黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第11部

    白猫夢・伏傑抄 5

     ←白猫夢・伏傑抄 4 →白猫夢・伏傑抄 6
    麒麟を巡る話、第606話。
    獲麟の算段。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
    「言ってみろ」
     尋ねた大火に、葵はこう答えた。
    「白猫だよ。あいつがあたしに『ポゼッション』を教えたんだもの。
     正確に言えば教わったのは半分程度だし、残り半分はあたしが完成させたんだけど、元々研究してたのはあいつの方。『お前が使う方が相性がいいだろう』って言って、研究を引き継がせたんだし、あの人ならあたしが知らない何かを知ってるかも知れない」
    「ふむ」
     大火はそれだけ返し、葵をじっと見る。
    「……」
     葵の方も大火に目を向けたまま、何も言わない。
    「つ、つまり?」
     沈黙に耐えかねたらしく、マークが尋ねた。
    「白猫ともう一度会って、この術の副作用に対する治療法を聞くってことだよ」
    「会う? でも、もうプロテクトされてるんですよね?」
    「そうだ」
     一聖が答えつつ、苦い顔をする。
    「だけどな、かかってなかったとしても、あるいは解除したとしても、もう二度と白猫にゃ会っちゃならねー。
     一連のゴタゴタで白猫はブチギレてるはずだ。『自分の下僕のくせに逃げ出しやがって』っつってな。そんな状態のアイツにもう一度会ったら、間違い無く殺されるぞ」
    「うん。今、夢の世界で白猫に会ったとしたら、その時点で即死すると思う」
     応じて、葵がこう続ける。
    「夢の中なら、彼女に不可能なことは何一つ無い。その気になれば『突き落とされて溶鉱炉の中に沈む』みたいなシチュエーションの夢に放り込まれ、一瞬で心を殺されて、廃人にされかねないもの。
     だから夢の中に入る案は、わたしも賛成できないわね」
    「また口調変わってる。それって師匠?」
    「……かな」
     葵はごしごしと顔をこすり、とろんとしていた目を若干はっきりさせる。
    「だから、現実で会いに行く」
    「何だと?」
    「現実のこの世界で白猫の本体、つまり克麒麟と接触して、この術のことを聞き出す」
    「お前は自分が何を言っているのか分かっているのか?」
     呆れと憤りの混じった大火のその声に、その場が静まり返った。
    「危険は理解してる。そこまで頭、おかしくなってないよ。
     あなたにとっても、大きなメリットがある話だと思うけど」
    「『システム』か」
    「そう。キリンの『システム』を解除すれば、そこに回してる魔力があなたに返って来る。『システム』1基分の魔力が戻ってくれば、完全とは行かないまでも、8割か、9割は回復できると思う」
    「確かにな。だがデメリットも大きい。あいつが復活しようものなら、世界がふたたび混乱、無明の中に陥る危険がある。
     あいつもまた、世界を支配せんと画策していたし、そしてそれを実行に移せるだけの力も有している。封印から放たれれば、すぐさま己の思うがままの世界に作り変えんと目論見、全世界に向けて高出力・超々広範囲の攻撃魔術を乱射しかねん。
     前回は俺を侮ったがために敗北し、運良く封印することができたが、今もう一度世に放たれれば、再度封じられる可能性は極めて低い。得策とは言えん」
    「でもこれ以外の……」
     葵が反論しかけた、その時だった。
    「ルナさん、いる!?」
     バタバタと足音を立てて、病室にフィオが転がり込んできた。
    「いるわよ、うるさいわね。ここ、病室よ? 葵もいるし」
    「あ、ごめん」
    「で、どうしたの?」
    「あの3人がいないんだ!」
    「どの? ……え、まさか?」
    「そのまさかだよ! シエナたちが……」
     説明しようとするフィオに、ルナは掌をかざして制止する。
    「待って。あんたの説明だと分かりにくいわ。パラは?」
    「ここです」
     遅れて、パラも病室に入ってくる。
    「状況を説明して」
    「はい。20分ほど前、わたくしとフィオがシエナ・チューリンたち白猫党最高幹部3名を拘留している『貧乏神邸』を訪ねたところ、同3名が屋敷内に不在であることを確認いたしました」
    「もしかして、『貧乏神邸』が襲われたの!?」
     屋敷に住んでいるマークが、顔を真っ青にする。
    「シャランとルーは!? 他の人も無事なの!?」
    「その点については問題は見受けられませんでした。なお、3名の不在については、シャランおよび屋敷の使用人全員が気付かなかったとのことです」
     皆の無事を伝えられ、一転、マークはほっと息をつく。
    「そ、そっか。でも一体、どうやって逃げたんだろう?」
    「状況説明を続けます。
     屋敷内、および屋敷の付近100メートルを捜索しましたが、該当の3名の姿は見付かりませんでした。
     また、屋敷内外の数ヶ所に空間振動痕が検出されたことから、第三者が『テレポート』を使用して3名を逃した可能性が最も高いと思われます」
    「……ふむ」
     この報告を聞き、大火が顔をしかめた。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・伏傑抄 4】へ
    • 【白猫夢・伏傑抄 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・伏傑抄 4】へ
    • 【白猫夢・伏傑抄 6】へ