黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 3

     ←DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 2 →DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 4
    ウエスタン小説、第3話。
    三重のがっかり。

    3.
     今回の仕事に取り掛かった時点で、エミルはまず、3度落胆した。
     まず1つ目は、同行する捜査官が、お世辞にも優秀とは言いがたい青年だったからである。
    「はじめまして、クインシー捜査官。俺はパディントン探偵局のアデルバート・ネイサン。こっちはエミル・ミヌーだ」
    「よろしく」
     駅ではじめて顔を合わせた際、相手の捜査官はコチコチとした動作で、手を恐る恐る差し出してきた。
    「よ、よろしくお願いします。ぼ、僕は、えっと、サミュエル・クインシーと、はい、申します、……ど、どうも」
     吃音癖があるのか、もしくは極度の上がり症らしく、サム捜査官はこの短い挨拶でさえ、噛み気味に述べていた。
     アデルは相手の差し出した手を握りつつ、やんわりと尋ねてみる。
    「まあ、そんなに緊張なさらず。……失礼ですが、お仕事は何年ほど?」
    「実は、あの、これが、はじめてで……、すみません」
    「あら、そうなの?」
     相手の頼りない返答に、エミルとアデルは目配せする。
    (特務局って、何考えてんのかしらね? 重要な仕事って言ってたクセして、寄越すのはこんな若造?)
    (連中も匙投げてんだろうな。『もうどうでもいいや』って感じが見え見えだぜ)
    「あ、あのー……?」
     その様子を伺っていたサムが、心配そうに二人を眺めてくる。
    「ああ、いえ、何でも。
     まあ、これから一緒に仕事するんですし、まずは肚を割って話しましょう。……敬語とかも無くて構いませんから」
    「は、はい」

     まずは打ち解けるため、三人は近くのサルーンに入った。
    「コーヒーでいいかしら?」
    「え、あ、はい」
     依然おどおどとしているサムに、アデルがあれこれと尋ねる。
    「で、サム。歳はいくつだ?」
    「に、22です」
    「へぇ、そうは見えないな。てっきり高校を出たてのハイティーンかと思ってたが」
    「よく言われます」
    「特務局に入ったきっかけは?」
    「大学でスカウトされまして」
    「大学? 何を専攻してたんだ?」
    「えっと、あの、犯罪心理学って言って、何と言うか、その」
    「いや、内容とかは別にいい。まあ、この業界向けのことをやってたってワケだ。
     しかし大学で勉強してたってのと、あんたの性格からすれば、どっちかって言うと内勤向けだと思うんだがなぁ……? どうして俺たちと組むことに?」
    「本当はそのはずだったんですけど、部長が『一度くらい現場を見た方がいい』って、それで、だから、ここに……」
    「なるほどな。ま、そう言う事情なら、今回の事件はそこそこ安心して当たれると思うぜ。上も半分諦めてるような捜査だ。そこいらをうろついて、手がかりがありゃ報告して、無けりゃそれでおしまいだ。
     そう考えりゃ、ちょっとした旅行みたいなもんだ。あんまり気負わなくていいぜ」
    「は、はあ」
     その後も1時間近くアデルはあれこれと話しかけていたが、サムの態度には結局、あまり開放的な変化は見られなかった。

     いつまでもサムに構っていられないため、三人は本来の目的である、スターリング&レイノルズ鉄道本社へと向かった。
     しかしそこで受けた対応もまた、エミルをがっかりさせるものだった。
    「あぁん? パットン鑑定団と、連邦国富調査局?」
    「パディントン探偵局と連邦特務捜査局です」
    「知らねえなぁ。めんどくさそうだから、他当たってくれや」
     社長と面会したところ、かなりぞんざいにあしらわれたからである。
    「いえ、ですから御社の鉄道網においてですね……」
    「知らねえなぁ」
    「被害が出ていると……」
    「うちにゃなーんにも盗まれたもんなんかねえ。他人が泥棒に遭ったとか言われても、関係ねえ」
    「いや、しかし御社の鉄道網が不正に使用されて……」
    「知らねえなぁ。うちんとこの通常運行にゃ、問題ねえらしいからなぁ。
     なあ、あんたら。もう話すんのめんどくさいから、帰ってくれや」
     取り付く島もなく、三人は憮然とした顔で応接室を後にした。



    「何あれ? ふざけ過ぎでしょ」
    「自分さえよけりゃ、って感じだな。反吐が出そうだったぜ」
     先程のサルーンに戻り、エミルとアデルは憤慨する。
    「態度からして、金だけ出してるみたいね」
    「ああ。『寝てりゃ金が入ってくる』みたいな雰囲気だったな」
    「どうしようもないわね。そのうち潰れるわ、あんな会社」
    「同感。勝手に潰れりゃいいんだ」
     と、サムが恐る恐る手を挙げる。
    「これから、どうするんですか?」
    「……どうしようも無いさ。社長があんな様子じゃ、現場の保全なんかもやっちゃいないだろう。手がかりはまず、残っちゃいないさ」
    「つまりおしまいってことよ。もう帰るだけね」
    「えっ、……えぇー……」
     エミルが落胆した3つ目の理由は、今回の仕事があまりにも、馬鹿馬鹿しく感じられたためである。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 2】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 2】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 4】へ