黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第11部

    白猫夢・撹波抄 2

     ←白猫夢・撹波抄 1 →白猫夢・撹波抄 3
    麒麟を巡る話、第562話。
    管理下において;昼。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
    《午後1時になりました。皆さん、休憩しましょう。繰り返します、午後1時になりました。皆さん、休憩しましょう》
     スピーカーから休憩時間が告げられ、工場内にいた者たちはぞろぞろと、食堂へ向かう。
     しかしホルヒは一人、休憩室に入り、ロッカーからかばんを取り出した。
    「よお、ホルヒ」
     休憩室の奥で煙草を吸っていた、あの面倒くさい同僚が声をかけてくる。
    「おつかれ、サントス」
    「どこで食うんだ?」
    「公園」
    「ヨメさんとか?」
    「そうだ」
    「お前も大変だなぁ。あんなのが相手じゃなぁ」
    「お前には分からないよ。彼女の良さは」
    「いやぁ分かるさ、たまんねえ体つき……」
     まだ何かわめいていたが、ホルヒは構わず外に出た。

     工場から出て2、3分ほど歩き、ホルヒは公園に到着する。
    「こっち、こっち」
     すぐにリンダを見付け、ホルヒは彼女の隣りに座る。
    「席、取っておいたよ」
    「ありがとう」
    「ここ、静かでしょ?」
    「……あんまり、大きな声で言っちゃいけないよ」
    「あ、……うん」
    「じゃ、いただきます」「いただきます」
     揃って弁当箱を開け、二人は黙々と食事を始めた。
    「今日は大丈夫だった?」
     と、ホルヒが尋ねる。
    「あ、うん。二度寝しなかったよ。ちゃんと8時15分のバスに乗れた」
    「そうか」
    「ごめんね。わたしのせいで、あなたのチケットまで没収されちゃって」
    「いいさ。こうして昼ご飯が食べられるんだから、実害はない。よそじゃ更生施設に送られるなんて話もあるんだから、チケットが没収されるだけで済んで良かったよ」
    「……うん」
     落ち込んだ様子のリンダをなぐさめるように、ホルヒがつぶやく。
    「本当にここは静かだね」
    「え? あ、うん、そうでしょ? スピーカーも無いし」
    「ああ。本当にあれは、気が休まらないからな」
    「うんうん」
    「でも難を挙げれば、時間が分からないことかな。もう少しゆっくりしていたいけど、そろそろ行かなきゃ」
     ホルヒはそう言って、懐中時計をリンダに見せた。
    「あ、本当。そろそろね」
    「じゃ、行こうか」
    「うん」
     二人揃って公園を後にし、道を歩いているところで、またあのうっとうしいスピーカーが騒ぎ始めた。
    《午後1時45分になりました。皆さん、それぞれの職場に戻りましょう。繰り返します……》

     二人の職場である工場に戻ったところで、白猫党の車が工場の門前に停まっているのが見えた。
    「ん……?」
    「何かあったのかな?」
     顔を見合わせている間に、奥から白猫党の憲兵2名と、彼らに両脇を抱えて連行される、あのいけ好かない同僚の姿が目に映った。
    「お、おい! ホルヒ! ホルヒ・エランド! た、助けてくれよ! 証言してくれ!」
    「……」
     ひと目で面倒事に巻き込まれそうだと察したホルヒは、黙って見送る。
    「なあ! おいって! 証言してくれ! 俺は何にもやってないんだって!」
     と、同行していた憲兵が、ホルヒの方に近付いてきた。
    「なんでしょう?」
     尋ねたホルヒに、憲兵が尋ねてくる。
    「君は、彼が不当に配給チケットの販売を行っていたと知っていたか?」
    「いいえ」
    「関わったことは?」
    「ありません」
    「本当に?」
    「私と妻は今月のはじめ、遅刻によるペナルティとしてチケットを没収されています。それ以降、チケットを手にしていません。
     もしその後にチケットを入手していたら、外で食事はしないでしょう。食費も馬鹿になりませんしね」
     そう言って、ホルヒはかばんから弁当箱を取り出す。横にいたリンダからも同様に弁当箱を見せられ、憲兵はうなずいた。
    「ふむ、失礼した。……まあ、規則は守るように」
    「はい」
     まだ何かわめき立てている元同僚に背を向け、ホルヒたちは工場の中へ入る。
     それから数分後、工場は何事も無かったかのように、スピーカーからの指示と共に稼働し始めた。
    《午後2時になりました。皆さん、作業を再開して下さい。繰り返します……》
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・撹波抄 1】へ
    • 【白猫夢・撹波抄 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・撹波抄 1】へ
    • 【白猫夢・撹波抄 3】へ