黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第11部

    白猫夢・天魔抄 8

     ←白猫夢・天魔抄 7 →業務連絡;はっきりさせておきたい、僕に関する件
    麒麟を巡る話、第601話。
    震撼する白猫党。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    8.
    「こちらHQ。こちらHQ。カンバスボックス基地、応答願います」
     通信電波を送り、兵士たちは固唾を呑んで応答を待――とうとした。
     ところが昨日の混乱が無かったかのように、応答はすぐ返って来た。
    《こちらカンバスボックス基地、HQどうぞ》
    「無事なのか?」
    《無事? 無事とはどう言う意味か?》
    「ん……?」
     呑気な応答に、兵士たちは顔を見合わせた。
    「昨日1230時、カンバスボックス基地に反乱の徒が押し寄せ、襲撃されていたとの連絡を受けていたのだが」
    《はぁ? いや、そんな事実は無い》
    「へ?」
     思ってもいない返答を受け、ふたたび顔を見合わせる。
    「も、もう一度確認する。カンバスボックス基地は襲撃されていない、と?」
    《その通りだ。央南と西方の蜂起で忙しくしてはいるが、当基地が襲撃に遭ったと言う事実は無い》
    「……マジで?」
     三度、全員が顔を見合わせ――全員が真っ青になった。
    「お、おい?」
    「じゃ、じゃあ?」
    「反乱って、……無かったってことなのか?」
    「いや、待て、そんな馬鹿な。事実として、我々は街から追い出されたではないか」
    「だ、だよな」
    《反乱とは何のことだ? HQ、応答せよ》
     無線機の向こうから、いぶかしむ声が聞こえてくる。
    「あ、あの、いえ、えーと」
    《落ち着いて話せ。……あ、はい》
     と、無線機の声が変わる。
    《無線を代わった。私はミゲル・ロンダ司令だ。
     貴君らの身に、そして党本部に何が起こっていたのか、……そうだな、その1230時辺りから、詳しく話してくれるかね?》

     この1日の間に起こった出来事を兵士たちがすべて説明し終えた途端、無線からうめき声が流れた。
    《ううむ……、何と言うことだ。まず確認したいのだが、貴君らが党本部を占拠したと?》
    「は、はい」
    《そして党最高幹部の半分が行方不明。預言者殿も不在である、と》
    「そうであります」
    《……ふむ》
     ロンダの声には依然として困惑した様子があったが、どこか喜んでいるような気配も感じられる。
    《分かった。現在、白猫軍の管理下にあると言うことであれば、私がその指揮を執っても構わんだろうか?
     もしも貴君らが自分の手で占領・統治したいと言うことであれば、相応の対処を講じるつもりだが》
    「い、いえ!」
    「滅相もございません!」
    「どうか指揮をお願いいたします、閣下、いえ、総裁!」
     それを受けて、無線機からロンダの噴き出す声が返って来た。
    《ぶふっ……、ははは、総裁と来たか。いや、しかしそうか。私が総裁となるわけだな。
     了承した。本日を以って私、ミゲル・ロンダが、白猫党党首の任を拝領する》



     数日後――央中、ゴールドコースト市国の、どこかの通り。
    《号外! 号外っ! 白猫党が央中から引き上げるらしいぞーっ!》
     通りの端から端まで響き渡るような拡声器からの声が、央中の人間にとっては福音とも言えるニュースを報じていた。
     人々は盛大に撒かれた瓦版を手に取り、興味深そうな目を紙面に向ける。
    「なになに……、『白猫党内乱終結 新党首にロンダ氏』?」
    「『新党首の意向か 央南と西方での戦闘が終息』、『党首声明 戦線拡大行わない方針』、『反乱地域との停戦交渉はじまる』、……これ、本当なのか?」
    「本当だったら、えらいことになる。少なくとも向こうさんの株はガタ落ちだろうな」
    「ああ、新聞にも書いてる。『クラム連日暴落 5年前の水準を下回るか』だってさ」
    「でも本当だったら嬉しいよ。5年も会ってない親戚が、白猫党の陣地にいるから」
    「分かるわー」
     央中を揺るがす事変に、人々は釘付けになっていた。

     その騒ぎが無かったとしても、恐らく彼女は、誰にも気付かれなかっただろう。
    「クスクスクスクス」
     彼女も瓦版を手に取り、笑みを浮かべている。
    「予想通りに事が運んだものだ。これでわたくしの資産はまた、大きく膨れ上がるだろう」
    「流石でございます、主様」
    「おめでとうございます、主様」
     揃って主を褒め称える人形たちに、難訓は薄い笑みを見せる。
    「ああ、ああ。しかしまだ、あと一つ足らぬ。それが分かるか、お前たち」
    「いいえ」
    「分かりかねます」
    「見せてやろう。付いてくるがいい」
     そう言って――難訓と人形たちは、その場から消えた。

    白猫夢・天魔抄 終
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・天魔抄 7】へ
    • 【業務連絡;はっきりさせておきたい、僕に関する件】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・天魔抄 7】へ
    • 【業務連絡;はっきりさせておきたい、僕に関する件】へ