黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第11部

    白猫夢・獲麟抄 5

     ←白猫夢・獲麟抄 4 →白猫夢・獲麟抄 6
    麒麟を巡る話、第625話。
    アラミタマ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     麒麟の初太刀を辛うじて受けた葵だったが、そのまま壁まで弾き飛ばされる。
    「うぐ……っ」
     葵の背後、叩き付けられた壁に、放射状にぱっと血が飛び散る。
     その壁の赤い「花」と、床に倒れ込んだまま、ピクリとも動かなくなった葵をしげしげと眺めながら、麒麟が嬉しそうにつぶやいた。
    「ふっ、……はは、ああ、うん、いいね。すごくいい。生身って、ホントにいいねぇ」
     麒麟はいつの間にか、両手に剣を構えていた。
    「この肉が切れる感触。この骨が折れる感触。あんなまだるっこしい夢の世界じゃ決して味わえなかった、純然たる現実味。
     ああ、……ああ、あああ、あああはは、はは、あははっははははあああ! 楽しい! 楽しいよ! 脳味噌が蒸発しそうなくらい楽しいいいいいいい!」
     次の瞬間、麒麟の姿が消え――今度は天狐が、壁に張り付いた。
    「ぐえっ!?」
    「テンコちゃん。テンコちゃんねぇ。テンコちゃんかぁ。あはは、テンコちゃんかぁ! あははは、ははっ、はひ、ひひ、ひぎ、ひっ、っ、ひぃ、……ゲホッ、ゲホ、ゲホ。ああ、笑いすぎて死にそうだ」
    「あ……ね……さん」
     たった一撃で、天狐は葵と同様、既に血まみれになっている。
     麒麟はそれ以上天狐に目をくれず、今度は一聖の方をぎょろりと向く。
    「腕鳴らしはこんなところで十分かな。そろそろ真面目に殺るとするか。
     おいでよ、カズセちゃん。そんなトコでいつまでもブルってないでさぁ?」
    「う……うう……」
     普段、あれだけ飄々と振舞っていた一聖は顔を真っ青にし、一歩も動けないでいる。
    「来ないの? じゃあ行くよ? いいんだね? いいんだね!? じゃあ行くよ!? あはははっ、行くよ!」
     麒麟は双剣を振り上げ、一聖に襲いかかろうとする。
     だがその前に、葛が立ちはだかった。
    「やらせない! あたしがやっつけてやる!」
    「あ? 誰だっけ? えーと? ココまで出てるんだけどなぁ、コ・コ・ま・で。……あーあーあーあー、そうだそうだ。あの役立たずアオイの、ろくでなしの妹かぁ。
     何? ボクを止めるつもりなのか? 何ソレ? 身の程分かって言ってる? もしかして死にたい? 死にたいんだ? ああ、いいよ。死にたいんだね。分かった分かった。
     じゃあ死ねええええッ!」
     猛然と、麒麟が迫ってくる。
     葛も駆け出し、心の中で強く念じる。
    (あたしがみんなを護る! だからうまく行って! ……『星剣舞』ッ!)
     葛の姿が、その場から消えた。
    「……おおっとぉ? 逃げたのか? いや違う。そうか、ああ、そうだった。『星剣舞』をやるって言うんだな?
     じゃあ一太刀くらい食らわせてみろよ、ボクにさあああああ!?」
     麒麟は双剣を掲げ、呪文を唱えた。
    「『スノーストーム』!」
     立坑の中で、轟々と風が渦巻き始める。やがて風の中にチラチラと雪が混じり出し、目の前が見えなくなるほどの吹雪が巻き起こった。
    「うっ……さむ……い……」
     傍観していたモールも巻き込まれ、まるで雪だるまのように、体中にべっとりと雪がまとわりつき、そのまま倒れる。
    「頼むぜ……葛……!」
     一聖も半ば雪に埋もれながら、麒麟と、彼女に斬り掛かっていったはずの葛の様子を見守る。
    「さあて、どうかな? キミが『星剣舞』で動ける時間一杯、吹雪を起こしてあげたけど、キミは果たして耐えられたのかなぁ……?」
     見下した笑みを浮かべる麒麟のすぐ前に積もった雪が、ごそ、と動く。
    「……う……あ……あっ」
     その下から葛が這い出したが、そのまま雪の中に倒れ込んだ。
    「おやぁ? やっつけてやるって言ったの、誰だったっけ? キミだよねぇ? 違ったっけ? いいや、ボクの記憶によれば間違い無くキミだったはずなんだけどなぁ!?
     ソレが何だよ、言ってから10秒もしないうちに、もうやられちゃったってワケ? くっだらないなぁ!」
     自分が積もらせた雪の上を、ざく、ざくと音を立てながら歩き、麒麟は葛に近付いて行く。
    「お前みたいなカスなんか、ハナっから相手にしちゃいないんだよ! さっさと死んでろ、ゴミめッ!」
     麒麟は双剣を振り上げ、葛に振り下ろした。

     だが――葛に刃が当たるかと言う、その瞬間。
     いつの間にか、麒麟のすぐ背後まで迫っていた葵が、彼女の胸を刺し貫いていた。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・獲麟抄 4】へ
    • 【白猫夢・獲麟抄 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・獲麟抄 4】へ
    • 【白猫夢・獲麟抄 6】へ