黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 8

     ←DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 7 →DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 9
    ウエスタン小説、第8話。
    工場跡の夜。

    8.
     マーシャルスプリングスに到着したその晩、エミルたちは早速、目星をつけていた車輌開発会社跡に潜入することにした。
    「何だか僕たち、探偵なのか泥棒なのか良く分からないことをしてますよね」
    「言うようになったわね、サム」
     夜の闇に紛れるよう、黒いポンチョと黒い帽子を身につけた三人は、明るい往来で見れば確かに怪しい一団である。
    「ここが元リーランド鉄道車輌?」
    「はい。詳しく調べたところ、会社自体は8年前に閉鎖されています。それ以来施設や土地の買い手も無く、ずっと放置されたままのようです」
    「街もそんなに賑わってなかった感じだし、良からぬ奴らが隠れ家にするにゃ、ちょうど良さそうだな。
     壁にもでけえ穴開いてるし」
     出入口自体は鎖が巻かれ、厳重に施錠されているものの、敷地を囲む煉瓦の壁にはアデルが指摘した通り、いくつか崩れている箇所がある。
    「そろそろ口を閉じた方がいいわよ。壁の向こうでたむろしてるかも知れないし」
    「おう」
     三人は辺りを警戒しつつ、壁の穴から中に忍び込んだ。
    (人影は見当たらないな)
    (ええ)
     敷地内に侵入し、壁伝いに注意深く進んでいくが、人はおろか、野良犬や鼠にすら出くわさない。
    「……何にも無いわね」
    「はずれ、……でしょうか」
    「うーん」
     そのまま壁沿いに半周したところで、一行は線路に出くわした。
    「……いや、やっぱり怪しいな」
    「え?」
    「見てみろよ、線路が研いてある。誰もいないし使ってないってんなら、研いてあるわけが無い。
     だが実際、月がぼんやり映る程度にピカピカになってる。ってことは……」
    「人がいるし使ってる、ってわけね」
    「ああ、そうだ」
     アデルがそう返した瞬間――彼自身も含めて、三人全員が顔を真っ青にした。
     何故ならその台詞が、二重に聞こえたからである。

    「う……」
     アデルが恐る恐る振り返ると、そこには先端が拳大ほどもあるモンキーレンチを手にした、20半ばくらいで黒髪の、あごひげの男が立っていた。
    「あ、ちょい待ち。何もこいつでボカッと殴りかかろうってつもりじゃねーよ。整備してただけだからな。そう怖い顔しないでくれよ」
    「何の整備?」
     ポンチョの内側でこっそり拳銃を握りしめつつ、エミルが尋ねる。
    「そりゃ機関車だよ。車輌工場で船の整備する奴はいねーだろ?」
     男はニヤッと笑いながら、モンキーレンチで背後を指し示す。
    「あれだ。HKP6900型をベースに改造を施した、俺の特製マシン。聞きたいか、そのすっげーとこをよ?」
    「へぇ?」
     エミルは一瞬、アデルに目配せする。
    (HKP6900型って……)
     アデルも目で、エミルの質問に答える。
    (ああ。S&R鉄道から盗まれたのと同型の車輌だ)
    「どこが特製なのかしら?」
     尋ねたエミルに、男は嬉しそうな笑みを浮かべる。
    「おお、聞きたいか、そうかそうか。ならば聞かせてやろう。
     まず第一に燃料だ。普通は薪なんだが、俺に言わせりゃ火力に難がある。だもんでペンシルベニアから石炭を仕入れて、そいつで走らせてる。それとシリンダーやらボイラーやら、動力系の部品や機構を各3インチほど大きい物に換えてボアアップし、さらに顔が映るくらいに細かく細かく研磨して、バランスを絶妙に噛み合わせている。さらにブレーキも最新型のエアブレーキに換装した上に俺がバッチリな改良を加えたから、ごうごう全速力の状態からびたあーっと完全に止まるまで、20秒もかからない。極めつけは車輪とフレームに鋼と同張力・同剛性の合金をたっぷり使用して、なんと400ポンドもの軽量化に成功。元のHKP6900の1割増し、いや1割半、いやいや、2割強くらいは速えーぞぉ」
    「ご高説、どうも」
     エミルは半ば呆れつつ、男に尋ねた。
    「何度か運転してるのかしら?」
    「そりゃこんなスーパーマシン、走らせてやらなきゃ意味無いだろ」
    「最後に走ったのは?」
    「確か、10日くらい前だ。勿論、他の列車と進行がかぶっちゃまずいから、朝方にぐるーっとな」
    「S&R鉄道の線路を?」
    「……あんたら、さっきからなんでそんなことを聞くんだ?」
     男の顔に、けげんな様子が浮かぶ。
    「ちょうど探してたからだよ。S&R鉄道の路線を好き勝手に走り回る、HKP6900の同型機をな」
     男が嬉々として喋り倒していた間に、密かに背後に回りこんでいたアデルが、小銃を男の背に当てた。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 7】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 9】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 7】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 9】へ