FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第4部

    蒼天剣・恋慕録 3

     ←蒼天剣・恋慕録 2 →お便りいただきまして。
    晴奈の話、181話目。
    女騎士のような。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     その時だった。
    「まだ20にも満たぬ少女を4人がかりで惨殺か。それだからお前らは堕ちるのだ」
     盗賊たちの背後から、鋭い一喝が飛んできた。
    「だ、誰だッ!?」
     盗賊たちは一斉に振り向く。フォルナも目を開け、声のした方を見る。
    「お前らに名乗るような下賎な名前など、持ち合わせて……」「コウさま!」「……」
     そこには口上を邪魔されて憮然としている晴奈と、後ろを向いて肩を震わせる小鈴がいた。
    「く、くっく……。晴奈、かっこよく登場したのに台無しね、……ぷふっ、くくく」
    「ま、まあ、いいです。……コホン」
     晴奈は刀を抜き、盗賊たちを威嚇する。
    「まあ、そこの少女に名乗られてしまったから、名乗っておく。
     私は黄晴奈。央南出身の旅の者だ。お前らの非道、許すわけには行かぬ」
    「ゆ、許さなきゃどうだってんだ」
    「大人しく投降し、縛に付けば命は助けてやろう。だが、私やその少女に刃を向けるとあらば……」
     晴奈は刀を正眼に構えた。
    「返り討ちにしてくれるぞ」
     この脅しだけで、盗賊4人の士気は大幅に下がる。百戦錬磨の晴奈と、4人がかりで弱者をいたぶる彼らとでは、勝負になるわけが無かった。
     だが――。
    「う、うるせえ! さ、さ、さ、3000万を諦めてたまるかってんだ!」
     いかにも粗暴そうな男が、ナイフを腰だめに構えて向かってきた。
    「……愚か者め」
     次の瞬間、男の顔をほとんど縦に割るように、晴奈の刀が走った。
    「ぎゃ、……ッ」
     向かってきた男はナイフを落とし、のた打ち回る。
    「致命傷では無い。が、今すぐ手当てをしなければ命に関わる」
     晴奈は残った3人に刀を向ける。
    「どうする? 来るか? それとも投降するか?」
    「……お侍さんよお」
     頭の良さそうな男が、すい、と前に出る。
    「こいつの言った通り、この子から3000万が取れるんだ。3000万だぜ? な、ここでさ、山分けしないか? アンタに1500、俺たちに1500。悪い話じゃねーよな?」
    「貴様の性根が最も腐っているな」
     晴奈は刀を構え直し、男に一歩詰め寄る。
    「この黄晴奈、金では買えぬ」
    「またまたぁ。どーせ俺たちを皆殺しにして、3000万独り占めする気だろ? 言っとくけどな、俺たちにゃまだまだ仲間がいるんだ。アンタが俺たち殺したら、そのうわさ広めるぜ」
    「何を馬鹿な」
     晴奈はもう一歩、間合いを詰める。
    「嘘や方便は通用しない。他に仲間がいれば、こうして刀を向けられている今、出てくるべきだろう? それにな、私の実家は央南随一の大商家だ。そんな金など、塵や芥に等しい」
    「それこそ嘘だろ? 何で大金持ちが、こんな森の中をテクテク歩いて……」
    「お前はとんだ愚か者だな。たった今、その少女が3000万を持っていると言ったばかりでは無いか」
     愚か者とののしった瞬間、男の顔色が変わった。
    「……んだと? 俺が、愚か者?」
    「そうでなければ何だと言うのだ。人を襲い金と命を奪うことを繰り返す――性根が捻じ曲がった愚者でなければ、とてもできぬことだ」
     この一言に、男は逆上した。
    「バカに……、バカにすんなーッ!」
     男はナイフを振り上げ、晴奈に向かって投げる。だが、晴奈は顔色一つ変えずに刀でそれを弾く。弾かれたナイフは回転しながら弧を描き、男の肩に突き刺さった。
    「ひっ……!」
    「そうやってすぐに怒り狂うのは、己が愚かである証拠だ。……さあ、どうする?」
     晴奈は残った2人をギロリとにらむ。2人は顔を真っ青にして、ナイフを捨てた。

