黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第11部

    白猫夢・天魔抄 5

     ←白猫夢・天魔抄 4 →白猫夢・天魔抄 6
    麒麟を巡る話、第598話。
    葛の敗因。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
    「……!」
     葛はがば、と跳ね起きた。
    「……え? ……あれ? ……あたし」
     自分の体を確かめるが、「晴奈」と激闘を繰り広げた痕跡は見られない。
    「死んだ? ……にしてはー、前みたいな薄暗い感じじゃないしー……?」
     とりあえず立ち上がり、周りを確認する。
     そこは央南風の、どこかの家屋のようだが、葛には見覚えが無い。
    「気が付いたか」
     と、縁側から強くはっきりとした、女性の声が飛んでくる。
     庭からの逆光で見辛いが、どうやらそこに座っているのは猫獣人のようだった。
    「あ、あのー」
    「葛、お前は敗れたのだ」
     猫獣人が立ち上がり、葛のところへやって来る。
    「敗れた? あー、やっぱ、そっかー」
    「気落ちはしていないようだな」
    「うん、まあ、ね。どうせ一回、死んだ身だしねー」
    「勘違いしているようだが、お前はまだ死んでいないぞ」
    「え?」
     猫獣人は葛の手を取り、ぐっと握った。
    「痛覚があるだろう? 脈も感じているはずだ。これで死んでいるとは言えまい」
    「あ、うん。確かにちょっと痛いし、ドクドクしてる。
     ……ねえ?」
    「なんだ?」
     葛は首を傾げながら、こう尋ねた。
    「もしかして、ばーちゃん?」
    「うん?」
    「セイナばーちゃんでしょ? 声とか背丈で分かるよー」
    「それも勘違いだな」
     猫獣人は葛から手を離し、くる、と背を向けた。
    「ここは、……何と言えばいいかな、……そう、言うなれば『夢の世界』だな」
    「夢の、……世界?」
    「そうだ。現実の世界に住まうすべての人々の心の奥底の、そのまた奥にある場所だ。いつか天狐が言っていただろう?」
    「あー、聞いた覚えあるかもー。……って、あれ?」
    「どうした?」
    「なんでばーちゃんがソレ、知ってんのー?」
    「だから、私は黄晴奈ではない。
     私はお前や葵、その他の者が知る、『黄晴奈』と言う人物についての記憶や評判、知識の集合体、言うなれば『概念』や『象徴』、『定義』のようなものだ。
     だからお前が以前に見聞きしたことについて、お前たちの記憶から創られた私が知っていたとしても、何の不思議も無いと言うことだ」
    「ん? ……んー」
     もう一度、くる、と踵を返し、猫獣人は呆れた声を漏らした。
    「合点が行かぬ、と言う顔だな。まあいい、ともかく私は限りなく『黄晴奈』に近い、しかし決して『黄晴奈』本人ではない者だ。
     わけが分からぬだろうが、とりあえず私の話を聞いてくれるか?」
    「あ、うん」

     猫獣人は縁側に葛を招き、そこに座るよう促した。
    「お前が葵に敗れた理由が、分かるか?」
    「分かんない。何が何だかって感じだもん」
    「それは、お前が『星剣舞』の何たるかを分かっていないからだ。もっとも葵の方も、ろくに理解していないがな」
    「って言うと?」
     猫獣人も葛の横にすとんと座り、縁側に置かれた「夜桜」の柄をトン、と叩いた。
    「そもそも、お前にとって侍とは、剣士とは何だ?」
    「え? うーん、戦う人かなー」
    「半分正解と言うところだな。だがただ戦うだけでは、それは単なる粗忽者でしか無い。
     戦う者が剣士であると言うのならば、往来で刀を振り回して人に乱暴狼藉を働く者も、お前は剣士であると言うのか?」
    「や、ソレは何か違うかなー。やっぱお侍さんって言ったら、強きをくじき弱きを助けるって言うかー、無益な殺生は好まぬでござるって言うかー」
     葛の回答に、猫獣人はクスっと笑う。
    「ふふふ……、まあ、そんなところだ。
     剣士とは、ただ剣を持つ者に非ずだ。その剣を正しく使う者こそ剣士、侍と称されるのだ。しかるに葛、お前は何を思って『星剣舞』を放った?」
    「んー……、姉貴をブッ倒したいと思って」
    「それは先ほど私が論じた粗忽者と、何が違う?」
    「え?」
    「相対する敵をただ倒したい、殺したいと思うのでは、剣士として三流だ。そんな心持ちでは、『星剣舞』は微塵も操れぬ。
     黄晴奈が『星剣舞』を使ったのは、いずれも『仲間を護りたい』と思った時なのだ」
    「へえ……?」
    「即ち『星剣舞』とは守護の極意。誰かを護ろうと言う断固たる決意が無ければ、ただの粗忽な剣舞にしかならぬのだ」
    「姉貴は使いこなしてるように見えたよー?」
     葛の反論を、猫獣人は静かに首を振って否定する。
    「いや、葵は到底、使いこなしてなどいない。あれは単に、黄晴奈を頭から真似しているだけだ。その本質を理解せず、形だけ繕っているに過ぎぬ。
     だが葛、お前が真に守護の念を以って『星剣舞』を用いたならば、葵の猿真似など一瞬のうちに蹴散らせる」
    「でも、誰を護るの? ルナさんもカエデさんも強いじゃん」
    「護るのは」
     猫獣人は、葛の肩に手を置いた。
    「その葵、本人だ。
     分からぬか? 葵はずっと、一人で戦ってきた。誰にも護ってもらえずにな」
    「自業自得じゃん」
    「呆れた奴だな。本当に分からぬと見える」
    「何が?」
    「葵が戦ってきたのは、白猫とだ」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・天魔抄 4】へ
    • 【白猫夢・天魔抄 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・天魔抄 4】へ
    • 【白猫夢・天魔抄 6】へ