黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 9

     ←DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 8 →DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 10
    ウエスタン小説、第9話。
    機関車バカ。

    9.
    「な、……なんだよ?」
     男はぎょっとした表情を浮かべ、モンキーレンチを握りしめる。
    「動くな。もしそいつをぶん回そうとしたら、俺のウィンチェスターが先に火を噴くぜ」
    「あんたら、まさか強盗なのか? 黒い格好してるし……」
    「どっちが強盗だよ」
    「何がだよ?」
     男とアデルとの問答を眺めていたエミルが、首を傾げる。
    「とりあえず、名前から聞いていいかしら」
    「誰の?」
    「あなたに決まってるでしょ」
    「俺か? 俺はロドニー・リーランドだ」
    「リーランド? もしかしてこの会社の……」
    「あー、それは親父のやつ。
     8年前に親父が死んだんで、会社を畳んだんだ。そんでたっぷり遺産ができたし、俺はそいつで隠居暮らししてる。んで、趣味の機関車改造にどっぷり没頭してる。
     俺についてはそんなとこだ。オーケー?」
    「オーケーよ。じゃあリッチバーグで盗みを働いたのは、あなたじゃないのね」
    「誰がそんなことするもんか。カネなら腐るほどある」
    「マジかよ」
     フン、と鼻を鳴らしたロドニーの態度に、背後にいたアデルは唖然とする。
    「後ろの兄さんよぉ、もういいだろ? そんなもん向けなくてもよぉ」
    「あ、……おう」
     アデルが小銃を収めたところで、今度はロドニーが質問してくる。
    「盗みとか強盗とか、何の話だ?」
    「不正に列車を動かして、この辺りの街を襲って強盗しまくってる奴らがいるのよ。あたしたちはそれを調べに来た、東部の探偵」
    「あ、僕は探偵じゃなくて……」
     サムの説明に耳を貸さず、ロドニーはぎょろ、と目をむいた。
    「なんだって? 列車を使って強盗だぁ?」
    「ええ」
    「ふてえ奴らだな、そりゃあ! 列車好きの俺としちゃ、許せん話だぜ!
     よおし、そんなら俺が一肌脱いでやろうじゃねえか!」
    「え?」
    「物心ついた時からこの辺りの線路は渡り尽くしてるし、どの路線をどの車輌が通るかってのもバッチリ把握してるんだ。そう言うふてぶてしい奴らがどこを通りそうか、ピンと来るってもんさ。
     ちょっと来い」
     ロドニーはモンキーレンチを肩に担ぎながら、三人に付いてくるよう促す。
     言われるまま付いていくと、やがてロドニーは、昔はそれなりに威厳をにじませていたと思われる、足跡だらけのドアの前に立ち、それを蹴っ飛ばして押し開いた。
    「こいつがここら辺の路線図だ」
     昔は社長室として使っていたであろうその部屋に入るなり、ロドニーはモンキーレンチで壁を指し示した。
    「あのド真ん中の赤い点が、このマーシャルスプリングスだ。見ての通り、ここもそれなりに路線が重なってるが、そこから北東に数十マイル行くと、……ほれ、あの辺り。
     ここよりもっと、色んな鉄道会社の路線が交差してるだろ? いわゆる交通結節点なんだ、あの辺りは。もっとも、地下水が湧いてるマーシャルスプリングスと違って、水とかの生活に必要なモノが近くに無いから、街は作れなかったらしいがな」
    「となると、もしかしたら強盗団も、ここを通る可能性がありますね」
     冷静に分析したサムに、ロドニーはニヤッと笑って返す。
    「おうよ。だからあの周りで列車を転がして待ち構えてりゃ、出くわしても全然おかしかねえ。
     ってわけで、だ」



     2時間後――ロドニー自慢の改造蒸気機関車、HKP6900改は煙突からごうごうと白煙を噴き上げ、西部の荒野を驀進(ばくしん)していた。
    「ひっ、ひいいい~っ……」
    「おいおいおいおい、大丈夫かよ!?」
     機関車後部に取り付けられた炭水車の、そのさらに後方で引っ張られている客車から、サムと、そしてアデルの悲鳴が上がる。
     何故なら熱心に整備された機関車とは違い、客車は8年前から放置されていたものを、何の補修もせずに取り付けただけなのである。
     ボロボロの客車には窓も扉も無く、うっすらと明るくなり始めた地平線が覗いている。そのスカスカな光景に、流石のエミルも若干、顔を青くしている。
    「ねえ、リーランドさん! 客車、真っ二つに折れそうなんだけど!?」
     三人が口々に怒鳴るが、機関部が立てる爆音か、もしくは猛烈な風切り音にかき消されているらしく、ロドニーからは何の返事も無い。
     その代わりに、のんきな歌声が機関部の方から聞こえてくる。
    「せーんろっではったらーくぜー、いーっちにーちーじゅーうっ♪」
     ギシギシと軋む客車の中で、アデルがぼそ、とつぶやいた。
    「あの機関車バカめ……。停まったらブン殴ってやる」
    「無事に停まれれば、……ね」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 8】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 10】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 8】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 10】へ