黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 4

     ←DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 3 →DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 5
    ウエスタン小説、第4話。
    捜査続行。

    4.
     その日の晩、三人はサルーンの1階に集まって夕食を取っていた。
    「あのー」
     と、サムが恐る恐る尋ねてくる。
    「どうした?」
    「本当にもう、調査は……」
    「ああ」
     アデルは一瞬周りを見回し、サムに目配せした。
    「えっ?」
     しかし、要領の悪いサムはきょとんとしている。
     見かねたエミルが、サムの椅子を蹴っ飛ばす。サムは椅子ごと、床へ横倒しになった。
    「おわっ!?」
    「ごめんなさいね、引っ掛けちゃったわ」
    「あいてて……、ひ、ひどいですよ」
     立ち上がろうとしたサムを、アデルが助け起こし――ているように見せかけ、彼の耳元で囁く。
    (勿論、これで終わりなんてことは無いぜ)
    「えっ?」
    (バカ、声がでかい)
    「……あ、すみません」
    「ったく、大丈夫かよ、お前さん」
     サムが椅子に座り直したところで、アデルは口元をフォークで指し示した。
    (詳しいことは部屋で話す。後でお前の部屋に集まろう)
    「……」
     口の動きだけで示したアデルに、サムはぎこちなくうなずいて返した。

     夜遅く、三人はサムの泊まる部屋に集まった。
    「明日早く、S&R鉄道の車輌基地に忍び込むぞ」
    「え? ど、どうしてですか?」
    「ちょっと気になってな。お前さんも、あの社長がバカそうだってことは感じただろ?」
    「え、ええ、まあ、そう言う言い方は、えっと、……まあ、でも、はい」
    「あの社長の態度からすると、S&R鉄道の管理体制はかなり甘そうだ。
    『らしい』だの『めんどくさい』だのこぼしてたし、あのバカ社長は恐らく、人員や車輌とかの細かい管理については全部、人任せにしてるんだろう。
     となりゃ、実際に管理してる奴なり外部の奴なりが、何かしらピンハネできるんじゃないか? 俺はそう考えた」
    「『何かしら』? それってつまり……」
     尋ねたエミルに、アデルは深々とうなずいた。
    「ああ。考えてみりゃ、そこいらの泥棒が列車を1輌まるまる手に入れられるなんてこと、そうそう有るわけが無い。あそこみたいに、よっぽど管理の緩い鉄道会社から盗んだのでもなけりゃな」
    「そもそも、あの社長の態度も怪しいわよね。さっさと帰って欲しそうにしてたし。いかにも『秘密を抱えてます』って感じ」
    「確かにな。もしかしたら、もしかするかも知れんぜ。
     で、その裏付けのために明日、車輌基地を調べる。……と言うわけでだ、今日はもう寝ちまおう」
    「わっ、分かりました!」
     ようやく「らしい」仕事ができると分かり、サムは嬉しそうに敬礼する。
    「おいおい、大げさだなぁ」
     アデルも笑いながら、敬礼を返した。



     日付が変わり、未明頃。
     エミルたち三人は密かに、S&R鉄道の車輌基地前に集まっていた。
    「見張りは?」
    「いないわ」
     最も身軽なエミルが基地の外壁に登り、双眼鏡で安全を確認する。
    「本当、管理がなってないわね。守衛所みたいなのがあるけど、中で2人、ぐっすり寝てるわ。酒瓶抱えて」
    「とんでもない会社だなぁ。マジで潰れるぜ」
     エミルが先んじて中に入り、内側から門を開ける。アデルとサムはそのまま、門から侵入した。
    「他に見回ってるらしい人影も無し。調べ放題ね」
    「よし、じゃあちゃっちゃと回っちまおう」
     三人はまず、倉庫へと向かう。
    「ん……、と」
    「それらしいのがあったぜ」
     入って間もなく、アデルが箱を棚から下ろす。
    「『18XX下半期 車輌管理リスト』。……はは、こりゃひでえ」
     アデルが中の書類を確認し、顔をひきつらせる。
    「どうしたの?」
    「大当たりだ。3年前の9月、ユニオン・パシフィック鉄道から蒸気機関車8輌を購入してる。
     だが月末に、『7輌の間違い』って訂正されてる。しかし9月の半ばまでには、8輌分の運行記録が付けられている。
     いくらなんでも、こんなもんでごまかせないっつの」
    「杜撰(ずさん)もいいところね。社長は気付かなかったのかしらね?」
    「あの調子じゃ、気付いちゃいないだろうな。それともグルだったか」
     その他の資料を確かめれば確かめるほど、この会社がいかに放漫な管理体制であるかが判明していった。
    「この3年間でちょくちょく、機関車の予備パーツやら保安部品やらの数が合わないことが起こっているらしい。
     明らかに盗まれてるが、……ま、社長にバレたらまずいってことなんだろ、無理矢理帳尻合わせてごまかしてるな」
    「ここまで来ると、恐らく社長は無関係ね。もし一枚噛んでるなら、ここの管理記録に残る前にガメるでしょうし」
    「だろうな。そしてここの奴らも無関係だろう。……関係するまでも無いからな。外から堂々盗めちまうし」
     流石のサムも、「これはひどいですね、本当に」とつぶやいていた。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 3】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 3】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 5】へ