黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第11部

    白猫夢・天魔抄 6

     ←白猫夢・天魔抄 5 →白猫夢・天魔抄 7
    麒麟を巡る話、第599話。
    熱く、たぎる。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
    「えっ?」
     思いもよらない話を聞かされ、葛はきょとんとする。
    「白猫と戦ってきた? 一緒に仕事してたの間違いでしょ?」
    「葵は白猫の奴隷となっているに過ぎぬ。
     だが、そもそも不思議に思わぬか? 葵ほどの才と力に恵まれた不世出の傑物が何故、白猫などの言いなりになっているのかを」
    「自分の予知能力以外の未来になるのが怖いからでしょ? あたしがそう言ったらアイツ、怒ってたもん」
    「お前は本当に、何も知らないのだな」
     猫獣人は葛の額を、ぺちんと叩く。
    「いったー……、何すんのよ!?」
    「もしも葵が白猫と対立すれば、白猫は葵の代わりに誰を籠絡するか、考えたことがあるのか?」
    「え? うーん、姉貴と戦うコトになるんだしー、ソレなりに強い人じゃないとダメだよねー?」
    「そうだ。そこで、葵が使えぬ『星剣舞』を使える者がいたならどうだ?
     そしてそんな稀有な人間が葵の身近にいること、否、現れることを、白猫も葵も互いに、予知能力により知っていたとしたら?」
    「……え?」
     そこで葛は息を呑み、恐る恐る尋ねた。
    「じゃあ、まさか、あたしを?」
    「そう、お前だ。そのために葵は己の幸福と運命を投げ出して、これまでずっと、白猫の奴隷に成り下がってきたのだ」
    「でもアイツ、あたしを殺そうとしたのよ?」
    「白猫が見張っているからだ。少しでも奴の意に沿わぬ行動を執れば――脅威であるお前を排除せず、助けようなどとすれば――『己に従わぬ駒などいらぬ』と、白猫が葵を殺す。
     そして先程お前が冗談交じりで言ったことも、理由の一つなのだ」
    「あたしが、……さっき? 何のコト?」
    「白猫は血を見ることを渇望している。それも無残に屠られ、撒き散らされる、敗者の血をな」
    「ソレって、『白猫から残酷に殺せって命令された』って、その、アレ? ウソ、まさかマジでそんなコト、命令されてたって言うの?」
    「そうだ。無論、葵自身はそんな残虐に手を染めたいなどとは、微塵も思っておらぬ。
     しかし『主』の命に背き、機嫌を損ねれば、さらなる残酷を命じてくることは明白。だから秋也や楓の時のように、でき得る限り、相手が生存できる配慮を重ねていたのだ。葵ならばいつお前や、お前の仲間からの助けが来るか、『見えて』いたのだろうからな。
     そもそも、お前も葵を殺そうとしていたではないか。戦わざるを得ない状況に、お前が追いやっていたのだ。葵が『戦いたくない』と言っていたのにもかかわらず、だ。葵にとってはさぞ、心苦しい状況が続いていただろう。
     まったく、葵はお前のことを思って戦っていたと言うのに、お前ときたら何も分からず、ただ姉を責め立て、殺すことにばかりに気を注いできたと言うのか」
    「……」
     葛は叩かれた額に手を当て、黙り込む。
     その様子を見ていた猫獣人が、続けて諭す。
    「良く考えろ、葛。この先、葵がどうなるかを。
     ずっと白猫の言いなりになって、やがて葵は、そのために命を落とすだろう。だがそれで終わりにならぬ。
     きっと葵の魂も、永遠に白猫によってこき使われることとなるだろう。死してなお、葵は白猫の奴隷となり続けるのだ」
    「ひどい! そんなのって、……っ」
     これまで憎いと思っていたのに――葛の口から思わず、そんな言葉が漏れていた。
    「葛」
     とうとうと語ってきた猫獣人は、葛を見据え、静かに尋ねてきた。
    「お前は、誰を護るべきだ? 誰から、護るべきだ?」
    「……」
     葛は無言で「夜桜」をつかみ、立ち上がる。
    「分かったようだな」
    「うん」
    「くれぐれも忘れるな。それが心にある限り、お前は『星剣舞』を自在に操れるはずだ」
     葛は無言でうなずき――その場から姿を消した。



    《『人鬼・火術』。これに『炎剣舞』の炎を加えれば……》
     周囲に巻き起こった炎は「渾沌」に集約され、一層激しく燃え上がる。
    《かつて晴奈とわたしが一度だけ協力して出したこの大技も、簡単に使えるってわけ》
    「……~ッ!」
     炎は赤を超えて真っ青に、そして白色に近付き――ルナを飲み込んだかに見えた。
    「……ん? ……あれ?」
     だが次の瞬間、白色の炎は四散し、その場から消える。
     いや、火が消えただけではない。それほどの高温を孕む炎が発生すれば、周囲の空気が相応に煮えたぎるはずなのだが、それも無い。央北の短い夏の夜としては平均的な、多少汗ばむ程度のものでしかない。
     結果として、ルナはまったくの無傷で、その場に立っていた。
    《これは……?》
    予想外、いや、「予知」外だったのだろう。「渾沌」がいぶかしむような声を上げる。
    《火が、……いいえ、『火術』が斬られた? ……ああ、そう言うこと》
     元の姿に戻った葵は、いつの間にかルナの前に立っていた葛に刀を向ける。
    「帰って来たんだね、カズラ。……この直後の未来、あたしにはこう見えてた。
     その、ルナって人はあたしの技で丸焦げになった。全身が炭化するまで燃え尽きて、ぼろぼろっと崩れて死んでたはずだった。そこで座り込んでるカエデさんに『ごめん』って言い遺してね。
     でもそうはならなかった。またあんたが、あたしの未来予知を壊した。……あんたは、どこまであたしの邪魔をすれば気が済むの?」
    「アンタが降参するまでよ」
     葛はすう、と息を吸い込み、刀を構える。
     その所作を見て、ルナは息を呑んでいた。
    「葛、……似てる」
    「どなたに、ですの?」
     ルナの背後にいた楓が、恐る恐る尋ねる。
     ルナは後ずさりしながら、ぽつりぽつりと、こう返した。
    「あたしが一番かっこいいと思った――ずーっと嫌いだったけど、一度だけ、うっかり、そう感じちゃった時の――あたしの、母さんに」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・天魔抄 5】へ
    • 【白猫夢・天魔抄 7】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    非常に長文のコメント、ご苦労さまです。
    ただ率直に言うと、要点がよく分からず、
    何を言いたいのか把握できかねます。
    とにかく今、非常に苦労されていると言うことは伝わりました。
    心中、お察しします。

    管理人のみ閲覧できます 

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・天魔抄 5】へ
    • 【白猫夢・天魔抄 7】へ