黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第11部

    白猫夢・獲麟抄 6

     ←白猫夢・獲麟抄 5 →白猫夢・獲麟抄 7
    麒麟を巡る話、第626話。
    葵と葛の意地。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
    「はっ……はあっ……はっ……」
    「ごふっ……アオイ……まだ息があったのか?」
     口から血を吐きながらも、麒麟の顔から笑みは消えない。
    「でも詰めが甘いなぁ。この程度でボクが倒せると思ったのか?」
    「……」
     葵が膝を着く。その周りには、血が溜まっていた。
    「致命傷を負わせたつもりだったけど、ソコは黄家の血――超回復力ってヤツか? だとすると黄家のもう一つの特殊能力、超適応力によってボクに気配を悟らせないレベルまで、この一瞬で成長したってワケか。
     でもざぁんねぇん! この程度じゃ、ボクは死にやしないのさ」
     胸に刀が突き刺さったまま、麒麟はうずくまった葵を蹴飛ばした。
    「げぼっ……」
    「いい気分だよ、アオイ! こうしてキミを、足蹴にできるなんてさあ!」
     何度も蹴り倒され、葵は血を撒き散らしながら、ごろごろと雪の上を転がっていく。
    「ああ、気持ちいい! キミの肉が潰れていく、この感触! キミの骨が砕けていく、この感触! たまらない! たまらないよ!
     く、ふふっ……。キミは最期までボクを飽きさせなかったね。えらいよ、アオイ。えらい、えらい。いい子だ。……じゃあ、コレでおしまいにしてあげるよ。
     あはは、はは、あははははは……」
     ぴくぴくと痙攣し始めた葵に近付き、麒麟は右脚を上げた。

     その一瞬――葵は、きっとその生涯で初めて使ったであろう、その言葉を発した。
    「たす……け……て……カズラ」



     いつの間にか、葛は雪の上に立っていた。
    「姉貴!」
     葛の目には、すべてが止まって見えた。
     天狐も、一聖も動かない。
     モールも動かない。
     葵も動かない。
     そして憎き敵、麒麟も、微動だにしていないように見えた。

     その止まった世界を、葛は歩く。
    (やらせない……!)
     一歩進み、二歩進んでも、世界は凍りついたままだ。
    「アンタなんかに姉貴を殺させてたまるか!」
     十歩、二十歩進んでも、麒麟は右脚を上げ、悪魔のような笑みを浮かべたまま、まるで彫像のように固まっている。
    「食らえッ!」
     そのまま、麒麟のすぐ目の前まで到達し、葛は怒りに任せて刀を振り回した。



    「あはは、はは、あははははは……、はぎゃあッ!?」
     麒麟の振り上げていた右脚が、ざっくりと斬り落とされている。
    「なっ、……なん、だって?」
     片足を失い、麒麟はそのままバランスを崩して倒れ込む。
     いつの間にか、彼女は全身に刀傷を負っていた。
    「二度も言わせんなッ!」
     葛が仁王立ちになり、葵をかばう形で、麒麟の前に立ちはだかる。
    「アンタみたいなイカレ女に、姉貴を殺させないって言ったのよ!
     まだやるって言うなら、もう一回、あたしが相手になってやる!
     さあ来い、キリン!」
    「ち……」
     麒麟の血が止まる。絶たれたはずの脚から肉が盛り上がり、元の脚の形になる。
    「調子に乗るなよ、このゴミ虫どもがあああああッ!」
     麒麟はがばっと立ち上がり、双剣を振り上げて襲い掛かる。
    「お前ら姉妹もろとも、消し炭にしてやるうううあああーッ! 『フラッシュファイア』!」
     瞬間、立坑は真っ白な光で満たされた。



    「……う……っ」
     立坑の雪が消え去り、モールがフラフラと起き上がる。
    「みんな……は」
     モールは辺りを見回し、すぐに壁際で倒れたままになっている天狐と、床に倒れた一聖を見付ける。
    「天狐ちゃん! 一聖ちゃん! ……と、……あれ? 葵と葛と、……麒麟は、……ドコ行ったね?」
     もう一度、辺りを見回す。
     そこでようやく、呆然と立ったままの葛、血まみれで倒れている葵――そして、葵と葛の刀を前後から胸に受け、立ち尽くした麒麟の姿を確認した。
    「……そ……う……言う……コト……か……」
     血を吐き出しながら、麒麟がうめく。
    「……どっちか……を……倒しても……もう一方が……立ち上がる……か……。
     最初に……二人とも……殺して……おく……べき……だった……」
     やがて麒麟の体は、床に沈んだ。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・獲麟抄 5】へ
    • 【白猫夢・獲麟抄 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・獲麟抄 5】へ
    • 【白猫夢・獲麟抄 7】へ