黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第11部

    白猫夢・望月抄 4

     ←白猫夢・望月抄 3 →白猫夢・望月抄 5
    麒麟を巡る話、第632話。
    お姫様の進路相談。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
    「カズセちゃんは、離れたりされませんよね?」
     個人指導の最中、ビッキーからそう尋ねられ、一聖は「ん?」と返した。
    「ルナさんも旅に立たれるそうですし、カズラさんももうじき、国へ帰られると聞いていますし。
     となるとカズセちゃんも、もしかしたらこの国を離れてしまうのではないか、と」
    「あー、なるほどな」
     一聖は教科書にしていた本を机に置き、にっと笑って返す。
    「オレは旅が嫌いだし、帰るトコも無い。当面はこの国にいるつもりさ」
    「そうですか、良かったです」
    「ソレはお前にとってか?」
     じろっとにらむ一聖に、ビッキーはぺろっと舌を出した。
    「わたしにとってもそうですし、お兄様とこの国にとってもそうです。
     この前のお説教は、身にしみています。反省してますよ、ちゃんと」
    「ならいいけどな」
     一聖がふたたび本を開こうと手を伸ばしたところで、またビッキーが質問する。
    「カズセちゃんは、これからどう過ごされるおつもりでしょう?」
    「あん? ……ん、まあ、今まで通りだろーな。研究所の顧問、兼、宮廷講師。白猫党みたいな大事件が起こらない限りは、続けるつもりだ」
    「助かります。兄にとっても、わたしにとっても。
     ……わたし、本当に真面目に考えたんですが、やはりわたしが次の王になるべきではないか、と考えているんです」
    「ほう?」
     斜に構えてそう返した一聖に対し、ビッキーは真剣な面持ちで語る。
    「まず第一に、お兄様は研究所の所長となりましたし、そちらにかかりっきりになるであろうことは明白です。
     となれば王位継承権の順序から考えて、わたしにその期待が向けられると思うんです」
    「だろーな」
    「第二に、白猫党の脅威についてもわたしは良く聞き及んでいますし、これまでのルナさんたちの活動で、実情も少なからず把握していると自負しています。
     今後、央北の政情には南北の白猫党が深く関わってくることでしょう。彼らとの交渉、付き合い方を誤れば、ふたたびこの央北が大きく乱れるであろうことは、これもまた明白なことです。
     それを考えた時、この国を、そして『新央北』を率いる者として、わたし以上の適任者はいないのではないか、と」
    「話がズレてんぜ、お前」
     一聖は肩をすくめ、ビッキーに指摘する。
    「オレは政治に詳しくないが、ソレでも『何かを成そう』って人間と、『何かができる』って人間が、全然別物だってコトは分かる」
    「と仰ると?」
    「お前が今言ったのは、自分はこう言うことができる、自分はその資格があるって話だ。結局、お前は女王だの外交官をやりたいのか?」
    「ええ」
    「ウソつけ」
     ビッキーがうなずいた瞬間、一聖はにべもなく否定した。
    「ソレがマジだってんなら、オレと一緒に電気実験の本なんか読んでねーだろ」
    「それは、王族としての教養の一環で……」
    「言い訳すんな。もしその口実が本気なら、他の勉強もしてるはずだろ。でも実際、ほとんど毎日オレと2時間、3時間もべったり、一緒にいるじゃねーか。
     オレが教えてんの、魔術学と科学ばっかだし。他の講師に聞いたら、『ビクトリア殿下はいつも早々に授業を抜けてしまう』つって嘆いてたぞ」
    「うっ」
     顔を背けたビッキーに、一聖はため息混じりに諭した。
    「別にさ、今日、明日、ショウ・トラス国王が死ぬワケじゃねーだろ? あのおっさん、ピンピンしてるし。
     後10年、20年は王様やってるだろうし、そんなら今無理矢理に、お前さんの進路を決める必要は無いさ。10年経てばお前の妹もみんな成人するし、その中で『女王になりたい』ってヤツがいたら、ソイツに任せりゃいいしな。
     お前さん、まだ23だろ? そんな若いうちから『やりたいコト』じゃなく『やれるコト』を優先してたら、成長もしねーし経験も積めねーよ」
    「……確かに少し、生き急いだ感じはありましたね。そうですね、じっくり考えることにします」
    「ああ。考えな、たっぷりと」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・望月抄 3】へ
    • 【白猫夢・望月抄 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・望月抄 3】へ
    • 【白猫夢・望月抄 5】へ