FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第4部

    蒼天剣・恋慕録 4

     ←お便りいただきまして。 →蒼天剣・恋慕録 5
    晴奈の話、第182話。
    お姫様、はじめての野宿。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     晴奈たちとフォルナが合流してから6時間ほどが経過し、流石に夕闇が濃くなってきた。
    「コレ以上は進めそうに無いわねー。今日はココで休もっか」
    「そうしましょう」
     二人の会話を聞いたフォルナは驚いた顔をする。
    「え? ここで、と言うと?」
     晴奈は地面を指差し、フォルナの問いに答える。
    「ここ、だ。野宿になる」
    「の、野宿、ですの?」
    「ああ」
     フォルナはきょろきょろと辺りを見回し、眉を曇らせる。
    「あ、あの。外ですわよ」
    「そうだが?」
    「そ、外でなんて……」「あのねーフォルナちゃん」
     小鈴が胸の前で腕を組み、フォルナに言い放つ。
    「あたしらの旅は野宿多いよ、徒歩で進んでるから。それが嫌ならー……」「い、いえっ! 大丈夫です!」
     フォルナはブンブンと首を振り、慌ただしく袖をまくった。
    「えっと、野宿の準備は、何をすればよろしいのかしら!?」
    「よーしよし。んじゃ、そこら辺に落ちてる木の枝、拾ってきて。しけってるのはダメよ。乾いてるヤツね」
    「はいっ」
     小鈴は晴奈にも同じ指示を送る。
    「晴奈も枝集めお願い。あたしは寝床確保するから」
    「承知しました」
    「さ、フォルナ。晴奈と一緒に集めてきて」
    「あ……、はい! 頑張ります!」
     フォルナは小鈴にぺこりと頭を下げ、晴奈の手を引く。
    「さ、コウさま! 一緒に集めましょう!」
    「あ、ああ」
     晴奈はフォルナに手を引かれるまま、森の奥へと入っていった。

     フォルナはずっとニコニコと微笑んだまま、晴奈の側を離れない。
    「コウさま、こちらの枝はどうでしょう?」
    「ああ、これなら使えそうだな。持っておいてくれ」
    「はい」
     フォルナはいそいそと枝をまとめる。
    「ねえ、コウさま」
    「うん?」
    「コウさまは、あの、……えっと」
     小鈴と付き合っているのか、と聞こうかと考えたが、率直に聞くのは少し怖い。
    「どうした?」
    「……その、独身、でいらっしゃいますか?」
    「は?」
     晴奈はけげんな顔をする。
    「まあ、独り身だ。想っている相手もおらぬ」
    「そうですか、良かった」
    「良かった? ……何が?」
    「あ、いえ。こちらの話ですわ」
     独身と聞き、フォルナは嬉しくなった。
    「あ、あのー」
    「なんだ?」
    「……コウさまって」「すまぬが、フォルナ」
     晴奈がうざったそうな顔を向けてくる。
    「様付けは勘弁願いたい。どうにも耳がかゆくなる」
     そう言って、晴奈は猫耳をカリカリとかいた。
    「あ、すみませんコウ……、さ、ん、でよろしいでしょうか」
    「単に、コウと呼んでもらって構わぬ」
    「あ、はい。……で、では、コウ」
    「なんだ?」
    「あの、コウはどのような異性が好みでしょうか?」
    「はあ?」
     晴奈がもう一度、けげんな視線を向けてきた。
    「先ほどからお主、妙なことばかり聞くな?」
    「あ、すみません」
    「……まあ、答えるのにはやぶさかではない。そうだな、どちらかと言うと、粗暴で荒々しい奴は好まぬ」
    「では、落ち着いた雰囲気の方が好み、と言うことでしょうか」
    「まあ、そうなる」
    「……わたくし、淑女として育てられて良かったと、今初めて教育係に感謝いたしましたわ」
    「……?」
     晴奈とはフォルナの想いに気付くことなく、そしてフォルナは晴奈の性別に気付くことなく、二人は微妙にずれた会話を続けていた。

     枝集めも終わり、二人は小鈴のところに戻ってきた。
    「おっ、おかえりー」
    「ただいま戻りました。これくらいでいいでしょうか?」
    「ん、よしよし。んじゃ早速、火を起こそうかなー」
     そう言って小鈴は鞄からマッチを取り出した。それを見たフォルナが、不思議そうな顔で質問する。
    「コスズさんって、魔術師でしたわよね?」
    「ん? そーだけど?」
    「魔術で、火を点けたりはいたしませんの?」
     小鈴は「あー」と声を出し、額をポリポリかいた。
    「あたし、火の魔術は苦手なのよ。得意なのは土と、風の術。後は幻術、そんだけかな」
    「そうなのですか。わたくしも少々魔術はたしなんでおりますけれど、あまり詳しくありませんので……」
    「まー、魔術は向き不向きがすっごく出るもんね。良かったら、あたしがちょっと教えたげよっか? こーゆー旅路で役に立つヤツとか」
    「よろしいのですか?」
     小鈴はマッチに火を点けながら、「いーよー」と返した。
    「……ん、よし。くすぶってきた。……えいっ」
     小鈴が早口で呪文を唱え、種火の点いたかまどに風を送る。空気を送られたかまどは、勢いよく燃え始めた。
    「よしよし、コレで野宿の準備は完了っと。んじゃ、ご飯の用意しよっか」
     晴奈は「はい」と短く答え、鞄の中から食糧を取り出した。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【お便りいただきまして。】へ
    • 【蒼天剣・恋慕録 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【お便りいただきまして。】へ
    • 【蒼天剣・恋慕録 5】へ