黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第11部

    白猫夢・天魔抄 7

     ←白猫夢・天魔抄 6 →白猫夢・天魔抄 8
    麒麟を巡る話、第600話。
    すべてを超えて。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
    「まだやる気?」
     淡々と尋ねる葵に、葛ははっきりと答えた。
    「やるよ。あたしは、アンタを、倒す」
    「そう」
     葵は短く返し、再び「晴奈」に姿を変えた。
    《懲りない奴だな、葛》
    「……」
    《いいだろう。今度こそ、引導を渡してやる!》
    「晴奈」の姿が消える。
     それを受けて、葛も姿を消した。

     夢の世界での箴言(しんげん)を受け、葛の心中は一変していた。
    (倒す。その気持ちは変わらない。でも『殺す』じゃない)
     次元と次元の間で、葛はまた、「晴奈」と対峙する。
    (あたしは姉貴を倒す。倒して、救う)
     だが先程とは違い、葛は自身の感覚を一欠片も失ってはいなかった。
    (もうコレ以上)
    《食らうがいい!》
    「晴奈」の斬撃が迫る。
    (あたしはもうコレ以上、アンタに)
     葛の刀が動く。
    (アンタに――)
     その刃が、そして葛自身が、「晴奈」の剣閃と交錯する。
    (アンタに、罪を負わせやしない! コレで全部、終わりにしてやるッ!)
     だが、その剣閃は葛の何物をも切り裂くこと無く、素通りした。
    《なにッ!?》
    「りゃああああああーッ!」
     葛の刀が、「晴奈」を真っ二つに切断した。

    「……う、っ……」
     どこからか、うめき声が響く。
    「葵!」
     その声が、屋上の出入口の壁から聞こえてくることに、ルナが気付く。
     葵は壁に埋まり込んでおり、その左肩から右腰にかけて、刀傷が走っている。
     そして右手に握られていた「蒼天」の刃は、半分になっていた。
    「……あたし……が……」
     葵は血を吐きながら、呆然とした様子でつぶやく。
    「……まけ……た……?」
    「そーだよ」
     葛が現れる。その手には「夜桜」と、「蒼天」の残り半分とが握られていた。
    「まだやる? アンタの奥義と得物、真っ二つにしたけど」
    「……」
     葵はのろのろと首を上げたが、やがてかくんと落とした。
    「……やらない」
    「ねえ、姉貴。この勝負、あたしの勝ち? それともアンタ?」
     不敵に笑う葛に、葵はまたのろのろと首を上げ、淡々と返した。
    「認める。あたしの負け。あんたの、勝ちだよ」
    「ようし」
     葛は満足げにうなずき、刀を収め――ぐすぐすと泣き始めた。
    「……終わったよね」
    「……」
    「コレで、アンタの悪夢は、終わったよね」
    「……」
    「コレで、アンタはもう、鬼や悪魔みたいなコト、しなくて、済むんだよね」
    「……カズラ」
    「戻って来てよ、姉貴。あたしたちのトコに。
     テンコちゃんとか、カズセちゃんなら、アンタに二度と、白猫に会わせないように、できるって言ってる。もう、会わなくて済むんだよ。
     だからもう、コレ以上、白猫の言うコト、聞かなくて、いいんだよぉ……」
    「……っ」
     あれだけ吐血し、傷だらけになっても、ずっと無表情のままだった葵の目から、ぽたっと涙がこぼれた。
    「……あたしは、カズラ、……あたしはっ」
    「がえっでぎでよぉ、ねえぢゃああああん」
     葛はその場にへたり込み、大声で泣き出す。
    「……うん……うん……帰るよ……うん……」
     葵もボタボタと、涙を流していた。



     夜が明け、熱狂の渦に呑まれていた白猫軍も、ようやく落ち着きを見せ始めていた。
    「チューリン党首、イビーザ幹事長、そしてトレッド政務部長は見つからず、か」
    「どうやら我々の蜂起を察して、逃げたらしいな」
    「預言者殿と思われる方も見当たらなかった」
    「そうだな。……どうする?」
     誰からとも無く、その疑問が投げかけられる。
    「どう、って」
    「我々は党本部を占拠した。党首をはじめとして、長となる者は不在だ。となれば誰かが代行しなければならんだろう。
     まさか占拠したまま放っておくわけにも行かないし」
    「そりゃそうだが……」
     兵士たちは荒らされた中庭に集まり、今後を相談し合う。
    「あ、そうだ」
     と、一人が手を挙げる。
    「ロンダ司令は、まだ央中に?」
    「そのはずだ」
    「司令を長として立てると言うのはどうだ?」
    「ふむ……」
    「無線設備は無事だろうな?」
    「応援を防ぐため、真っ先に占拠したからな。重大な損傷はあるまい」
    「だが、昨日時点で既に、カンバスボックス基地の雲行きは怪しかった。無事だといいのだが……」
     兵士たちは通信室に向かい、基地の状況を確かめることにした。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    とうとう600話到達。「蒼天剣」の総話数、594話を超えました。
    まさに「すべてを超えて」。

    あと40話弱で完結です。
    個人的には残念なことに、今年中には完結に至りませんでした。
    待受やその他ドット絵を掲載する関係上、恐らく1日か2日、年をまたぐことになります。
    何とか年内に収めたかったんですが、仕方無いですね。

    現在、3作ほど並行して執筆中。DWと次回作と双月世界小話。正直に言うと、迷走しています。
    どれか一本に絞って書くべきなのでしょうが、どれも今現在、まとまったアイデアに恵まれず、試し試し書いてる状態。
    とは言え、一番に仕上げるべきはDW。また半年とか一年も時間を開けてしまうのは、個人的にかなり気持ちが悪いので。
    こちらは今のところ、20%くらいの出来です。

    話を戻します。
    「白猫夢」、残り40話弱。
    最後までご笑覧いただければ幸いです。
    関連記事


    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・天魔抄 6】へ
    • 【白猫夢・天魔抄 8】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・天魔抄 6】へ
    • 【白猫夢・天魔抄 8】へ