黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第11部

    白猫夢・天魔抄 3

     ←白猫夢・天魔抄 2 →白猫夢・天魔抄 4
    麒麟を巡る話、第596話。
    Invisible V.S. Invisible。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
    「姉貴」
     それまで一言も発しなかった葛が、口を開いた。
    「なに?」
    「どうしてこんなコトができるの?」
     尋ねた葛に対し、葵はわずかに首を傾げて返す。
    「こんなこと?」
    「ものの10秒かそこらで、3人もボッコボコにした。少しくらいさー、悪いと思ってもいいんじゃない?」
    「襲われたら戦わなきゃ、殺されるもの。正当防衛って言葉、分かる?」
    「バカにしないで。分かるわよ、それくらい。
     あたしが言いたいのは、姉貴の腕があればあそこまでひどい目に遭わせるコト無く、さっと気絶なり何なりさせて、簡単に無力化できるでしょ、ってコトよ。
     コレまでだってカエデさんをわざわざバラバラにしたり、人が死ぬと『見えてて』見殺しにしたり。パパのコトだってそう。
     どうしてこんなコトするの? まさかコレも、白猫の命令? 『できるだけ残酷に殺せ』って言われたの?」
    「……」
     葵は目を細めるが、答えない。
     葛は首をブンブン振り、こう続けた。
    「コントンさんやばーちゃんに『アンタを助けてあげて』って言われてたけど、やっぱり無理。アンタはもう、引き返せないほど真っ黒に汚れ過ぎた。
     もう、あたしの力じゃ救ってあげられない。あたしには、アンタを討つコトしかできない」
    「助ける? 討つ? ……あんたもあたしを、馬鹿にしてるよ」
     葵は構えていた刀を納め、もう一振りの刀――「晴空刀 蒼天」を抜いた。
    「あんたにはそんなこと、どっちもできない」
    「やって見せる。ううん、やらなきゃいけない」
    「無理」
    「無理なんかじゃない」
    「分からない?」
    「アンタに都合のいい理屈なんか、分かりたくもない」
    「理屈じゃない。結果だよ」
    「その結果はアンタの思い込みだ!」
     葛は叫び、飛び掛かる。それをかわし、葵が刀を薙ぐ。
    「ふぅ……ッ!」
     薙いだその瞬間、その場に異様な気配がたなびく。
    「うっ……!」「なに……これ?」
     見守っていた楓とルナが、同時にうめいた。
    「なに……? この……、気持ち悪い感じ……?」
     葛も斬撃をかわしはしたものの、その場から動けないでいる。
     葵は額に汗を浮かべながら、淡々と述べた。
    「セイナばーちゃんが持てば、この刀は唯一無二の聖刀。でもそれ以外の人が持てば、見る人すべてを害する妖刀になる。
     こうして握ってる、あたし自身をも拒むほどに」
    「そう仰ってましたわね。それを抜いたと言うことは、『あれ』を使う気ですわね? あたくしを屠った、あの邪法を」
    「うん」
     葵は呪文を唱え、自らの姿を「晴奈」に変えた。
    《葛、お前に引導を渡してやろう。もうこれ以上、悪あがきをするな》
    「ふざけんな」
     葛は「夜桜」を構え直し、「晴奈」と対峙する。
    「お前なんかセイナばーちゃんじゃない。その顔でゲスなコト、ひとっこともしゃべんな」
    《私に言うことを聞かせようとするならば、力で示したらどうだ?》
    「……やってやんよ」
     葛は大きく深呼吸し、「世界」を飛び出した。
    「もう一度ブッ飛ばしてやる! 『星剣舞』!」
    《やってみるがいい! 『星剣舞』!》
     その場から、二人の姿が消えた。



     平行世界から別の平行世界へと須臾のうちに、いや、瞬息、弾指、刹那――人間には認識できないほど早く、速く、疾く飛び回り、葛と「晴奈」は何十合と斬り結ぶ。
    「ぃやあああああッ!」
    《りゃあああああッ!》
     刀が交錯し合うその衝撃も音も火花も、飛び散る汗や血も、世界と世界の隙間、虚空へと消えていく。
     だが葛には、そんな音も光もダメージも、何も感じられない。「相手を何としてでも倒してやる」と言う決意以外には、何も知覚できていなかった。
    「……っ、……ドコ、にっ」
     意識が漠然とし始める。
     己の感覚が曖昧になり、模糊のように溶けていく。
     自分が今、立っているのか、倒れているのか、微塵も把握できない。
    「……あ……た……し……は……っ……!」
    《限界のようだな、葛》
     忽然と、「晴奈」の声が投げかけられる。
    「……あ……ね……き……い……ぃ……っ……」
    《とどめだ》
     斬られた感覚は無かった。
     ただ、葛は――自分が致命傷を負ったことだけは、実感していた。

     すべての感覚と意識が飛散し、葛は墜落していった。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・天魔抄 2】へ
    • 【白猫夢・天魔抄 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・天魔抄 2】へ
    • 【白猫夢・天魔抄 4】へ