黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第10部

    白猫夢・背談抄 8

     ←白猫夢・背談抄 7 →キャラ紹介;第10部前編
    麒麟を巡る話、第534話。
    央南の内乱、ふたたび。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    8.
     未だ納得の行かなさそうな面々に、天原は続けてこう主張する。
    「ともかく眼前にある問題を片付け次第、『裏取引』について徹底的に関係者を洗い出し、糾弾することを提案します。
     まず第一に、白猫党と戦う姿勢を整えること。それが最優先であることは、皆さんも納得していただけると思われますが、如何でしょうか」
    「……」
    「……むう」
    「仕方無いか」
     天原の意見に、皆が渋々同意する。
     しかし一方で、安堵したような空気もほのかに漂っている。それは間違いなく「裏取引」に加担していた者たちが発したものである。
     それを感じてか、天原の狐耳がピク、と動く。
    「同意していただけて何よりです。
     では2つ目の策について説明します。『紅丹党』と名乗る者たちについて、うわさなり何なりを耳にした方はいらっしゃるでしょうか?」
    「くたん……区担当?」
    「いや、知らないな」
    「聞いたことがあるような……」
    「確か唯一、白猫党を追い返したと」
     天原はうなずき、さらに言及する。
    「そう、その彼らです。いや、彼女らと言うべきか」
    「彼女ら?」
     尋ねられ、天原はこう返した。
    「実を申しますと、その紅丹党を率いているのは私の妹なのです」
    「ほう?」
    「現在、央南に陣取っている白猫党に唯一、対抗しうる戦力です。
     彼女らと央南連合軍、そして州軍およびあなた方が有する私兵を合わせれば、私は白猫党を央南から完全に一掃することすら可能であると、確信しております。
     私を主席に推薦・任命していただければ、私はきっと、央南全土を我々の手に取り戻すことができると、確約いたします」
     自信満々に宣言した天原に強い信頼感を抱いたらしく、賛成多数で彼が新たな主席となることが決定した。



    「兄上から連絡がありました」
     大月、紅丹党本部。
     辰沙は同志を集め、央南連合で決定した内容を伝えていた、
    「既にご存じの方もいらっしゃると思いますが、あたくしの兄、天原柏は央南連合における最高幹部の一人です。
     その兄が本日、央南連合の主席に就任いたしました」
    「重畳!」
    「天原家、万歳!」
    「おめでとうございます!」
     一同に頭を下げられ、辰沙はにこにこと笑う。
    「ありがとう。ですが本題は、ここからです。
     兄上によれば、近いうちに西部各州の州軍と央南連合軍が合同で、この大月に集結するとのことです。
     つまり彼らは、あたくしたちと共に戦うことになります。無論、あたくしたちを旗頭にして」
    「おおっ……!」
     この発表に、同志たちがどよめく。
    「兵の総数は?」
    「まだはっきりと確定してはおりませんが、最低でも10万とのことです。対する白猫党は、どんなに多くとも2万以下であると推察されます。
     もっとも、白猫党が増援を送る可能性もありますけれど、彼らの本拠地は遠い央北の地。到着には時間がかかります。どれほど早くとも、2週間以上は必須。それよりあたくしたちが攻め込む方が、圧倒的に早いはずです。
     後は首尾よく兄、いいえ、天原主席が兵をこの大月に送ってくれれば、あたくしたちの白猫党駆逐は現実のものとなるでしょう」
     これを聞くなり、同志たちが騒ぎ出す。
    「なんと心躍ることか!」
    「我々がたのみにされているとは……!」
    「冥利に尽きる……!」
     彼らの反応に気を良くしたのか、辰沙も饒舌になる。
    「ここがあたくしたちの転換点となるでしょう。これまで不当な扱いを受けてきたあたくしたち焔流の剣士たち、そして様々な理由で冷遇されてきた兵卒の皆さん。
     それが今、白猫党駆逐の急先鋒、要の戦力として期待されております。そして実際に駆逐すれば、あたくしたちは英雄として絶大な賞賛を受けるのです」
    「うおおっ……!」
    「勝つっ……! 絶対勝つぞっ……!」
    「見返してやるっ……!」
     同志たちの中には、涙を流す者さえいる。
     そんな彼らを、辰沙は依然にこにこと笑みを浮かべ、どこか嬉しそうに眺めていた。

    白猫夢・背談抄 終
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・背談抄 7】へ
    • 【キャラ紹介;第10部前編】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    焔流派の全部が全部、あかんヤツというわけではなく、例えば「独立起業しても鳴かず飛ばずで倒産した会社」のような道場にいた、不憫な浪人もいたわけで。
    黄派とか柊派はちゃんと成功してます。

    NoTitle 

    焔流、完全にあかんパターンやがな。

    こういうときにビシッと物申す「宿老」とか「ご意見番」とか「頑固爺」タイプの人は……おらんのやろうなあ……。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・背談抄 7】へ
    • 【キャラ紹介;第10部前編】へ