FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第4部

    蒼天剣・恋慕録 2

     ←蒼天剣・恋慕録 1 →蒼天剣・恋慕録 3
    晴奈の話、第180話。
    金に目がくらむ愚か者たち。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
    「!?」
     フォルナは何が起こったのか、そして何をされているのか把握できなかった。
    「むっ、むぐ!?」
    「うるせえ。静かにしやがれ」
     がっちりと口、肩、そして首をつかまれているため身動きが取れないが、背後から男の声がする。
    「騒ぐんじゃねえぞ」
     フォルナを捕まえているのとは別の男らしい声がする。フォルナはまだ状況が飲み込めず、しきりにうなる。
    「うー、うー」
    「俺の言ってることが分かんねえのか、お嬢さんよお?」
     男が一人、フォルナの目の前に回ってギラリと光るナイフを取り出す。
    「うぅ!?」
    「黙ってくんねーとよ、オシゴトできねーのよ」
    「……」
     ここでようやく、フォルナは状況を理解した――今、自分は襲われているのだと。

    「よしよし……」
     フォルナは盗賊たちに持ち物を奪われ、猿ぐつわを噛まされて木に縛り付けられた。
    「金は、クラムが現金で12000と。で、こっちはエル金貨2枚に、銀貨が、えーと……、62枚。なあ、今1クラムって何エルだっけ?」
    「確か、25か26」
    「いや、こないだ中央政府がかなりクラムを発行してたから、いいとこ22じゃねーか?」
    「そっか。……てことは、金貨が10000エル、銀貨100エルだから、合計26200エルで、割ることの……」
    「1200クラムってところだな」
    「じゃ、合わせて13200か。……ヒュー、金持ってたな、やっぱり」
     盗賊たちはフォルナの財布からジャラジャラと金を出し、ほくそ笑んでいる。と、盗賊の一人がフォルナの鞄から通帳を取り出した。
    「ん? これ、通帳か? えーと、お嬢ちゃんのお名前は、と……。『金火狐銀行 ブラウンガーデン支店 フォルナ・ブラウンテイル・グラネル』。
     ……へ?」
     通帳に記載されている名前を読み上げた瞬間、盗賊たちは凍りついた。
    「グラネル家って、アレ、だよな?」
    「あ、ああ」
    「グラーナ王国の、王家……」
     盗賊4人は一斉に、木にくくりつけたフォルナを見つめる。一人が立ち上がり、フォルナの猿ぐつわを取って質問する。
    「……聞くけどよ、お嬢ちゃん」
    「はい」
    「アンタの名前は、この通帳に書いてあるフォルナ・ブラウンテイル・グラネルでいいのか?」
    「ええ」
    「マジか?」
    「はい」
     盗賊たちは顔を見合わせ、たどたどしい口調で相談する。
    「つまり、これはあれか」
    「俺たちは、王族の、お嬢ちゃんを、縛り付けて、金も奪った、と」
    「い、いや。まだやってねえ。このまま離れりゃ、問題ない。多分。きっと。恐らく」
    「……でもよ、13000クラムだぜ?」
     その一言で相談の声がやみ、全員がもう一度フォルナの顔を見る。
    「……だな」
    「ほしいよな、13000」
    「13000あったらさ、しばらく遊べるよな」
    「それどころじゃねえぜ」
     盗賊の一人が、先ほどの通帳を手にとって調べている。
    「預金残高、1682798クラムだってよ」
    「ひゃ、168万クラム!?」
    「どっ、どんだけ遊べるよ?」
    「てめーは遊ぶことしか頭にねえのか。こんだけあったらよ、あっちこっちの事業債権がしこたま買えるぜ?」
    「他人の借金背負ってどうしようってんだよ?」
     盗賊の中で一番頭の良さそうな男が、ニヤリと笑う。
    「バーカ、借金ったって使い道は商売の元手だぜ?
     こう言う債権にゃ、配当ってもんが付くんだよ。オマケに優良債権を押さえときゃ、色んな理由つけて買いたいってヤツも出てくる。
     俺たちが安値で大量に仕入れて、後々奴らが一儲けすりゃ、それだけで10倍、20倍に膨れ上がる」
    「ひゃ、168万が10、いや20倍になるってのか!?」
    「計算してみろよ、3000万くらいにゃなるぜ」
    「……うっひょー」
     欲にまみれた男たちの妄想は止まらない。そして線の細い、弱気そうな男が物騒なことを言ってのけた。
    「3000万もありゃ、もうこんな薄暗いところで人を殺さなくてもいいんだよな……」
    「そうだ。今、王女様を手放してチャンスを逃し、人を襲い続けるか。
     それともたった一回、ここで手を汚すか」
     盗賊たちはそこで、しばらく黙る。フォルナは男たちの間に渦巻く狂気を感じ取り、恐る恐る声をかける。
    「あ、あの。お金がほしいのなら、差し上げます。国にも盗られたことは言いません。ですから、このまま解放して……」「お嬢さぁん」
     盗賊たちは一斉に立ち上がり、フォルナの顔を見つめた。
    「俺たちゃだまされてだまされて、色んなもん搾り取られてさ。こんな最下層にまで堕っこちたのよ」
    「今さらさぁ、『何もチクらないから』って言われてもさ」
    「信じる気にゃ、さーっぱりなれんのよ」
    「そう言うことでね。……せめて苦しまないようには、しておいてやるからな」
     盗賊たちは一斉にナイフを抜いて、フォルナを囲む。
     彼らの目は欲と殺人に対する倦怠感で、ドロドロに濁っていた。
    「ひっ……!」
     フォルナは短く悲鳴を上げ、目をつぶった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・恋慕録 1】へ
    • 【蒼天剣・恋慕録 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・恋慕録 1】へ
    • 【蒼天剣・恋慕録 3】へ