黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第10部

    白猫夢・紅丹抄 3

     ←白猫夢・紅丹抄 2 →白猫夢・紅丹抄 4
    麒麟を巡る話、第522話。
    謎の勢力。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     葵に止められたものの、ロンダは突撃部隊を編成し、自ら大月に向かっていた。
    「いくらアオイ嬢のお言葉でも、女性を一人戦地に送って、軍人たる我々が平然とふんぞり返っているなど、とてもできませんからな」
     青州と玄州を結ぶ青玄街道を大型軍用トラックで突き進みつつ、ロンダとシエナは通信機で連絡をとっていた。
    《ええ。アタシとしても、このままあの子に任せっきりにしたら、何がどうなったのか分かんなくなりそうだしね。あの子、眠たい時とかだとろくに説明しないし。できるだけ細かく、状況を報告してちょうだい。
     勿論、アオイが危なそうだってなったら、アンタたちも援護してよ》
    「承知しております」
    《後、どのくらいで到着しそう?》
    「恐らく15分もかからないかと。ただ、アオイ嬢が『テレポート』により現地へ出向いてから既に30分以上は経過しておりますし、もう既に決着しているかも知れません」
    《そうね、あの子は恐ろしく強いもの。
     ソレでも万が一ってコトはあるし、十分気を付けてちょうだい》
    「はい」

     ロンダが予測した通り、トラックは間もなく大月に到着した。
    「ふーむ……、確かにあちこちで交戦した跡が見受けられる。我が軍による制圧行動だけでは、あれほど火が上がるわけも無い」
     街のあちこちから黒煙が上がっており、様々なものが焼ける臭いが立ち込めている。ロンダは顔をしかめつつ、通信機を使って指示を送った。
    「各指揮官に告ぐ。先刻通知したように、この都市は約1時間前に海軍局第3師団付属第16大隊が制圧したが、当該作戦が終了した直後に正体不明の勢力によって襲撃され、あえなく壊滅したとの情報が入っている。
     我々の目的は第一に、その敵性勢力が何者であるかの確認、そして可能ならば殲滅もしくは撃退すること。第二に、先だって進入した預言者殿を支援すること。第三に、我が軍の生存者がいれば、その保護も行うこと。
     説明は以上だ。各部隊、最大限に注意して散開し、行動を開始せよ」
     ロンダの命令に従い、兵士たちが街中に散る。
    (私も市街地に赴きたいところだが、私に何かあれば、それこそ全軍の危機だからな。ここはじっと、報告を待つしかあるまい。
     しかし……、女性一人に我が軍が壊滅させられただと? 馬鹿な、と言いたいところだが、我々にしてもアオイ嬢をたのみにしている体たらくだ。
     現実に、途方も無い才と力を持つアオイ嬢がいるのだから、もう一人や二人、同様の存在がいたとしても、決しておかしな話ではない。昨今はうわさを聞かんが、『黒い悪魔』などの例もある。ミッドランドのテンコ氏と『旅の賢者』にしてやられた覚えもあるからな。
     だがそんな存在がこの央南にいるなどとは、まったく聞き及んでいない。我々の情報網にも無かった存在だ。まるで突然、湧いて出たような……。
     確か『シンサ』と名乗っていたが……、一体何者なのだ?)
     思案に暮れていたところに、進入していた兵士たちから報告が入る。
    《第1小隊、市街地南側に到着しました。現在、敵性勢力と思しき者は見当たりません》
    《第2小隊、市街地中央に到着しました。異常ありません》
    《第3小隊、市街地北側に……》
     だが、どの隊からも敵と遭遇したり、葵を見つけたと言うような報告は無い。
    「全隊、預言者殿は見つかったか? 緑髪に三毛耳の猫獣人だが……」
    《いえ》
    《見つかりません》
     尋ねてみても、それらしい回答が無い。
     と、恐る恐ると言った声色で、返事が返って来た。
    《緑髪に三毛耳の、女性の猫獣人でしょうか? 20代半ばくらいの》
    「うん? ……それだ! 彼女に違いない。どこで見つけた?」
    《港にて発見しました。気を失っているようです》
    「気を? その、……眠っている、とかではなく?」
    《あちこちに傷を負っており、気絶しているように見受けられます》
    「なんと……!?」
    《なお、港にも敵性勢力は確認できませんでした。恐らく撤退したのではと思われるのですが》
    「いや、性急な判断は禁物だ。まずは彼女が預言者殿であるか、私が確認に向かおう」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・紅丹抄 2】へ
    • 【白猫夢・紅丹抄 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・紅丹抄 2】へ
    • 【白猫夢・紅丹抄 4】へ