黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第11部

    白猫夢・封魔抄 5

     ←白猫夢・封魔抄 4 →白猫夢・封魔抄 6
    麒麟を巡る話、第619話。
    最大級の罵倒と侮辱。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
    「……え?」
     全くの予想外だったのだろう――難訓の口から、虚を突かれたような声が漏れた。
    「自爆でもさせるつもりだったのかしら? それともゴールドコーストの時みたいに『データ集め』をさせて、強化した人形に殲滅させようって?」
    「お、お前は? あの方では……!?」
    「見事に引っかかってくれたわね。わたしが先生じゃないって、全然気付いてなかったでしょ?
     流石は葵が作った術だわ。あなたすら、こんなにあっけなく騙せるほどだもの」
    「お前は誰だ!?」
     難訓の声色が変わる。
     そして同時に――大火も渾沌に、姿を変えた。
    「克渾沌。克大火の九番弟子よ」
    「あの方はどこにいる!? いつから、お前と……!?」
    「入れ替わったのは、あなたへ最初に攻撃を仕掛けた時。
     いくらあなたでも、あれだけ撃ち込まれれば、どうしても意識はそっちに向かうし、どんなに短時間でも魔術を発動させるには、集中しなきゃならない。
     先生から目を離したその一瞬で、わたしと先生は入れ替わってたのよ。後はずっとあなたをにらんで、気を引いてたってわけ。
     ついでに言うと、もう既に先生の魔力は回復したわよ。ご自慢のゴーレム部隊も、葵たちの敵じゃなかったみたいね」
    「質問に答えろ! あの方はどこにいるのだ!?」
    「いまさらそれを聞いても、仕方無いんじゃないかしら?
     もう手遅れよ。あなたの勝ちは、もうあり得ない」
     難訓の顔に、ふつふつと怒りが満ち始める。
    「貴様あああああ……ッ!」
    「もう一つ教えてあげる。あなたの可愛いお人形さんたちは、わたしたちが掌握したわよ」
    「馬鹿を言うな! そんなことができるはずが無い!」
    「何の自信があってそんなこと言えるのかしら? 自分が創ったものだから、無条件で自分を愛してくれるとでも? だとしたら無様ね。病的なナルシストだわ。
     はっきり言ってあげる。あの子たち全員、あなたのことが心底、大嫌いですって。よっぽど普段からひどいことばっかりしてたのね、あなた」
    「ふざけたことを! いいだろう、ならば報いを受けさせてやる!」
    「あら、自爆させるの? もうできないわよ」
     渾沌の言った通り、難訓は呪文を唱えたり、手で印を結んだりするが、周囲に爆発音が轟くことも、火柱が上がることも無い。
     その様子をニヤニヤと笑いながら見ていた渾沌が、馬鹿にしたように続ける。
    「何故先生がここにいないか、そして今までどこにいたのか。ここまで言ってあげたらいい加減、分かるでしょ?」
    「……~ッ」
     青白かった難訓の顔は、今は真っ赤に染まっていた。
    「先生からあなたをとことん馬鹿にしてやれって言われてるから、存分にさせてもらうわ。
     克難訓、あなたは自分が創ったモノからとことん嫌われる、最低最悪の創造主よ。実の娘からは唾を吐きかけられ、人形たちからは揃ってそっぽを向かれる。
     そんなあなたがこの世界を支配しよう、自分の創造物で世界を満たそうですって? あはは、いい妄想ね! 寝言もいいところだわ!
     おかしくってたまらないわ、あーっははははははははっ!」
    「死ねええええええーッ!」
     難訓が絶叫し、渾沌に向けて魔術を放とうとする。
     だがその瞬間――大量のナイフ、槍、剣、グレネード弾、そしていくつもの魔術が、彼女に直撃した。
    「げぼあっ、がふっ、ぐ、あがぁ……っ!?」
     人形たち全員からの、城一つ落とせる程の攻撃を一身に受け、難訓は彼方へと弾き飛ばされた。



    「全弾命中いたしました。ですが」
     そう告げて、フュージョンは深々と、大火に頭を下げた。
    「ああ、どうやら逃げたようだな」
    「残念ながら、行動を停止させるまでには至りませんでした。申し訳ございません」
    「構わん。少なくとも奴に対して、可能な限りのダメージを与えることはできただろう。よくやった」
    「精神的ダメージも含めて、ね」
     横に現れ、そう付け足したルナに、大火はニヤッと口角を上げて見せた。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・封魔抄 4】へ
    • 【白猫夢・封魔抄 6】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    「モノづくり」には常に完璧を求められるもの。
    突き詰めていくと結局、それは無理難題を言われていることに他ならないんですけどねぇ……。
    ただ、それ故に作った本人が「自分は完璧だ」なんてことを言っちゃダメですね。

    NoTitle 

    古代ギリシアのグノーシス派が諸悪の根源として忌み嫌う、「邪悪で愚劣な創造神」デミウルゴスいうのは、考えてみれば哀れなやつなのかもしれん、と、難訓さんを見て思いましたであります。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・封魔抄 4】へ
    • 【白猫夢・封魔抄 6】へ