黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 短編・掌編・設定など」
    双月千年世界 短編・掌編

    白猫夢番外編 その7_1

     ←白猫夢・落葉抄 8 →白猫夢番外編 その7_2
    麒麟を巡る話、からちょっと外れて。
    見た目と年齢、その1。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    白猫夢番外編 その7_1
     央北の、短い秋が深まる頃には、楓は車椅子なしで歩けるほどに回復していた。
    「超人化って、ホントにものすごいんだねー。マークはもう3ヶ月くらい寝たきりだろうって言ってたのに」
    「そのようですわね」
     まだ若干、ふらつく様子を見せることもあるが、今この時、楓は道着姿で葛と対峙している。葛の修行に付き合うと共に、自身のリハビリを兼ねているのだ。
    「あたしが今住んでる国の皇帝さんも、30年以上前にアル――その時はアロイスって名乗ってたらしいんだけど――から超人にしてもらったんだってー」
    「へえ? その方、お名前は?」
    「グリスロージュ帝政連邦の皇帝さんでー、フィッボ・モダスって言う人。
     兎獣人なんだけど、60歳超えてもすっごくお元気でー、たまーに兵士さんたちのトコに行って、視察がてら乱取り稽古されるコトもあるんだってー」
    「老いてなお盛ん、ですわね。超人と言うことであれば、簡単にいなしてしまわれるのかしら? それともそこは、やはり歳相応に……?」
    「パパ曰く、『マジになられたらオレでも敵わないかも』って。あ、パパは剣士なんだけどね」
    「伺っておりますわ。黄秋也氏でしたわね」
    「そ、そ」
     この他愛のない会話だけであれば、単に戯れているようにも感じられるが、この間にも二人は真面目に木刀を振るい、型稽古に励んでいる。
    「秋也氏も相当の武人なのでしょう? それが苦戦するとなると、やはり老いても超人は超人のまま、と言うことになるのでしょうね」
    「かもねー。
     あ、てコトはカエデさんも、60、70になっても全然元気ってコトになるのかなー?」
    「さあ……? あ、あらっ」
     興味無さげな返事ではあったが、実際のところ、かなり気を取られていたらしい。
     葛の袈裟斬りを受け損ね、からん、と乾いた音を立てて、楓が構えていた木刀が床を転がっていく。
    「失礼いたしました」
    「いえいえー。……ねー、コントンさーん。どうなのかなー、その辺?」
     楓が木刀を取りに向かう間に、葛は二人を(嬉しそうにニヤニヤと口元を緩ませつつ)眺めていた渾沌に尋ねる。
    「へっ? あ、ああ、超人化がどのくらい効力が続くかって話?」
    「うん」
    「あたくしも、それは伺っておきたいですわね。正直な話、あたくしが60になっても70になっても、ずっとこの姿のままだなどと言われたら、ぞっといたしますわ」
    「あら、美貌が続くなんて、女にとってはいい話じゃないの」
    「同じ美貌が続くにしても、歳相応でありたいですもの。どこかの九尾ちゃんみたいな若作りも、どうかと思いますし」
    「あはは、そうね。あれは少女趣味が過ぎるわね、確かに。
     モダス帝についてはわたしも何度か会ったけど、見た目は歳相応だったわよ。それにモダス帝以外にも超人を見たことあるけど、みんな大抵、年齢通りって感じ。
     まあ、多少は肌の色ツヤが良かったり、背筋がしゃきっと伸びてたりって程度で、わたしみたいに魔術でも使わない限りは、見た目と年齢はイコールになるみたいよ、大体」
    「え? 渾沌さんも、実はお歳を召されて……?」
     きょとんとした顔で尋ねた楓に、葛が答える。
    「そだよ。パパがあたしくらい、ううん、子供の時からアレだってさ。実はセイナばーちゃんのいっこ下だって」
    「やだわ、葛。歳をばらさないでちょうだいな」
     笑いながら突っ込んだ渾沌を、楓がしげしげと眺める。
    「『蒼天剣』黄晴奈と同年代って、……え、……まさか、あなた70歳以上ですの!?」
    「うふふ……、今年で丁度、80歳よ」
     渾沌がそう答えた途端、楓は葛にそろりと近付き、こそこそと耳打ちした。
    「80歳が33歳の同性を口説くって、……色々な意味で、どうかと思いませんこと?」
    「ま、ちょっと思う。いい人なんだけどねー」
    「聞こえてるわよ」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・落葉抄 8】へ
    • 【白猫夢番外編 その7_2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・落葉抄 8】へ
    • 【白猫夢番外編 その7_2】へ