてやるよ。
     小鈴、店番頼むー」
     店の奥から小鈴が、のたのたとした足取りで現れる。どうやらうたた寝をしていたようだ。
    「ふあ、ぁ、……ん。はいはい、やっとくわ」
     朱海と入れ替わりに、小鈴がカウンターに立つ。
    「ふあー」
     立ちながら眠っているのではないかと思うほど、小鈴はうつらうつらと頭を揺らしている。
    「小鈴殿、起きていますか?」
    「ん、だいじょぶだいじょーぶ。起きてる起きてる。……ふあー」
     そうは言いつつも、見ていて心配になるほどフラフラしている。
    「……まあ、自分で大丈夫と言っているから、いいか」
     晴奈はとりあえず、店の奥にある居間にプレアを連れて行き、そこで朱海とプレアの親を待つことにした。プレアもようやく安心したのか、ほっとした表情を見せている。
    「何か飲むか、プレア」
    「うん」
     晴奈は小鈴に声をかけ、茶を出してもらう。
     まだ眠たげにしていた小鈴が運んできた茶を飲みながら、プレアは晴奈に色々と質問してくる。
    「セイナさんって、なんかへんだね」
     いきなりの言葉に、晴奈は目を丸くする。
    「ん? 変、とは?」
    「ほかの人と、ふくもしゃべり方もちがう」
    「ああ、それは私が央南の出身だからだろう」
    「おーなん?」
    「中央大陸の、南部地方だ。こことは大分、趣が違う」
    「へえー。ねえねえセイナさん、良かったらおーなんのお話、聞かせて?」
     晴奈は少し苦笑しながら、自分の故郷の話を聞かせた。
    (今日は何故こんなに、話をする機会が多いのだろうか……)
     話しながら、晴奈は何となくそんなことを考えていた。



     30分ほど後、朱海がプレアの親と思われる「狐」と「狼」の二人を伴って戻ってきた。
    (ん……? 確か、『狼』と『狐』は仲が悪いと聞いたが)
     一瞬晴奈はいぶかしがったが、その二人はすぐに、そのうわさが本当だと証明してくれた。
    「まったく本当に、ご迷惑をおかけして……。で、何でアンタ見てないのよ!」
    「狼」が「狐」にまくし立てる。
    「忙しいんだから、君がやれよ!」
    「狐」も怒り気味に答える。
    「そんなのあたしだって同じでしょ!?」
    「じゃ、何で僕に押し付けるんだよ!? やれよ、君が!」
    「ふざけたこと言ってんじゃないわよ! あたしが忙しい時、アンタがやる約束でしょ?」
    「聞いてないぞ、そんな約束……」「うるせえ! いいかげんにしろ、ピース、ボーダ!」
     ケンカを始めた二人を、朱海が怒鳴ってさえぎった。
    「子供の前でくだらないケンカすんなよ! それでも親か、お前ら!」
    「う……」「ご、ごめん」
     ケンカしていた二人は同時に、朱海に向かって謝る。
    「アタシに謝ってどうすんだ。謝るなら、あっちだろ?」
     朱海は憤慨しつつ、すっとプレアを指差す。プレアを見た二人はさらに、ばつの悪そうな顔をした。
    (……うん。師匠の言った通りだったな)
     晴奈はしみじみと、師匠の話を思い出していた。

    「本当に、ご迷惑をおかけしまして……」
     プレアの父親、「狐」のピースが深々と頭を下げる。続いて母親の、「狼」のボーダがセイナに会釈する。
    「助かりました、えーと……」
    「あ、黄晴奈と申します」
    「コウ、セイナ、さんですか。ひょっとして、央南の方?」
    「はい、そうですが」
     晴奈の返事を聞くなり、ボーダは嬉しそうな顔をして握手してきた。
    「あら、ホントに~! いやね、あたしたち央南人には思い入れあるのよ! ねっ、ピース!」
     ボーダの言葉に、ピースは腕を組みながらうんうんとうなずく。
    「ああ、本当になぁ、色々と思い出が……、っと」
     ピースは思い出したように、名刺を差し出した。
    「今度の件は、本当に助かりました。いつか恩返しさせていただきますので、こちら、連絡先を載せておりますので……」
    「いや、礼を言われるほどのことは、何も……」
    「いえいえ! 人さらいも少なくないこのご時世、幼い子を守ってくれる方など、なかなかいませんよ。私たちの大切な子供を助けてくれたのですから、何としてもお礼はしないと。
     私たちにできることがあれば、何でも仰ってください」
     顔を上気させてまくしたてるピースに、晴奈は戸惑いつつも固辞しておく。
    「は、はあ。まあ、その。また、何か用件が、できれば、と言うことで」
    「はい、是非!
     さあ、プレア。父さん、母さんと一緒に帰ろうね」
    「うんっ」
     プレアとピース、ボーダは手をつないで、そのまま帰っていった。
    「……心配だな」
    「ん?」
     ぽつりとつぶやいた晴奈に、朱海が振り返る。
    「あれほどの剣幕ですし、プレアが怯えやしないだろうか、と」
    「ああ、うん。ま、心配無いよ。チェイサー商会の社長夫婦のケンカっぷりは有名だけど、お互いに相手が好きで、できる奴だって認めてるからこそ、ケンカしてんだから。
     プレアもソレは分かってるさ」
     朱海はパチ、と晴奈に向かってウインクする。
    「じゃなきゃ、あんな風に手をつないで帰ったりしないって」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.04.21 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・繁華録 3】へ
    • 【蒼天剣・繁華録 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・繁華録 3】へ
    • 【蒼天剣・繁華録 5】へ