黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第11部

    白猫夢・麒麟抄 11

     ←2015年10月携帯待受 →白猫夢・狼煙抄 1
    麒麟の話、第11話。
    最も避けるべき、最も望ましい未来。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    11.
     見たくないものを、見てしまった。



     アオイはボクの、ボクと言う神にとっての、天使だったはずだ。
     アオイがこの世に生まれてからずっと、アオイはボクの、第一の使徒だったはずだ。
     アオイがボクに歯向かうコトなど、ありえないはずだ。
     あってはならないはずだったんだ!

     ボクは「見た」。アオイが、ボクに刃を向けている光景を。
     勿論――ボクほど未来を、数多ある並行世界を観測し続けてきた者はいないから、ソレは誰よりも良く知っているコトだけど――この未来が絶対に、100%何の紛れも無く起こるとは、断言できない。何らかの偶然やほんの少しの選択、挙動の違いで、起こるはずのものが起こらなくなるコトは十分にある。
     そう言うケースは幾度と無く見てきたコトだし、この件だって、その要素は十分に含まれている。だけど「見た」以上、何%か、何十%の確率で起こるコトになる。起こりうる未来の一つとして、ボクの未来視に現れたんだ。
     だからボクは、何が何でもこの未来がこの世界において発生・実現させるのを、どんな手を使ってでも阻止しなければならないんだ。



     だけど。

     絶対に起こってほしくないと思う一方で、この未来視はボクを、何千年かぶりに悦ばせてくれていた。
     何故かって? 分からないか?
     ボクに対して、アオイが「刃を向けていた」んだよ? 夢や幻ではない、実物の刃をだ。
     そう、つまりソレは、今ボクがいる「夢の世界」での出来事じゃない。現実において起こっていたコトだったんだ。
     ソコから導き出される答えは、そう、即ち――ボクが現世に蘇っている、と言うコトなんだ!



     この未来を「見て」、ボクは一瞬、ほんのちょっと悩んだ。

     アオイがボクに歯向かうコトなど、起こってほしくない。戦えば間違いなく、ボクが勝つ。しかしソレは、アオイが死ぬコトとほぼ同義だ。ソレはとてつもなく惜しい。
     だけど何故、ボクは彼女を惜しんでいるのか? ソコまで考えたところで、彼女を惜しいと言う気持ちは霧散した。
     ボクが惜しいと思うのは、ボクにとっての――そう、「今は」動けないボクにとっての、史上最大にして最良の手駒だからだ。
     だけどあの未来では、ボクは蘇っている。つまりアオイの手を借りずとも、自由に世界へ干渉できるようになっている、と言うコトだ。
     である以上、アオイに今求めているような利用価値など無いんだ。むしろ敵になると言うのなら、ボクは喜々としてアオイを殺すだろう。



     ああ……! 楽しみで仕方がない。
     ボクはいよいよ、現世に復活するんだ。
     アオイはその贄(にえ)となる。四半世紀にわたって色々と手助けしてくれた彼女だ。ソレに対して少しばかりは、敬意を払ってやろう。
     だが同時に、ボクを散々苛立たせてくれた、この上なく鬱陶しい一族の末裔だ。だからアオイと、そしてついでにカズラも。姉妹揃って――ボクの秘義を以って、一欠片残さずこの世から消滅させてやる。

     永遠にだ!
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【2015年10月携帯待受】へ
    • 【白猫夢・狼煙抄 1】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【2015年10月携帯待受】へ
    • 【白猫夢・狼煙抄 1】へ