黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第10部

    白猫夢・既朔抄 8

     ←白猫夢・既朔抄 7 →白猫夢・既朔抄 9
    麒麟を巡る話、第518話。
    合縁奇縁。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    8.
    (オレは変に他人から恭しく扱われんの、イヤなんだけどな)
     一聖はその様子を眺めながら、傍らの葛にそうつぶやく。
    (うん。ウォーレンさんに怒ってたもんねー)
    (いや、怒るってほどじゃねーんだけど、まあ、いきなりアイツみたいに幸甚云々、重畳云々って並べ立てられると、頭っから爪先までぞわーっとするんだよ。
     もっと簡単に、『会えて嬉しいです』の一言でいいじゃんって思うんだよな)
    (あたしはカズセちゃんのそーゆー気取らないトコ、好きだけどねー)
    (そりゃどーも)
     二人が眺めているのは、その堅苦しくて暑苦しいウォーレンの所作である。
     彼も大火たちの救出に向かうことを強く要望していたのだが、一聖がそれを拒否した。理由は前述の通り、暑苦しい振る舞いをすることが目に見えており、それが彼女の癪に障るからである。
     事実、こうして静養中の大火に面会した途端、ウォーレンはがばっと平伏し、かつて一聖が自分の正体を明かした際のように、長々と堅苦しい挨拶を述べていた。
    「畏れ多くも黒炎様の御面前に拝しまして、恐悦至極に存じます。甚だ不肖、未熟な身でありながら、こうしてお目通りが適いましたこと、大変ありがたき幸せと心得ます」
    「うむ」
     娘の一聖は毛嫌いするその大仰な挨拶を、大火は泰然と受け流していた。いや――。
    「楽にして構わん」
     表情こそ変えないものの、大火は早々にそう言って返した。
    (でもさ、タイカさんもじゃない? 堅苦しいの、好きじゃないみたいだよー)
    (そうかぁ?)
    (今のさー、『いいから普通に話せ』って言ってるようにも聞こえるんだけど)
    (あー……、言われてみりゃ、確かにそうかも)
     それを裏付けるかのように、顔を上げ、床に正座したウォーレンに対し、大火はうざったそうに椅子を指差した。
    「そんなところで畏まるな」
    「はっ、失礼いたしました」
     おずおずと立ち上がり、カチコチとした仕草で椅子に座ったウォーレンを眺めていた葛たちは、思わず噴き出した。
    「な、なんですか?」
     聞かれたらしく、ウォーレンがぎょっとした顔を向けてくる。
    「……ク、ククク、……いやいや、ウォーレンよぉ」
     一聖は笑いをこらえながら、ウォーレンに突っ込んだ。
    「なんでお前、そんな緊張しまくってんだよ」
    「い、いや、それは当然でしょう。我々にとって黒炎様は……」
    「分かってるよ、んなこたぁ。でもさ、オレも親父も、そーゆー堅っ苦しいのは好きじゃねーんだよ。な、親父?」
    「ああ」
     娘の問いに、大火はあっさりとうなずいて返した。
    「えっ」
     その返事を聞いたウォーレンは一転、顔を青ざめさせる。
    「……こ、これはとんだご無礼を!」
    「いや、構わん。お前の敬意・誠意の現れであると捉えこそすれ、無礼だなどとはこれっぽっちも思っていない。
     ウォーレンと言ったな?」
    「は、はい。ウォーレン・ウィルソンにございます」
    「お前のことは良く覚えておこう。希望があれば教団に口添えするが、どうだ?」
    「と、言いますと?」
     口ではそう言いつつも、ウォーレンの顔に紅が差している。
    「こうして話している限りでは、そう粗忽者とも、腕っ節だけの荒くれ者とも思えん。一聖に聞いた限りでは人材の管理能力も悪くなさそうであるし、教団で然るべき地位を与えるよう、教主に指示しても構わんが、どうだ?」
    「そっ……、そうですか」
     ウォーレンの顔に一瞬、これまでにないくらい嬉しそうな表情が浮かぶ。
     だが――すぐにぺこ、と頭を下げた。
    「お気持ちは非常に嬉しいのですが、私にはまだ、やらねばならぬことがございます」
    「ふむ」
    「私は娘御のカズセちゃ、……様より、カズラ君を守るよう仰せつかっております。彼女が今まさにその渦中にいる、アオイ氏との戦いを終えるまで、私はカズラ君の側に付いてやりたいのです」
    「分かった」
     大火は小さくうなずき、「目録」に何かを書き付けた。
    「ではこの話は、戦いが終わってから改めてすることとしよう。
     カズラ」
     急に話を振られ、葛はきょとんとする。
    「はい?」
    「お前や、お前の叔母には人が集まってくる縁があるな。良い資質だ」
    「へ?」
    「大事にするといい」
    「は、はいっ」
     大火にそう言われたものの――正直な話、葛には何がなんだか分かっていなかった。
    (人が集まってくる資質を大事に、……って言われてもなー。どうしろって言うのよ?
     て言うか、叔母って誰のコトだろ? いないんだけどなぁ、あたしに叔母さんって)
     葛はそれを大火の勘違いと思い、問いただしはしなかった。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・既朔抄 7】へ
    • 【白猫夢・既朔抄 9】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・既朔抄 7】へ
    • 【白猫夢・既朔抄 9】へ