黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第11部

    白猫夢・望月抄 3

     ←白猫夢・望月抄 2 →白猫夢・望月抄 4
    麒麟を巡る話、第631話。
    打ち明け話。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
    「と言うワケで、きちっと教えてね?」
     場所を休憩室に移し、葛は改めてルナに尋ねた。
    「ズバリ聞くけどさ、ルナさんって、あたしの叔母さんなんだよねー?」
    「……ええ」
     うなずいたルナに、葛はにこっと笑う。
    「やっぱ、そーだったんだ。言ってくれたらいいのに。何で黙ってたの?」
    「だって、……あたし結構、悪人なのよ? 央南と焔流を引っ掻き回した張本人だし」
    「みたいだね。カエデさんから教えてもらった」
     けろっとした顔の葛を見て、珍しくルナが、虚を突かれたような顔をする。
    「怒らないの?」
    「なんで? ……まあ、そりゃ悪いコトしたって話だけどさ、もう20年も前じゃん」
    「まあ、そうだけど」
    「ソレにさー、白猫党関係で、結果的に央南を助けたワケだし、ソレでチャラじゃないの?」
    「そう思ってくれない人もいるから、あんまり大っぴらに主張はできないわね」
    「その考えも分かるけどさ。でもあたしはそう思わないもん」
     葛は席を立ち、ルナの背後に回り込んで、後ろから抱きしめた。
    「だからさー、あたしに対しては素直に、『ルナ叔母さん』でいてほしいなーって」
    「葛……?」
    「……姉貴がいなくなっちゃったから、さ。寂しいんだよね、あたし。家族がいなくなるのって、ホント、体が千切れそうなくらい、辛いもん。
     しかも二度だよ? 姉貴、二度もあたしの前からいなくなった。どんだけあたしを泣かせたいのって話だよ」
     葛の声に、涙が混じってくる。
    「……あー、もう」
     ルナは葛に抱きつかれたまま、器用に席を立って振り向き、抱き返した。
    「分かった分かった、じゃあ存分に胸貸してあげるわよ。このルナ叔母さんがね」
    「……ありがと……」
     葛はそのままルナに抱きつき、しばらく泣いていた。

     ようやくルナから離れた葛は、まだグスグスと鼻を鳴らしながら、こんな提案をした。
    「ルナさん。旅のついでにさ、いっぺん、あたしん家来てみる?」
    「……いや、だからね?」
     苦い顔を向けたルナに、葛が畳み掛ける。
    「パパ、前に会った時はしかめっ面して『話したくねー』って言ってたけど、会って話してみたら、もしかしたら許してくれるかも知れないよ?」
    「そうは思えないわね。秋也兄さん、頑固者だったし」
     ルナの言葉に、葛はまだ目を赤くしながらも、楽しそうに笑った。
    「……あはは、そっかー」
    「え?」
    「そう呼んでたんだね、パパのコト」
    「あー、うん。そうね、何十年振りかしら。……調子狂うわね、まったく」
     口をとがらせるルナを見て、パラも笑い出す。
    「……クスっ」
    「何よ、あんたまで」
    「とても、嬉しいのです。お母様とフィオの他に、わたくしに家族がいたことが」
    「そーそー。さっきも言ったけど、従姉妹だもんね、パラ」
    「ええ。実は血もつながっています」
    「え、そなの? 人形だったのに?」
     パラの言葉に、葛が驚く。
     ルナも、娘がその話を知っているとは思わなかったらしく、慌てて口を挟んできた。
    「ちょ、パラ? その話、誰から聞いたの?」
    「カズセちゃんからです。『内緒にしてくれって言われたワケでもねーから』とのことでしたが、……言わない方が良かったみたいですね」
    「くっそ、あんの若作り少女ババア! よりによってそんな、恥ずかしいこと、本人にさあ、……ああ、もおっ!」
     尻尾を怒らせ、顔を真っ赤にしたルナを見て、葛とパラはまた、クスクスと笑い合った。

     ルナが落ち着いたところで、葛はもう一度、同じ提案をした。
    「で、さ。マジであたしん家、来てみてよー。パラも連れて」
    「なんでよ」
    「折角だし、パラのコトも紹介したいなーって。
     ソレにさー、ルナさん一人よりパラと一緒の方が、ルナさんも話しやすいんじゃない? もしかしたらパパもだけど」
    「……そんなもんかしら?」
     ルナはまだ逡巡した様子ではあったが、やがてうなずいた。
    「いいわ。覚悟決めた。……多分会うなり『帰れ』って言われるだろうけど、ダメ元でいっぺん会ってみるわ」
    「やった~」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・望月抄 2】へ
    • 【白猫夢・望月抄 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・望月抄 2】へ
    • 【白猫夢・望月抄 4】へ