黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第10部

    白猫夢・既朔抄 9

     ←白猫夢・既朔抄 8 →クルマのドット絵 その66
    麒麟を巡る話、第519話。
    新しい朝。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    9.
     数日後、「フェニックス」研究所。
    「おはよう、パラ、フィオ」
    「おっ、……は、よう」
     ルナの寝室に寝かされていたフィオが、ゆっくり上半身を起こす。
    「いでててっ」
     と、フィオが両腕を上げる。
    「大丈夫?」
    「いや、痛いって言うか、すごいビクってきたって言うか、ぞわって言うか」
    「し、神経が、び、敏感に、なっ、なっている、ようです」
     一方のパラは、未だ横になったままである。
    「……パラ」
    「は、はひっ」
    「イタズラしていい?」
    「い、やです」
    「いや、する」
     ルナはニヤニヤしながら、パラの腕に人差し指を当て、すーっと肩に向かってなぞる。
    「ひひゃはあっ!?」
    「ん~、いい反応っ」
     嬉しそうに笑うルナに、パラが――昨日までには一度も見せることの無かった――恨みがましい目を向けてきた。
    「ひ、ひどいれす、主様ぁ」
    「あ・る・じ・さ・まぁ?」
     ルナは一転、口を尖らせ、パラの長い耳にふーっ、と息をかけた。
    「ふひぇへええっ」
    「アンタ言ったじゃない。人間になったら、あたしのことを何て言おうって言ってた?」
    「……あ」
     パラは目を白黒させながらも、どうにか声を絞り出した。
    「お、……お母様。……いいえ、……あの、……あの」
    「うふふふっ」
     ルナはパラの横にしゃがみ込み、嬉しそうに笑う。
    「あなたが本当に呼びたかった感じでいいわよ。フィオだって内緒にしてくれるだろうし」
    「え?」
     フィオがきょとんとしている間に、パラも意を決したらしい。
    「……お、……お母さん」
    「はーい、パラちゃん」
     ルナはニコニコ笑いながら――突然、ぽろっと涙を流した。
    「あっ……」
    「ど、どうされたのですか?」
    「ううん、何でも無いわ。ちょっと、じーんと来ちゃっただけ。ずーっと一緒にいてくれたあなたが、あたしのことをそう呼んでくれる日を、ずっとずっと待ってたから。
     なんだか、救われた気すらするわ」
    「救われた……?」
     同時に尋ねたフィオとパラに、ルナは涙を拭きながら立ち上がり、背を向ける。
    「秘密よ。これはあたしが一人で背負ってきた罪。そしてこれからも、秘密のまま背負い続けるつもりよ。
     そうでなければ、あたしは母にも、トラス王家にも、葛にも顔向けができないもの」
    「その人たちの関連性が分かりません」
     パラが不審そうに、そう尋ねる。
    「お母さんの母と言うのは、つまりわたくしにとっては祖母に当たる方ですね?」
    「ええ。葛にとってもね」
    「え? ……え!?」
     フィオとパラは同時に体を起こし、そして同時に顔をしかめる。
    「うあ……」「いたっ」
    「秘密よ? 特に、葛には」
    「なんでさ?」
    「葛はあたしの母に、良く似てるもの。性格も多分、一緒だろうし。
     知ればきっと、あたしが何者かってことを探るわ。そして絶対に軽蔑する。そう言う生き方をしてきたからね」
    「思い出しました」
     パラがぽつりとつぶやく。
    「かつてコントンがお母さんのことを、『ツキノ』と呼んでいたことがありました。央南風の名称です。そこから推理すると、お母さんは央南人だったのですね?」
    「ええ」
    「そしてカズラの父方の祖母は央南人、『蒼天剣』のセイナ・コウです。祖母とお母さんの母が同一人物であると言うことは、お母さんはカズラの父親、即ちシュウヤ・コウの兄弟なのですね?」
    「……ええ、そうよ」
    「どこでそんなの調べたの?」
     尋ねたフィオに、パラが小さい声で答える。
    「アオイのことを調べていた折に。そしてシュウヤ氏の兄弟には、妹が一名いたとのことです。それが黄月乃、即ちお母さんの本名、……ですね」
    「ご明察よ」
     ルナはベッドの端に腰を落とし、寂しそうに笑った。
    「『いた』よね、本当。そう言われても仕方無いわ。
     そう。それだけ調べたあなたなら、あたしが、つまり『黄月乃』がしてきたことも知ってるわね」
    「はい、存じています」
    「あたしは焔流を潰しかけた。いいえ、央南西部そのものを潰しかけた。
     そんなあたしが今更正体を明かしても、何やってんのよって話よ」
    「お母さん」
     パラが心配そうに、顔を上げる。
    「お母さんはずっと、後悔されているのですね」
    「そうね。……本当、そう。あんなことをしなければ良かったって、この30年ずっと、後悔してるわ。
     でももう、償うには遅すぎる。これからもあたしは、この罪を背負い続けるのよ」
    「いいえ」
     が、パラは首を横に振り、そろそろとした手つきで傍らの新聞を手に取り、ルナに差し出した。
    「もしかしたら、罪を償う機会が訪れたのかも知れません」
    「どう言うこと?」
    「央南にまた、不穏が訪れようとしています」
    「……」
     ルナは神妙な顔つきで、新聞を受け取った。

    白猫夢・既朔抄 終
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・既朔抄 8】へ
    • 【クルマのドット絵 その66】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・既朔抄 8】へ
    • 【クルマのドット絵 その66】へ