黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第10部

    白猫夢・落葉抄 6

     ←白猫夢・落葉抄 5 →白猫夢・落葉抄 7
    麒麟を巡る話、第546話。
    緊急搬送。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     葵が立ち去ってから、わずか十数秒後。
    「……?」
     血の海と化した野原にあの「鉄の悪魔」、アルが現れた。
     彼はきょろきょろと辺りを見回していたが、やがてけげんな声を漏らした。
    「シンサがいない……?
     ハーミットが回収したのか? いや、そんなことをする理由が無い。しかし自分で動ける状態でも決して無かったはずだ。とすれば、一体どこに……」
     ぶつぶつと分析めいたことをつぶやいていたところに、とん、とんと肩を叩かれる。
    「む……?」
     振り向いたところで、アルの口にがつっ、と剣がねじ込まれた。
    「ナ……ン……ダト……ッ」
    「邪魔。色々と邪魔よ、あんた」
     そのまま剣が水平に薙ぎ、アルの顔半分が飛ぶ。
     アルを一瞬のうちに屠った渾沌は、ふう、とため息をついた。
    「先生よりは回復が早かったけど、でもまだ全然ね。斬鉄一回が精一杯だわ」



     それから2ヶ月後。
    「……ん……」
     楓は目を覚ました。
    (……え……? あたくし……、生きてる、……の?)
    「気が付いたようね」
     と、楓の視界にのっぺらぼうが映る。
    「っ……!?」
    「どうしたの?」
    「……あ」
     よく見てみると、それは仮面だった。
    「ま、目が覚めたようで何よりね。わたしは克渾沌。あなたの名前は?」
    「……かえ……え……」
     しゃべろうとするが、声が十分に出ない。
    「ああ、ごめんね。まだくっついて間も無いから、しゃべれないわよね」
    「く……つ……?」
    「覚えてない? あなた、葵にバラバラにされたのよ」
    「……あ……う……」
     途切れ途切れに応じる楓に、渾沌はそっと指を伸ばす。
    「まず、両腕と両脚。攻撃も防御も撤退もできなくなったところで、葵はさらに、あなたを細切れにしたのよ。
     あなたは本当に運がいいわよ。普通、首を飛ばされたら死ぬもの」
    「くい……を……?」
    「声が出にくいのはそのせい。ま、トラス博士は優秀だから、もう数週間寝てれば完全にくっつくわよ。
     それにしても、ひどいことするわよね。あなたみたいな可愛い子を、ここまでぶつ切りにするなんて」
    「……あた……くし……」
    「ま、寝てなさいな。今は寝るのが一番よ」
     そう言って、渾沌は楓の額にちょん、と口付けした。

     楓が目を覚まして以降、様々な人間が彼女の元を訪れた。
    「おはようございます、アマハラ先輩。僕のこと覚えてますか?」
     首をわずかに横に振った楓に、マークは残念そうな顔を向ける。
    「マーク・トラス、……あ、そうか、マーク・セブルスです。562年上半期に天狐ゼミに入った」
    「……」
     再度、楓は首を横に振る。
    「覚えてないんですね。……まあ、いいです。とりあえず主治医として、あなたの状態を説明しますね。
     コントンさんから説明を受けたと思いますが、先輩はアオイさんによって全身を八つ裂きにされました。でも僕たちのチームが急いであなたの体を回収し、処置を施しました。
     全治には半年から9ヶ月はかかる見込みだったんですが、それより大分早くなると思います。先輩の体は妙に代謝能力と言うか、自然治癒力が高くて、実はほとんどもう、くっついてるんです。と言うか先輩じゃなきゃ、処置なんて絶対無理な状態でした」
    「……なえ」
    「え?」
     楓はのろのろと舌を動かし、マークに尋ねる。
    「なえ……あたくしを?」
    「救出した理由ですか?」
     マークの問いに、今度は首を縦に振った。
    「色々あります。まず、先輩が『アル』なる人物と接触し、力を授けてもらったこと。回復すれば貴重な戦力になると、ルナさんやコントンさんが言っていました。
     それからアオイさんについて独自に調査していたみたいですから、何か僕たちの知らないことを知っているんじゃないか、と。
     後は『よしみ』ですね。正直、ゼミ時代はちょっと苦手だなって思ってましたけど、やっぱり知ってる人が死にそうになってて、そしてそれを、いちかばちかでも助けられるって手段があったなら、助けたくなるのが人情ですしね」
    「……」
     楓は何も言わず、短く頭を下げた。

    「よー、天原。久しぶりだな」
     天狐を目にし、楓は思わず声を上げていた。
    「てんこ……ちゃん……?」
    「そーだよ、オレだよ。お前が入院したって聞いたからな、こうして駆けつけてやった」
    「あり……あとう……」
    「無理にしゃべんなくていいぜ。……あ、そうそう」
     天狐は声を潜め、楓の狐耳に口を当てる。
    「渾沌がお前のコト狙ってるみたいだぜ。なんでも『昔のわたしと似てて好み』らしい」
    「え……れも」
    「アイツは女が好きなんだ」
    「……」

    「あ、あのー……」
     葛も、楓を見舞いにやって来た。
    「この度はうちのバカ姉貴が本っ当に、申し訳ないコトをしました。代わりにならないかもですけど、あたしが謝罪します!」
     深々と頭を下げられるが、楓には何がなんだか分からない。
    「あの……?」
    「あ、言い忘れてましたね。あたし、カズラ・ハーミットって言いますー。アオイの妹です、ごめんなさい」
    「……べつに……いもうとさんに……あやまってもらうことは……」
    「でも本当に、アイツがひどいコトしたし」
    「……あやまって……もらうとしたら……ほんにんにれすわ……」
    「絶対、アイツにも謝らせます。約束しますからっ」
    「……ええ」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・落葉抄 5】へ
    • 【白猫夢・落葉抄 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・落葉抄 5】へ
    • 【白猫夢・落葉抄 7】へ