黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第11部

    白猫夢・弄党抄 6

     ←白猫夢・弄党抄 5 →2015年12月携帯待受
    麒麟を巡る話、第593話。
    秩序と軍規の決壊。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     三人が振り返った先には、頭から爪先まで全身真っ黒な、短耳の少女が立っていた。
    「動くなよ、お前ら。逃げようなんてのも、無しだぜ」
    「き、貴様、何者だ!?」
     そう返したイビーザに、少女は薄く笑って返す。
    「妹が世話になったみてーだなぁ」
    「妹?」
    「そう、妹。かわいーい金ピカの狐耳と、ふわっふわの尻尾を9つも持ってるヤツさぁ」
    「なっ……」
    「驚いたやろ? 俺もびっくりしたわー、最初に聞かされた時は」
     牢の中のマロが、嘲るように声を投げかける。
    「カズセちゃん、俺んとこの鍵も開けてくれへん?」
    「分かってら」
     一聖は棒立ちのままの三人の間を素通りし、いとも簡単にマロの牢を破る。
    「どもども」
    「ひでーアザだな。治してやんよ」
     一聖がマロを手当てしている間に、天狐も三人のところに近付いて来る。
    「ま、こう言うワケだ。すべてはお前らだけをココに集めるために仕掛けた、オレとマロの大芝居だったのさ」
     天狐たち三人が、シエナたち三人と対峙する。
    「マークに、と言うより『ロンダ司令』に重要な文書を調べろって言われたら、最高幹部であるアンタら三人で向かうコトは確実。じゃなきゃ情報漏洩につながるからな。
     で、文書が無いってコトに気付けば、あの話はマジなのかと疑う。疑えばいずれ、無線自体もマジなのかって疑うだろーし、ソコに行き着けば、必ずマロを詰問しに来る。最低でもシエナ、お前だけは、な。
     で、後はノコノコと現れたお前らをさらうだけだ」
     次の瞬間、その場にいた全員が地下牢から姿を消した。



     反乱は事実として央中、そして央北の各地で起こっていた。
    「くそっ……、援軍は無いのか!?」
    「期待できん! 党首命令でほとんど出払っているんだからな」
    「本拠に戻るしかあるまい。この街の制圧は最早、絶望的だ」
     支配していた街を追い出された白猫軍たちは、いずれもほうほうの体でクロスセントラルに帰還していく。
    「何と言う失態だ……! 我が白猫党が、こんな敗北を喫するなど!」
    「いや、我々に失態など無い。敢然と戦ったのだ、何も落ち度は無い」
    「むしろ上の責任だろう。これほど人員が不足していなければ、鎮圧できたはずだ」
     集まった兵士たちは、怒りと憤りを互いに増幅し合う。
    「そうだ……! そもそも何故、チューリン党首が我々に命じたのだ?」
    「司令が央北にいれば、こんなことにはならなかったはずだ」
    「そうだ! その司令もチューリン党首によって、央中へ回されている」
    「この敗走の責任は党首にある。党首が馬鹿な指揮を執らなければ……!」
     怒りの矛先はいつしかシエナに向けられ――そしてついに、爆発した。
    「こんなことを許していいのか!?」
     集まってきた兵士たちの中で、一人が叫ぶ。
    「どうした、突然……?」
    「党首が杜撰な指揮を執らなければ、こんな敗北なんかしなくて良かったはずだ!
     お前たちは党首を、シエナ・チューリンを許せるのか!? あいつがいなければ、こうして悲惨な帰還をせずに済んだはずだ! 違うかッ!?」
    「おい、不敬だぞ!」
    「不敬!? 我々は『白猫』党だ! 白猫と、そして白猫の言葉を受ける預言者殿を信じてきたはずだ! 決してチューリンを信じてきたわけではない!」
    「確かに……」
    「言われてみれば」
    「そうだろう!? そもそもチューリンが我が物顔をして党を率いていることこそが、白猫党にとっての異常だ!
     今もチューリンは、本部でのうのうと党主席に座っている! これを正しいと思うのか!? 我々を無残に敗北させ、惨めな目に遭わせておいて、そんなことが許されると思うのか!」
    「……そんなわけが無い!」
    「そうだ、おかしいぞーッ!」
    「許してたまるものかッ!」
     声を荒げ、周りを煽っていた兵士が、続いて叫ぶ。
    「チューリンを党首の座から引きずり下ろしてやれ!
     いいや、それで済ませない! 殺せ! あの鬼畜シエナに、鉄槌を下すんだッ!」
    「おおッ!」
    「いいぞ!」
    「やってやる!」
     兵士たちは沸き立ち、怒涛のごとくクロスセントラルへと走り出した。

     と――扇動していたその兵士が、いつの間にかその流れの最後尾にいる。
     いや、それどころか一団から離れ、やがて立ち止まった。
    「これで良かったですか?」
    「はい」
     どこからか、真っ白なローブをまとった女性が現れる。
    「約束は果たしました。お礼が欲しいんですが」
    「ええ、ここに」
     ローブの女性は懐から、分厚い封筒を取り出す。
    「200万コノンです。来週には倍か、それ以上の価値になっているでしょう」
    「へへ、どうも」
     封筒を受け取り、兵士はその場から離れようとする。それを見て、女性が声をかけた。
    「ああ、そうそう。くれぐれも……」「分かってます。俺も馬鹿じゃない。あんたみたいに怪しい人のことは、もう忘れます。あんたの姿は二度と見ません」「……ええ、ええ。それで結構でございます」
     兵士が自分で言った通り、彼は本当に振り返ること無く、そのまま歩き去って行った。
    「クスクスクスクス」
     一人残った女性――克難訓は、乾いた声で笑う。
    「危険に踏み込まず、利だけを手にする。本当の智者とは案外、ああ言う者であろう。……わたくしのように」
     そう言い残し、難訓もその場から消えた。

    白猫夢・弄党抄 終
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・弄党抄 5】へ
    • 【2015年12月携帯待受】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・弄党抄 5】へ
    • 【2015年12月携帯待受】へ