FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第4部

    蒼天剣・湯治録 4

     ←蒼天剣・湯治録 3 →蒼天剣・湯治録 5
    晴奈の話、第189話。
    慌て損。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     晴奈がワインで酔っぱらったフォルナを着替えさせている間に、小鈴は狼を追いかけていた。狼は何故か、一直線にコレットの店目指して走っている。
     先程小鈴から受けた攻撃が効いているらしく、その足取りは少々おぼつかないが、見た目はほとんど、野生の狼そのものであり、その脚力は人間が追いつける速度では無かった。
     そのため、小鈴がようやく狼に追いつけたのは、相手が店に入ってからだった。
    「きゃーっ!」
     コレットの悲鳴が聞こえ、小鈴は慌てて中に飛び込む。
    「こっ、来ないでーっ!」「グルルル……」
     狼は厨房に逃げ込んだコレットとの距離を、じりじりと詰めている。
    「コラぁ! その子たちに手ぇ出したら、あたしが許さないわよ!」
     小鈴は狼の気を引こうと、大声を出して威嚇する。狼はチラ、と小鈴を見て鼻をクンクンと鳴らす。
    「……」「……」
     狼の仕草を、コレットも小鈴も、緊張した面持ちで見つめている。
     やがて狼は鼻を鳴らすのをやめ、小鈴の方に寄ってきた。
    「よーし、相手したげるからこっちに来なさい」
     小鈴はゆっくりと後ろに下がりながら、杖を構えて牽制する。応じるように、狼もじわじわと小鈴の方へ歩いてきた。
    「コレット、今のうちに逃げなさい」
    「で、でも……」
    「あたしはいいから、早くっ」
    「は、はいっ」
     コレットは慌てて厨房の奥に消える。どうやら夫のボレロを呼びに行ったらしい。
    (さーて、どうしようかしらねー……)
     小鈴は後ずさりしつつ、店から出る。一定の距離を保ち、狼も店から出てきた。そこで小鈴は呪文を唱えようと、息を吸い込んだ。
     と、そこに丁度よく晴奈が(いまだ酔っぱらっている)フォルナを背負って追いついた。
    「小鈴殿!」
    「あっ、晴奈! 早く来て来てっ」
    「はい、ただいま!」
     晴奈は辺りを見回し、近くにあった木に立てかけるようにフォルナを寝かせ、小鈴の側に立った。
     すると――。
    「えっ」「あら?」
     何故か狼は、小鈴を無視してフォルナの方に足を向けてきた。
    「ちょ、ちょっと!? こっちよ、相手は!」
     小鈴が叫ぶが、狼はまったく反応しない。クンクンと鼻を鳴らしながら、フォルナの方にゆっくりと歩いていく。
    「させるかッ!」
     晴奈が走り、狼の前へと回り込む。進路をふさがれ、狼は怒りの咆哮を上げる。
    「ガアアアッ!」
    「りゃあッ!」
     晴奈は刀に火を灯し、狼の眉間を狙って斬りつけようとした。
     だが狼の反応は早く、刀が来る前に飛びのいてかわす。
    「くそ……!」
     狼は晴奈の横をすり抜け、またもフォルナに近付いていく。先程と同様、晴奈は狼の前へと走って、行く手をさえぎる。
    「……?」
     晴奈と狼がぐるぐると追いかけっこをしている間、小鈴は狼の妙な行動を観察していた。
    (何で敵意むき出しの晴奈に噛み付こうとしないの?)
     この場合、狼が晴奈に攻撃してくれれば、晴奈は返り討ちにできる。言い換えれば、狼が晴奈を相手にすれば、簡単に片がつくのだ。
     ところが、狼はしつこくフォルナを狙ってくる。邪魔をしてくる晴奈を、まったく相手しようとしていない。狼は邪魔する晴奈を避け、何故かフォルナばかりを狙っているのだ。
    (えーと……)
     小鈴は狼の行動を、一つ一つ思い出してみる。
    (浴場に現れた時は、あたしたちを狙ってきたわよね。んで、コレットの店に行った時、あたしが呼びかけたらついてきた――飛び掛かったりせずに。いや、そもそもなんでコレットんトコに?
     んー……、もしかして)
     小鈴はある仮説に行き当たり、コレットの店へと引き返した。
    「あっ、コスズさん!」
     店に入るなり、コレットが声をかける。
    「アンタ、まだ逃げてなかったの? ……まあいいや、お酒ある!?」
    「え? お酒? 呑むんですか? こんな時に?」
    「あたしじゃないわよ、あの狼に呑ますの!」
    「へ?」
     小鈴は厨房に駆け込み、コレットに再度指示する。
    「ホラ、お酒早く持ってきて!」
    「はっ、はいっ!」
     コレットはパタパタと足音を立て、地下の酒蔵に降りていった。と、小鈴は厨房の奥で料理に没頭しているボレロを見て驚いた。
    「ちょ、アンタもまだいたの!?」
    「……」
     だが、ボレロは返事をしない。背を向けたまま、黙々と鍋をにらんでいる。
    「すみません、彼、今、新しい料理を考えてて……」
     その間に、コレットがワインの瓶を持って上がってきた。
    「……いーい根性じゃない。
     っと、持って行くわよ!」
     小鈴は呆れつつもコレットからワインを受け取り、近くにあった皿もつかんで店を飛び出た。
    「しつこいッ!」「ギャウッ!」
     晴奈と狼はまだ、追いかけっこを続けていた。
     何太刀か「燃える刀」を振るったらしく、地面にはいくつもの焦げ跡が着いている。だが、一度も狼には当たって様子も無く、狼はピンピンしている。
     小鈴は持って来た皿にワインを注ぎ、狼に声をかけた。
    「そこのケモノっ! コレがほしいんでしょっ!?」
    「グル、ル……?」
     晴奈と対峙していた狼は、その香りに気付く。あれだけ執着していたフォルナに尾を向け、一目散に小鈴の方へと向かってきた。
    「こ、小鈴殿!」
    「大丈夫よ! ……多分」
     小鈴の予想通り、狼はワインを注いだ皿の前に座り込み、ぴちゃぴちゃとなめ始めた。
    「……え?」
    「コイツは最初っから酒を狙ってたのよ」
     小鈴はワインの瓶をコンコンと叩き、ため息をついた。
    「温泉に現れたのも、コレットの店に来たのも、フォルナを狙ったのも、全部酒を狙ってたせいよ。
     衝立はあるけど、温泉は入口まで戸も扉も無かったから、酒の香りが外までしてたんでしょうね。んで、あたしらに追い返されたから、近くにある酒の香りがきつい場所――コレットの店まで行ったのよ。
     んで今、フォルナを狙ってたのは……」「えへへへ……、もう呑めませんわぁ」「……ソコの酔っ払い、話の腰を折るなっ」
    「……つまりフォルナの、酒の臭いにと言うわけですか」
     一連の事情を理解し、晴奈はへたり込んで脱力した。
    「あ、あほらしい」
     話しているうちに狼は皿のワインを呑み尽くし、酔っぱらってしまったらしい。
     その場でぐでっと横になり、伸びてしまった。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.04.28 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・湯治録 3】へ
    • 【蒼天剣・湯治録 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・湯治録 3】へ
    • 【蒼天剣・湯治録 5】へ