FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第4部

    蒼天剣・恋慕録 7

     ←蒼天剣・恋慕録 6 →蒼天剣・湯治録 1
    晴奈の話、第185話。
    おうじょ フォルナが なかまになった!

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
     フォルナはユラユラとした振動を感じ、目を覚ました。
    (え……?)
    「呆れましたよ、まったく」
    「ホント、ゴメンね~」
     すぐ前方で、晴奈と小鈴の声が聞こえる。
    「しかし、ずっと男だと思われていたとは」
    「今度からさ、ムネに詰め物しといたら?」
    「勘弁してくださいよ。動きにくい」
    「そーよね、アハハ」
     どうやら、晴奈がフォルナを背負ってくれているらしい。
    (コウ……。まさか、女だったなんて)
     フォルナはあまりのショックで、目を覚ましても動けないでいる。
     と、フォルナが目を覚ましたことに気付かず、晴奈がこんなことを言った。
    「しかしフォルナを見ていると、何だか心配になります」
    「なんで?」
    (何故ですの?)
    「小鈴殿も言っていたように、昔の自分に良く似ているからです。あの頃の私を省みると、よくもまあ情熱だけで旅立てたものだ、と呆れてしまう」
    (あら、ひどいわね)
     一向に背負ったフォルナの様子に気付くことなく、晴奈は話を続ける。
    「心配になると言いましたが、同時に何と言うか、守ってやりたい気持ちにもなりますね」
    「ふーん」
     フォルナは薄目で小鈴の方を見てみると、小鈴と目が合った。が、小鈴は何も言わない。
    「どうも私は、年下の者に弱いらしい。この子も何だか、妹のように思えてしまうのです」
    (妹、ですって?)
    「あー、うんうん。晴奈はお姉さんって感じだもんね」
     どうやら、小鈴はまた黙殺するつもりらしい。
    「ちょっとくらいなら、一緒に旅をするのも悪くないかも知れないですね」
    (わたくしも、コウが男だったら一緒に旅を、と思っていたのに)
    「あーら、日上を追うのに邪魔だなんて言ってたくせに」
    「ええ、まあ。……つくづく思うのですが」
     晴奈はため息混じりに答える。
    「やはり、旅の仲間は多い方がいい。一人で黙々と進むより、二人で。二人で淡々と進むより、三人で。
     フォルナの目が覚めたら、頼んでみようかと」
    (お断りよ。わたくし、あなたが男だと思ったからここまで来たのよ)
     フォルナは晴奈に分からないよう、ツンとそっぽを向く。
    (……でも)
     しかし背負われ、密着している背中からは、頼りになるぬくもりを感じる。
    (いいかも知れないわね。どうせ、お城での生活にうんざりしていたもの。それに、悪い人たちでは無さそう。
     そうね、楽しいかも知れないわ)
     フォルナはぎゅっと、晴奈の肩を抱きしめた。
    「ん? フォルナ、起きたか?」
    「あっ、……はい。降ろしていただけます?」
    「ああ」
     晴奈はそっとしゃがみ、フォルナを降ろす。
    「はい、コレあんたの荷物ね」
     フォルナは小鈴から荷物を受け取りながら、晴奈に声をかける。
    「コウ。……話は、聞いておりました。
     その、まあ、一緒に行きたいと言うのであれば、わたくしもやぶさかではありませんわ。付いていっても、よろしいかしら?」
    「ああ、こちらからもお願いする。よろしくな、フォルナ」
    「ええ、よろしくコウ。……でも、女性にしては妙なお名前ね?」
    「ああ、ソレなんだけどねー」
     小鈴が割り込み、晴奈に耳打ちする。3秒ほどで、晴奈の顔が真っ赤になる。
    「……そうでしたか。道理で」
    「どうしたのですか?」
    「あのね、このコウさんは名前と名字を逆に名乗っちゃってたのよ」
    「まあ」
     真相を聞き、フォルナは口に手を当てて笑い出す。
    「うぅ、不覚だ。作法を間違えていたとは。……早く言って下さいよ、小鈴殿」
    「クスクス……」
     小鈴は最後までイタズラ心たっぷりに、晴奈をいじっていた。

    蒼天剣・恋慕録 終

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.04.28 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・恋慕録 6】へ
    • 【蒼天剣・湯治録 1】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    第4部は友人からも、「百合展開マダー?」と言われました(;´∀`)
    確かに、女の子の登場する割合は他の部に比べて大きいので、期待した人も少なくなかった様子。
    しかし「蒼天剣」にそんな描写は、……数話しかありません。

    某桃姫をはじめ、「さらわれ役」にはお姫様が良く似合います。
    この後もう一回、さらわれます。

    NoTitle 

    「実はわたしは女なの」
    「誰にでも欠点はある」


    ……という、「お熱いのがお好き」みたいな展開を期待していたのでちょっとがっかり(←するな!(笑))
    しかし、フォルナちゃん、「さらわれ役」になるために生まれてきたみたいな娘ですなあ。これからどんどんさらわれるのでしょうか。楽しみであります。

    NoTitle 

    晴奈は同性に好かれやすいキャラしてると思います。
    作中でも程度の差はあれ、女の子の気を引く場面が。
    ただ、(残念というか何と言うか)
    「蒼天剣」のキャラに百合属性はほぼありません。
    約一名を除いて。

    竜冒険IVはおうじょが主役でも素寒貧でしたね。
    今思い返してみると、ちょっと残念かも。

    第5章お疲れさまでした!
    最終章も楽しみにしてます。

    NoTitle 

    やはりセイナはかっこいいんでしょうね。
    今のご時世は百合も!!
    ……なんていっても仕方ないですね。
    おうじょがなかまになった。
    1000まんゴールドどうじにてにはいった!!
    …なんて展開だったら、竜冒険も楽でいいんですけどね。
    どうも、LandMです。

    こちらごとですが、おかげさまで5章が終了いたしました!!これまで読んでいただきありがとうございます!!次から最終章になります。今まで以上に頑張る所存なので、これからもよろしくお願いします。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・恋慕録 6】へ
    • 【蒼天剣・湯治録 1】へ