黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第10部

    白猫夢・既朔抄 4

     ←白猫夢・既朔抄 3 →白猫夢・既朔抄 5
    麒麟を巡る話、第514話。
    「オリハルコン」。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
    「実際、魔力が俺自身に無くとも」
     大火は壁にかけられていた自分のコートから、金と紫とに光る金属板――「黄金の目録」を取り出した。
    「魔術書や魔杖など、他に魔力を蓄積したものがあれば、使用するのに問題は無い。この『目録』も、そうした事態に備えての機能を有している。
     とは言え普段の俺のように、野放図に使うわけにはいかんが、な」
    「そんなら、魔力結晶かなんか持ってきた方がいいか? 高出力のヤツ」
     尋ねた一聖に、大火は小さくうなずいて返す。
    「ああ。できれば……」「『オリハルコンMS―216』だろ?」「……そうだ」
     再度うなずいた大火に、一聖は得意げに笑う。
    「あのシリーズが何だかんだ言って一番だしな。マコトさんの……」「一聖」
     が、大火はどこか、不機嫌そうな目を向ける。それを見た一聖は一瞬、慌てた様子を見せ、自分の唇に人差し指を当てた。
    「……ま、うん、余計なコトは、だな。分かった、持ってくる。
     あ、ついでにさ。天狐も連れて来ようか?」
    「ああ、顔を合わせておこう」
    「じゃ、ちょっと待っててくれよ」
     そう言って、一聖はその場から瞬時に姿を消した。
    「『オリハルコン』って?」
     二人きりになったところで、ルナが尋ねる。
    「魔力結晶と呼ばれている物質だ。魔力を蓄積・放出できる性質を持っている」
    「ふーん……。天狐ちゃんの尻尾とかも、魔力結晶って話を聞いたけど。あれがオリハルコン?」
    「いや、あれは『オリハルコン』ではない。だが、一房で約1000MPPの魔力を蓄積できる。
     だが『オリハルコン』シリーズ、特に『216』は1万MPP以上の魔力蓄積量を誇る」
    「1万! 大工場並みね」
    「それだけに保管も難しい。放置すれば蓄積した魔力を維持できず劣化・崩壊してしまう。
     本来ならばミッドランド島地下の巨大魔法陣など、大規模な施設に使用するものだ」
    「あ、なるほど。じゃあ取ってきてって言ったのは……」
    「そうだ。一聖がここにいる以上、あいつを封じていた魔法陣はその機能を失っている。ならばそこに使用していたものを使うことも可能だろうと踏んだ。
     それに一聖ならば、万全な状態で保管しているだろうから、な」
    「ま、その通りだな」
     姿を消した時と同様、一聖が「テレポート」により戻ってくる。
     その背後には、天狐が気まずそうな顔で立っていた。
    「あ、あのー……」
    「ほれ、お前が渡せって」
     一聖が天狐の後ろに回り、彼女の背中を押す。
    「分かったよ、押すなよ……。
     その、えーと、お、おや、……お師匠」
    「……クッ」
     天狐の様子を眺めていた大火が、口に拳を当てて小さく吹き出した。
    「どの道、お前の中身は一聖と同じだろう? 親父で構わん」
    「……お、おう。じゃあ親父、コレ。ちょっと重たいかも知れねーけど、ベルトにでも掛けてくれれば、普段通り魔術が使えるはずだ」
     ぼんやり橙色に光る金属片をそろそろと差し出した天狐に、大火は右手を差し出し――天狐の頭に乗せた。
    「ひゃっ!?」
    「一聖にもしてやったからな。お前にもしてやろう」
    「……恥ずいって……アンタ、そんなキャラじゃないだろ……」
     顔を真っ赤にしつつも、天狐はその手を払ったりせず、なすがままにされていた。

     さらに1時間後、大火はルナと娘「たち」を伴い、病院を後にした。
    「流石にあのまま寝ているのも、退屈だからな」
    「まーな」
     4人で連れ立って市街地をうろついているところで、大火が足を止める。
    「……」
    「どうした、親父?」
     尋ねた一聖に、大火が応じる。
    「渾沌のことを忘れていた。あいつは無事なのか?」
    「無事よ」
     これにはルナが答えた。
    「でも『たまにはぐっすり眠りたい』って、病院で寝てるわ」
    「そうか」
    「……忘れてんなよ、親父。アイツ、泣くぜ?」
    「泣きはしない。拗ねはするが、な」
    「分かってんじゃない」
    「差し入れでも買って帰るとしよう。ついでに何か食べるか?」
     そう提案した大火に、天狐が心配そうな目を向ける。
    「カネあんの?」
    「俺が金を払わず盗むとでも? 『契約』と名のつくもので俺がそれを違えることは、決して無い。商売事も取引、契約の一つだ」
    「いや、まあ、ソレは分かってっけどさ。親父がふつーにカネ出すイメージ、無いし」
    「ふざけたことを」
     大火はコートの懐から、普通に財布を取り出した。
    「ここの通貨はコノンだったな? 手持ちは30万ほどある」
    「十分過ぎるぜ。じゃ、あの店とかどーよ?」
    「ああ、そうしよう」
     一聖と天狐に引かれる形で、一行は露店へ向かった。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・既朔抄 3】へ
    • 【白猫夢・既朔抄 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・既朔抄 3】へ
    • 【白猫夢・既朔抄 5】へ