黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 10

     ←DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 9 →DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 11
    ウエスタン小説、第10話。
    ドッグファイト。

    10.
     と――エミルたちの背後、最早枠だけになっていたドアの方から、警笛の音が響いてくる。
    「え……」
    「まだ朝の5時前、だよな」
    「そ、そのはずです」
     サムが懐中時計を確認してうなずく。
    「貨物列車か? それとも……」
     その疑念を、機関室にいたロドニーが確信に変えた。
    「後ろから変な列車が来てるぜ、お三方ぁ!」
    「変なって、何が!?」
     怒鳴り返したエミルに、ロドニーがぶっきらぼうに、しかし的確な返事を返す。
    「貨物列車にしちゃあ、荷車がいっこしかねえ! いくらなんでも一つだけ運ぶなんて、コストが掛かり過ぎるぜ! 普通の鉄道会社ならあんなことしねえ!
     それによぉ、積んでる燃料も少な過ぎる! あんな量じゃ、100マイルも動かせねえ! この辺りをウロウロするので精一杯だ!
     他にもよぉ、『逃げ足上等! とにかくスピードだッ!』ってビンビン主張してやがるぜってくらい、軽量化しまくってる!
     もしかしたらありゃ、あんたらが言ってた……」
     またも警笛が鳴らされ、ロドニーの声が遮られる。
    「……っ、うっせえなあ! おい、なんか言い返してやれよ!」
    「言われなくてもそうするっての!」
     アデルが前方に怒鳴り返し、くるりと振り返って後方にも怒鳴る。
    「減速しろ! このままじゃぶつかっちまうぞ!」
     だが相手からの声は無く、依然として警笛を鳴らしてくる。
     いや――先程までは客車5つ分は空いていた距離が、今は3つ分を切るくらいに、じわじわと詰まってきている。
    「……ま、まさか」
     サムの顔が青くなる。
    「その、まさかじゃねーか?」
     アデルもゴクリとのどを鳴らす。
    「ぶつけてくる気、ね」
     エミルはばっと踵を返し、列車の前方に向かう。
    「前に逃げましょう!」
    「おう!」
    「はっ、はい!」
     そうこうしている間にも、後ろの列車は速度を増し、距離をさらに詰めてくる。
    「ぶつけてどうすんだよ……!? あいつらもただじゃ済まねーだろうに」
    「い、いえ、そうとも限らない、かも」
     サムがたどたどしくも、状況を分析する。
    「後方から猛スピードで、つ、追突されれば、前方の車輌は、お、大きくバランスを崩します。
     しゃ、車輌は、線路の上に乗っていて、固定なんか、さ、されてないですから、バランスを崩せば、だ、だ、だっ、脱線する、おそれがっ」
    「落ち着けって! とにかく急げ! 前へ行くんだ!」
     アデルがなだめ、前へと押しやるが、彼自身も明らかに狼狽しているようだった。
     その証拠に――アデルは明らかに腐っていた床板を避けて通れず、彼の足がそこにめり込んだ。
    「うわ……っ!?」「アデル!」
     アデルが床下に消える寸前で、エミルとサムが彼の腕とベルトをつかむ。
    「わ、悪い、助かった……」
    「まだ助かってないわよ!」
     どうにか引っ張り上げ、再度後方を確認すると、後ろの機関車は既に客車半分ほどまで迫っていた。
    「は……」
     三人は同時に叫び、そして全速力で、客車を駆け抜けた。
    「走れーッ!」
     機関車が客車に接触する直前、三人はどうにか、炭水車の上に飛び移る。
     と同時に――。
    「うおわぁ!?」「きゃあっ!」「ひいいぃ~……っ!」
     機関車が客車に追突し、その後ろ半分を押し潰す。残った部分も大きく歪み、車輪の1つが線路から弾き飛ばされ、6900改自身もがくん、と斜めに傾いた。

     だが自慢するだけあって、ロドニーは機関車の運転に相当、長けていたようだ。
    「ふっ……」
     くん、と車輌全体が前に引っ張られる。
    「ざけんなよ、コラあああああッ!」
     ロドニーがどんな方法を使ったのかは分からないが――HKP6900改はこの時、一瞬で時速数マイルもの加速を実現させた。
     そのため後ろからの衝撃は前へといなされ、同時に前方へと強く引っ張られたことで、車輌は脱線することなく、線路の上に戻る。
     あわや時速約50マイルで地面に叩き付けられるところだったエミルたちは、炭水車の上をごろごろと転がされるだけに留まった。
     しかし、それでも――。
    「げほっ、げほ、げほ……」
    「ちくしょう、クソがっ……」
    「何てことすんのよ、もう!」
     エミルたちは体中に石炭をまぶされ、真っ黒に汚れることとなった。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 9】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 11】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 9】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 4 ~シーブズ・エクスプレス~ 11】へ