黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第11部

    白猫夢・封魔抄 3

     ←白猫夢・封魔抄 2 →白猫夢・封魔抄 4
    麒麟を巡る話、第617話。
    三魔女の策略。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
    「策を仕掛ける?」
     尋ね返した渾沌に、ルナは「ええ」とうなずく。
    「魔力の無い状態で大先生が接近すれば、難訓は罠があるものと警戒するわ。そうなれば難訓はあたしたちの手を探るため、人形を差し向けてくる。
     ここまでは、容易に予想が付くわ」
    「そうね。そこでわたしたちが出張り、機を見計らって先生の魔力を復旧させる。人形たちを一掃し、難訓一人になったところを囲み、首尾よく行くなら拘束および封印、うまく行かなくとも撤退させる、……そう言う手筈だけど」
    「でもその作戦、人形のことを軽視してると思うんだけど。確かに大先生が本調子に戻れば、人形が10体いようと100体いようと一掃できるでしょうね。
     でもその前に先生が拘束されるか、もしくは重傷を負ったら?」
    「……そうね。確かに前科があるわね、先生。神話にされるレベルで」
    「でしょ? あの人いつも自信満々だけど、時々とんでもないポカするじゃない。魔力無くしたのだって、白猫の研究所に無警戒でホイホイ飛び込んだからだし」
    「言えてるわね。わたしもとばっちり受けたし。
     となると先生をフォローする形で、もう少し策をひねっておいた方がいいわね」
     と、二人で話し合っているところに、一聖がやって来た。
    「さっきパラと話してたんだが、いい手を思い付いたぜ。お前らが話してたコトと絡めれば、とことん難訓をコケにできるかも知れねー」
    「え?」
    「いいか、こーゆー手だ」
     一聖はルナと渾沌を引き寄せ、こしょこしょと耳打ちした。



     フュージョンが剣を振り上げ、ルナとの距離を詰める。
    「しぇあッ! りゃあああッ!」
     ルナも刀を抜き、フュージョンの攻撃を弾く。
    「なかなかいい剣さばきじゃない」
    「わたくしの本領は、データの収集にございます故」
    「……?」
     フュージョンの言葉の意味を図りかね、ルナはわずかに首を傾げた。
    「どう言う意味かしら」
    「わたくしは様々なデータを集め、この身に蓄積して参りました。フュージョン(融合)の名は、それに因みます。
     わたくしたちの前世代が集めた、対克大火様を含めた戦闘データ。わたくしたち世代が集めた、あなた方のデータ。
     故にわたくしは、あなた方のことを知り尽くしていると言っても、過言ではございません」
     そう言って、フュージョンは剣を構え直す。
    「ちなみに申しますと、あなた方が破壊したトリノ、シェベル、そしてインパラのデータも、わたくしの中に蓄積されております。
     3人の恨みもまた、わたくしの中に……」「シェベルとインパラの恨み?」
     それを聞いて、ルナは鼻で笑う。
    「もしかしてあんた、データの転送が止まったら、そいつが死んだものって思ってるの?」
    「結果的には相違が無いものと思われますが」
    「結果から言えば、全然違う話よ。……ま、聞きたいならその辺り、きっちり説明してあげてもいいけど?」
    「不要でございます」
     フュージョンはそう返し、ふたたび剣を振り上げて襲いかかってきた。
    「あー、なるほどね」
     それを見たルナはかわしざまに体勢を落とし、足払い気味に蹴りを放つ。
    「昔のパラの癖があるわ。上段から振り下ろして、次は横に薙ぐって言う、二段構えの斬り方。
     それだと二太刀目、どうしても左脚の荷重が抜けるから、そこ蹴飛ばされたら体勢崩すわよっつって、やめさせたのよね。
     あの子は見た目より重たいから、体勢崩すと転びやすいし。あんたもよね?」
    「えっ……」
     ルナの言う通り、左脚を蹴飛ばされたフュージョンは、後方に大きくのけぞっている。
     その隙を狙い、ルナは肘鉄をフュージョンの鳩尾に叩きつけた。
    「あわっ!?」
     人形である故に、人体の急所がそのまま弱点とはならないが――それでものけぞったところに後押しされ、フュージョンは完全に倒れた。
    「う、く……」
     上半身を起こしかけたところで、ルナの右足がフュージョンの胸を押し付ける。
     そして彼女の鼻先に刀が突きつけられたところで、ルナはニヤッと笑った。
    「なんでそんなこと知ってるのか、って言いたげね。それとも、もう何かしら気付いてるんじゃない?
     丁度今、あんたのご主人様は別のことに気を取られてる真っ最中だから、戦ってる振りしてくれればその間に全部教えてあげるけど、どうする?」
    「……」
     フュージョンはルナの脚をつかみ、押し返しながらも、小声で返事した。
    「応じます。ご教授をお願いいたします」
    「よしよし」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・封魔抄 2】へ
    • 【白猫夢・封魔抄 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・封魔抄 2】へ
    • 【白猫夢・封魔抄 4】へ