黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第11部

    白猫夢・上弦抄 3

     ←白猫夢・上弦抄 2 →白猫夢・上弦抄 4
    麒麟を巡る話、第572話。
    ワガママあしらい。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
    「研究員になりたいって?」
     場所をフィオたちの家の居間に移し、ビッキーはルナに自分の希望を伝えた。
    「ええ。必ずご期待に添えると思いますが」
    「うーん」
     ルナは短くうなり、こう尋ねる。
    「ウチの目的、知ってて言ってる?」
    「どっちのことでしょう?」
    「オモテ」
    「再生医療ですね」
    「あなたの得意分野と違わない? 電気工学畑でしょ、あなた」
    「今はそうですね」
    「……どう言う意味に取ったらいいのかしら? 入ってからあなたの得意分野を変えるってこと? それとも入ってから、あなたの得意分野に合わさせるってこと?」
    「どちらでもございません。再生医療研究に加え、いずれ電気工学研究もするようになる気がいたしましたので」
    「マークの『作戦』のことを言ってるの?」
    「兄の性格上、今回の作戦のためだけに『あれ』を作るとは思えませんもの」
    「って言うか、むしろあなたが作戦終了後、あれを使いたいって気がするけどね」
    「そう取っていただいても結構です。
     どちらにせよ、わたしが参加する余地は今、ありそうですので」
     そう返され、ルナは口をへの字に曲げた。
    「あんた本当に図々しいわね。ワガママっぷりが度を越してるわ」
    「よく言われます。直す気はございませんけれど」
     この返答に、ルナは憮然とした顔をしつつ、ぼそっとつぶやく。
    「……プレタの娘じゃなかったら引っぱたいてやりたいわ、マジ」
    「はい?」
    「何でもないわよ。……ま、現時点での結論としては、駄目ね。マークの言った通りのこともあるし、今のウチは再生医療研究一本に絞ってるもの」
    「じゃあ、一旦引き下がります」
    「じゃあって何よ」
    「医療研究を学んでからまた、お願いしたいと思います」
    「あんたねぇ……」
     ルナは呆れた顔をしつつ、こう尋ねた。
    「なんでそこまでして『フェニックス』に入りたいのよ? 自分で電気工学の研究室造ればいいじゃない」
    「楽しそうですもの。カズセちゃんもいらっしゃいますし、フィオさんたちやカズラさんたちも入り浸ってますし」
    「ウチはラウンジじゃないっての。……まあ、そう言うことであれば、もう入所許可証は発行してるんだし、気にせず入ってきていいわよ」
    「でも……」
    「あれを使いたいって言うなら、作戦完了してあれが必要無くなり次第、勝手に使っていいから。
     後は他の研究員と研究の邪魔しなきゃ、大体何してもいいわよ」
    「はあ」

     一応の許可は出たものの、完全に自分の要求通りにはならなかったため、ビッキーはなんとなく程度の不満を感じていた。
    「なんだか除け者にされてるみたいです」
    「まーまー」
     ビッキーは話し相手に葛を伴い、喫茶店に場所を移していた。
    「今、色々大変じゃん? 大仕掛けの真っ最中なワケだしー」
    「それはそうなのですけれど、だからこそわたしは、積極的に兄やルナさんを助けたいと思っておりますのに」
    「仕方ないって。正直、あたしも今、ヒマだもん。『あなたが動くのはもっと後』って言われてるしー」
    「それはカズラさんが『実働部隊』だからでしょう? わたしは頭脳面での助力しかできませんし」
    「でもさー、実際ビッキーちゃんはお兄さんのコト結構、助けてると思うよー?」
     葛にそう返され、ビッキーは首を傾げる。
    「そうでしょうか?」
    「うんうん。色々差し入れ持って行ったりしてるしー、『フェニックス』の怪しいトコをごまかしたりしてるし」
    「その程度では……」
    「もぉ。そんな風に言わないでほしいなー。あたしとかからしたら、特に何も助けてないワケだしさー。
     自分では『大したコトしてない』って思っててもー、他の人から見たら『すっごく助かってる』ってコト、結構あるんだしー」
    「……そうですね、そう言うこともあるかも知れませんね」
    「だからさー、今はあの人たちが『助かる』って思ってくれるコトをやるのが一番なんじゃないかなー?」
    「そうかも知れません。でも……」
    「そんなに手伝いたいって言うならさー、あの子に相談してみたら?」
    「あの子?」
    「カズセちゃん。案外『じゃコレやってくんね?』みたいに返ってくるかも知れないよー?」
    「……なるほど。一考の価値はございますね」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・上弦抄 2】へ
    • 【白猫夢・上弦抄 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・上弦抄 2】へ
    • 【白猫夢・上弦抄 4】へ