黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第11部

    白猫夢・伏傑抄 7

     ←白猫夢・伏傑抄 6 →カウンタ素材;オーナメント
    麒麟を巡る話、第608話。
    きっと、未来は変えられる。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
     大火は葵の案を受け、周囲を見渡す。
    「だが万一を考え、どちらにも同行者を付けることとしよう。
     俺の方は渾沌と、……そうだな、ルナ。お前も来い」
    「了解よ。人形対策に楓とウォーレン、それからフィオとパラも連れて行きましょう」
    「ああ、そうだな」
    「え」
     これを聞いて、フィオが声を上げる。
    「待ってよ、パラも連れて行くの?」
    「連れて行くわよ。大事な戦力だし」
    「でも、ナンクンの人形ってことは」「フィオ」
     と、パラがフィオをさえぎる。
    「アオイとカズラに白猫との因縁、宿命があるように、わたくしにもわたくしの因縁と宿命があります。
     わたくしは行かなければなりません」
    「……君が、そう言うなら」
     フィオが渋々と言った様子で黙ったところで、大火が話を続ける。
    「俺の方はそれだけいれば十分だろう。
     麒麟の方は葵と葛と、……そうだな、一聖。お前が援護してやれ。可能ならば天狐も連れて行け」
    「おう。……あ、ならもしかしたら、モールの奴も来てくれるかも。天狐んトコに入り浸ってるし」
    「あいつか。……そうだな、助けは多い方がいい。
     よし、早速動くぞ。葵、麒麟の封印地へ直行できる魔法陣を貸してやろう」
     そう言って、大火はあの金と紫に光る手帳から、一枚抜き取った。
    「これを使えば、あいつのところまですぐに行ける。
     俺たちは渾沌と合流し、奴のいそうな場所へ向かう」
    「分かった」
     葵は大火から魔法陣を受け取り、ベッドから出る。
    「……、マークくん」
    「はい」
     途端に、葵の顔色が悪くなった。
    「鎮痛剤、打って。まだ、痛い」
    「無茶ですよ……。そりゃ今は緊急だってことは分かってますけど、でも、今打ってる量だってかなりギリギリなんです。これ以上打ったら永眠しかねませんよ」
    「大丈夫。寝てられないもの」
     葵の頑とした態度に、マークが折れた。
    「……本当に、ギリギリなんですからね。これだけです」
     マークはかばんから注射器と薬を取り出し、葵の腕を取った。
    「これ以上は本当に、絶対にダメです。帰って来てもしばらく打てません。それでもいいですか?」
    「いい」
    「……分かりました」
     鎮痛剤が打たれ、葵の顔色が――さらに悪くなる。
    「……うっ……あ……」
    「目まいがひどいでしょう? 本当ならこのまま、安静にしていてほしいくらいなんです」
    「……だい……じょう……ぶ」
     葵は小さく首を振り、葛に手招きした。
    「カズラ。着替えたいから、手を貸して」
    「分かった」
     葛は葵の側に寄り、周りに声をかけた。
    「みんな、ちょっと出てて」

     二人きりになったところで、葛は葵の寝間着を脱がせ始める。
    「散々マークくんから言われてたけどさー、……大丈夫? ふらっふらじゃん」
    「大丈夫」
     そう答えるが、葛にはその言葉は信じられなかった。
     服を脱がせた葵の体は、あちこちに傷と、体の変異から来る赤茶けたシミや腫れが広がっており、全体的に痩せ細って見えたからだ。
    「……『体がボロボロ』って、マジでこんな状態だよね」
    「仕方無いよ」
    「何がよ」
     服を着せながら、葛は憤った声を上げる。
    「15年くらい前、一緒にお風呂入った時はさ、すべすべだったじゃん、姉貴。
     なんでこんなになるまで……!」
    「白猫に従う以上、仕方無かった。拒否すれば……」
    「したら良かったのに。あたしを巻き込めば、こんなにひどくなるコトだって無かったかも知れないじゃん」
    「あたしはそれが嫌だった。今のあたしみたいに、あんたをこんな風に、ボロボロにしたくなかった」
    「……ばか」
     着替えを終え、葛は葵に刀を渡した。
    「『蒼天』はカズセちゃんが直したらしいけど、アレ以上使わせるワケに行かないから、今まで姉貴が持ってたふつーのヤツだよ」
    「それでいい。どっちみち、『ポゼッション』はもうこれ以上使えないし。
     ……ねえ、カズラ」
    「ん?」
    「正直に言うよ。あたしの『見た』、未来を。
     あたしたちは負ける。白猫はキリンになって復活する。あたしが『見られる』未来は今、30通りくらいあるけど、そのすべてであたしたちは負けてた」
    「えっ……」
    「でも、希望はある。あんたが『星剣舞』を使えば、その予知を上回ることができる。
     もしかしたらあたしに見えなかった、31番目の新しい未来が生まれるかも知れない」
    「……期待するしかないね」
     二人は顔を見合わせ、同時につぶやいた。
    「きっと、うまく行く」「きっと、うまくやってみせる」

    白猫夢・伏傑抄 終
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・伏傑抄 6】へ
    • 【カウンタ素材;オーナメント】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・伏傑抄 6】へ
    • 【カウンタ素材;オーナメント】へ