黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第11部

    白猫夢・封魔抄 2

     ←白猫夢・封魔抄 1 →白猫夢・封魔抄 3
    麒麟を巡る話、第616話。
    ルナとパラの縁。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
    「質問がございます」
     パラに声をかけられ、一聖は意外そうな目を向けた。
    「お? 珍しいな、お前がオレに声かけるなんて」
    「はい。どうしても、気になることがございました故」
    「なんだ?」
    「わたくしが元主様、……いいえ、克難訓と戦うことになった場合、わたくしは無事でいられるのでしょうか?」
    「……んー」
     そう問われ、一聖は首を傾げてうなる。
    「どう言う意味でだ? 報復を受けるかもって意味でか?」
    「それも懸念しておりますが、わたくしが恐れているのは、難訓によってふたたび、人形に戻されてしまうのでは無いか、と」
    「なるほどな。まあ、確かにそのまんま人形から人間にしてた場合なら、簡単に戻されちまうかも知れねーな」
    「『そのまま』?」
     今度はパラが首を傾げる。
    「では、わたくしは人形からそのまま人間になったわけではない、と言うことでしょうか?」
    「おう。……ま、内緒にしてくれって言われたワケでもねーから言っちまうけど」
     そう前置きし、一聖はいたずらっぽく笑った。
    「お前のお袋さんからちょこっと、拝借した部分がある。血とか、色々な」
    「え?」
    「と言うより、アイツが頼み込んだんだ。『少しでもあの子とあたしに、つながりがほしいの』つって、な」
    「……それは」「言っとくが、今までつながりを感じてなかったってワケじゃねーぜ。アイツが言ったのは、『血のつながり』だ」
     一聖は肩をすくめ、こう続ける。
    「アイツにゃ自分が血を分けた子供ってのがいねーからな。ソコにお前さんだ。人形だった頃から、義理の娘として扱ってたんだ。
     ソレが本物の人間になるってんなら、関係だって実子に近づけられたらいいなって言う、アイツのかわいい願望さ。
     つってもそんなもん、オレからすりゃ大した違いにゃ思えねーんだけどな。実の親だろーが何だろーが、人によっちゃ……」「あ、だから、……いえ」
     言いかけて口をつぐんだパラに、話を遮られた一聖が口をとがらせる。
    「何だよ? はっきり言えって」
    「あの……、母にはわたくしが言ったと言うことを、内緒にして下さい。
     わたくしが人間になった日の朝、母のことを『お母さん』と呼んだ時、涙を流されたのです。それはきっと、『わたくしが本物の娘になってくれた』と感じたからなのでしょう」
    「なるほどな。そりゃ感動もするさ」
     一聖はニヤニヤ笑いながら、パラの手を取った。
    「大事にしてやれよ」
    「勿論です。わたくしが母と慕い、愛する人は、ルナ・フラウスただ一人ですから」
    「ケケケ……、そっか。そう言やオレもお前も、あの狂人が実の母みたいなもんなんだよな。そして同じく、アイツを母と慕えないヤツ同士でもある。
     案外さ、他の人形たちもそう思ってたりして、な」
    「そうだとしたら、とても素敵なのですが」
     そう返し、パラはおかしそうに笑った。



     巨大な槍を手にした灰と青のドレスが、パラたちに向かって猛然と突進してくる。
    「はああああッ!」
     フィオはそれをかわし、剣を相手の背中に向かって振るう。
    「それッ!」
     だが、振り下ろされた剣が空中で阻まれる。
    「くそ、『マジックシールド』か!」
    「そう簡単には、我が姉妹に傷を負わせるわけにはなりません故」
     そう返しつつ、魔杖を持った灰と赤のドレスが迫る。
    「では先に謝罪しておきます」
     その背後から、パラが剣を振り上げて飛びかかった。
    「あなたは?」
     灰赤のドレスが振り返り、持っていた魔杖でパラの剣を止める。
    「わたくしたちに、似ている、ような」
    「パラ・フラウスと申します。それがわたくしの名前です」
     互いに競り合いから離れ、灰赤が小さく頭を下げた。
    「申し遅れました。わたくしの名前は、コロネットでございます。そちらの姉妹は、チャージャー」
    「では、コロネット。そして、チャージャー。二人ともその名前、捨ててしまいなさい」
     そう返したパラに、人形たちは目を丸くして見せた。
    「まあまあまあまあ、何を仰るやら」
    「主様から賜った名を捨てるなど、とんでもございません」
     彼女たちの反応に、パラは嘆息した。
    「残念です。やはりわたくしやわたくしの姉は、稀有な存在だったのでしょうか?」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・封魔抄 1】へ
    • 【白猫夢・封魔抄 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・封魔抄 1】へ
    • 【白猫夢・封魔抄 3】へ