     晴奈に刃向かい怪我をした2人は手当てを受け、そのまま縛られた。残った2人も同様に縛られ、街道の途中にあった小屋に放り込まれた。
    「外から戸を封じておく。後程警吏をよこすから、来るまでしばらく反省するがいい」
    「……」
     盗賊4人は魂が抜けたような顔をするだけで、晴奈の言葉には反応しなかった。
    「さてと、フォルナだったか」
    「は、はい」
     助けられたフォルナは、晴奈を見て縮こまっている。
    「何故、付いてきた?」
    「その、えっと……」
    「危険だとは思わなかったのか?」
     晴奈の口調は盗賊たちを威嚇した時とは違い、幼い子を諭すような、優しげなものに変わっている。
    「……考えておりませんでした」
    「無茶にもほどがある。このようなこともあるのだから、もっと考えて行動しなければ」
    「……クス」
     背後で小鈴が笑っているが、晴奈は構わず説教を続ける。
    「歳はいくつだ?」
    「16です」
    「16でこんな、人里離れた場所を一人でうろつくなど……」
    「……クスクス」
     なぜか、小鈴は晴奈が何か言う度に笑っている。
    「……何ですか、小鈴殿」
    「んふふ……、晴奈。あたし、アンタの子供の頃の話、雪乃から聞いてるんだけど」
    「え」
    「13歳で、黄海から飛び出して弟子入りを頼み込んだって言う……」
    「う……」
     偉そうに説教していた晴奈は、ばつが悪くなって赤面する。
     きょとんとするフォルナを見た小鈴は、フォルナに耳打ちした。
    「あのね、このコウさんは13歳の頃、街で出会った剣士に弟子入りするために、一人でこーんな山道を……」「聞こえてます、小鈴殿」
     晴奈は顔をしかめ、腕組みをしてそっぽを向く。
    「……それはまあ、確かに私にも、似た経験がありますけども」
    「気持ちも一緒よ? この子、アンタと一緒に旅がしたくて、ココまで付いてきたんだから」
    「あっ」
     小鈴に秘めていた想いをばらされ、フォルナも顔を真っ赤に染める。
    「私と旅を?」
     晴奈はけげんな顔をして、フォルナに向き直る。
    「何故?」
    「そ、その……、わたくし、あなたのことを、お慕い申しておりまして」
    「は?」
     この時小鈴にまた、イタズラ心が沸いたらしく、ニヤニヤしながらこう付け足してきた。
    「つまりね、フォルナちゃんは晴奈のコトが気になって仕方無いのよ。あんまり、かっこいいから。
     連れてってあげなさいよ、晴奈」
    「いや、しかし旅慣れていない者を連れて行くのは」
    「あら、それじゃこの森の中を一人で帰させる気?」
     そう言って小鈴は森を指差す。
    「む……」
    「いいじゃん。三人旅も楽しいわよ、きっと」
    「いや、楽しいとかそう言う問題ではなく、私は日上を……」
    「大丈夫だって。このまま進めばゴールドコーストへの便があるルーバスポートに行けるんだし、そこで送り返せばいいじゃないの。ソレまでは一緒に、ってコト。
     コレならアンタの邪魔にならないでしょ?」
    「ふむ」
     小鈴の提案を聞き、晴奈はうつむき考え込む。その間に、小鈴はフォルナにまた耳打ちした。
    「アンタもソレでいい?」
    「ええ。それまでにコウさまを惚れさせて、『離れたくない』と言わせてみせますわ」
    「アハハ、頑張って」
     二人がささやき合っている間に、晴奈は顔を上げ、同意した。
    「分かりました。ではルーバスポートまでは、一緒に行くと言うことで」
    「よしよし。……よろしくね、フォルナちゃん」
    「はいっ。よろしくお願いします、コスズさん、それから」
     フォルナは晴奈の手を取り、最大限とも言える満面の笑顔を見せ付けた。
    「よろしくお願いします、コウさま」
    「ああ、よろしく」
     晴奈は相変わらず、フォルナが自分に惚れているなどとは考えもしなかった。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.04.28 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・恋慕録 2】へ
    • 【お便りいただきまして。】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・恋慕録 2】へ
    • 【お便りいただきまして。】へ