黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第11部

    白猫夢・獲麟抄 8

     ←白猫夢・獲麟抄 7 →白猫夢・麒麟抄 12
    麒麟を巡る話、第628話。
    慟哭。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    8.
    「わ、分かんないよ。どうして?」
     葛はうろたえながらも、葵に尋ねる。
    「どうしてあたしたちは、キリンを倒しに来たの? タイカさんに魔力を戻すためだけに、こんな危ないコトしてたの?」
    「それだけじゃないよ。……モールさん、二人で話したいから、テンコちゃんたちを介抱してあげてて」
    「ああ、了解だね」
     モールがその場から離れたところで、葵は話を続けた。
    「あたしにも、自分の体がもう治しようが無いってことは、十分分かってた。このまま死んでも、仕方無いなとも思ってた。
     でも、このまま死んだら、あたしの魂はきっと、白猫に縛られる。未来永劫、白猫の奴隷にされるだろうってことも、予知じゃなく、勘で分かってた。
     だから、あの人を完全に排除してしまいたかった。この世界から」
    「じゃあ、こうなるコトが分かってたってコト?」
    「半分『見えて』て、もう半分は予想だった。
     さっきも言ったけど、キリンは次元系の研究をしてたし、あまりにも自分の思惑から外れたことばっかり起こると、見境なくキレるタイプだった。
     だからこうして、現実の世界でとことん追い詰めれば、きっと前後不覚になるほど錯乱して、あの術を使って逃げる。……そう言う目論見だった」
    「待ってよ」
     葛は憤った目を、葵に向けた。
    「じゃあ始めっから、姉貴は死ぬつもりでココに来たの?」
    「うん」
    「ふざけないでよ! あたしがどれだけ、姉貴に生きててもらいたいと思ったか……!」
    「それについては、本当に、ごめん。あんたの言う通りだった。
     あたしは、嘘を付いた」
    「……バカぁっ……!」
     葛は顔を伏せ、ぐすぐすと泣き出した。

    「助かる方法は一つだけあるぜ」
     と、天狐が顔の血を拭いながら近付いてきた。
    「……え?」
    「と言っても、事実上死んだも同然なんだがな」
     一聖も顔を真っ青にしたまま、側に寄る。
    「どう言うコト?」
    「葵を、『システム』の中に入れるんだ」
     天狐の回答に、葛は思わず立ち上がっていた。
    「な、何てコト言うのよ!?」
    「『システム』に組み込まれりゃ、もう半永久的に、生きて外を歩くコトはできねー。だが死なずに済む。仮死状態だから、病状も進行しないってワケだ」
    「でも……!」
    「もしかしたらずっと先の未来で、葵がたどり着けなかった治療法を見付けて、確立できるヤツが現れるかも知れねー。
     そしてその頃には、もしかしたら『システム』なんか必要なくなってて、お役御免になった葵は蘇り、その治療を受けられるかも知れねー。
     すべては可能性の話だが、ソレだけでも、入れる価値はあるだろ?」
    「……でも、……でも!」
     葛はボタボタと涙を流しながら、力なく反論する。
    「あたしは……姉貴と一緒に……家に帰りたかったのに……! パパだってママだって、ばーちゃんだってコントンさんだって、みんな姉貴の帰りを、待ってくれてるのに……!」
    「……本当に、……ごめん、カズラ。でも、『システム』に入らなかったら、あたしはこの山を降りる前に死ぬんだよ」
    「えっ……?」
    「それが本来、あたしが辿るべき運命。でもそれを回避する手段は、今、『システム』だけなんだ。
     パパたちには、ごめんって言ってたって伝えて」
    「……勝手ばっかり……」
     葛は葵を抱きしめ、なおも泣いていた。
    「本当に、バカ姉貴だよ……!」
    「……ごめん。……カズラ」
     葵も葛を抱き返し、こう返した。
    「これからはあんたの、心の中にいることにするよ。あたしはいつも、あんたのことを見守っていてあげる。
     だからもう、泣かないで、カズラ」



     1時間後――葛たちは4人で、山道を下っていた。
    「うああ、ああ、あーあー……」
     葛は泣いていた。
    「ああ、ああー……」
     吹雪のやんだ山に、葛の泣き声がこだまする。
    「うう、うああ、あー……」
     その切ない声は、いつまでも止まなかった。

    白猫夢・獲麟抄 終
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・獲麟抄 7】へ
    • 【白猫夢・麒麟抄 12】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・獲麟抄 7】へ
    • 【白猫夢・麒麟抄 12】へ