黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第10部

    白猫夢・既朔抄 1

     ←キャラ紹介とクルマのドット絵番外編と →白猫夢・既朔抄 2
    麒麟を巡る話、第511話。
    救出と復活。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「じゃ、やってみるよ」
    「ああ。成功を祈るぜ」
     葛は扉の前で立ち止まり、精神を集中させる。
    「それッ!」
     とん、と前に一歩踏み出し――葛はその場から消えた。
    「……」
     一人残った一聖は、ごくん、と固唾をのむ。
    「……」
     そのまま、扉をにらみ続ける。
     と――周囲でうなっていた機械群が、ぐうううん……、と沈むような音を立てて、光を失っていく。
    「……お? まさか?」
     やがてすべての機械は完全に停止し、一聖の足元に周囲のガラス瓶から漏れ出たらしい水が、ドロドロと流れ始めた。
    「やったのか、葛?」
    「やったよー!」
     明るい声と共に、扉が開く。
    「できたー! できたよカズセちゃん!」
    「マジか! マジなんだな!?」
    「うん、マジでま……」
     言いかけた葛が、途中でぴたっと静止する。
    「……葛?」
     一聖は、まだ魔法陣の魔力が残っていたのかと警戒するが、そうではないと言うことがすぐに分かった。
     葛が前のめりに、ばちゃっと水の中に倒れてしまったからである。
    「おいおい……。またかよ」
    「またって?」
     扉の向こうから、懐かしい声が聞こえてきた。
    「よお、ルナ。無事だったか?」
    「ええ、何とかね。……その子、誰?」
    「コイツは葛。葵の妹だよ。コイツがこの施設の装置を、全部止めてくれたんだ」
    「へぇ」
     一聖に助け起こされた葛の顔を見て、ルナが小さくうなずく。
    「似てないわね、葵には。……むしろアイツにそっくり」
    「アイツ?」
    「それより、この子大丈夫なの?」
     尋ね返され、一聖は「おう」と返す。
    「なんつーか、まだ完全にはモノにしきってねーらしくて、な。
     あの技を一回使っただけで、体力と魔力がすっからかんになるらしいんだ。まだ実戦にゃ、使えそうにねーよ」
    「あの技って?」
     そう尋ねたルナに、一聖は得意満面の笑みを浮かべて返した。
    「『星剣舞』だよ」



     双月暦574年、春。
     一聖と一対一での、半年以上に渡る壮絶な修行の末、葛はどうにか「星剣舞」を使えるようになっていた。
     しかし前述の通り、この技を使うと数分で体力・魔力を失い、糸が切れるように気絶してしまうのである。
    「真っ青じゃない、顔」
     パラの膝に頭を乗せて倒れ込んでいる葛を、ルナが心配そうに見つめている。
     その間に、パラが診断を終える。
    「血糖値40mg/dl未満、極度の低血糖症状を起こしています」
    「オレのかばんにチョコあったろ、1枚全部食わしてやれ。ミルクたっぷり入ったヤツだから、すぐ元気になる」
    「でさ、カズセちゃん」
     こちらも心配そうに、フィオが尋ねてくる。
    「あの二人は大丈夫なのかな。さっきからピクリとも動かないんだけど」
     フィオが示した先には、大火と渾沌が並んで横たわっていた。
    「少なくとも死んじゃいない。オレの見た限りじゃ、葛と同じよーな症状だな」
    「はい。克大火様とコントンもカズラと同様、衰弱状態にあります。特に魔力の枯渇が、両者とも著しく見受けられます」
    「ってコトは、『システム』だな」
    「システムって?」
    「魔力を吸い取って特定の何かに送り込む装置だ。親父と渾沌はどうもその装置に延々、魔力を吸われてたらしいな」
    「大丈夫なの?」
     ルナのその問いに、一聖は首を横に振った。
    「死にゃしねーが、魔力ってのは人間の精神力、言い換えれば脳の活動に関係するからな。魔力が空になってるってんなら、意識なんてはるか彼方にブッ飛んじまってるだろう。
     しばらくは昏睡状態が続くだろうな」
    「復活するのか?」
    「病院かどっかで点滴打って安静にさせりゃ、そのうち目覚めるさ。結局は葛と同じで、体に栄養が全くない状態だから、な」
    「……うー……きもちわるいよー……めがまわるー……」
     と、葛がか細い声でうめく。
    「目ぇ覚ましたか。しばらくじっとしてな」
    「……きーてたけどさー……はやくびょういんに……つれてったげたほうが……よくないー……?」
     のろのろとした声で提案され、一聖は苦笑した。
    「……ま、そりゃな。じゃ、オレとルナは一旦、親父と渾沌連れてトラス王国に戻るわ。お二人さんはココで、葛が元気になるまで看ててくれ」
    「ああ、分かった」「承知しました」
     パラとフィオがうなずいたところで、一聖たちはその場から姿を消した。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【キャラ紹介とクルマのドット絵番外編と】へ
    • 【白猫夢・既朔抄 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【キャラ紹介とクルマのドット絵番外編と】へ
    • 【白猫夢・既朔抄 2】へ