黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第11部

    白猫夢・夢神抄 2

     ←白猫夢・夢神抄 1 →白猫夢・夢神抄 3
    麒麟を巡る話、第636話。
    白猫を継ぐ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
    「いいんじゃない?」
     逡巡した様子で話した葵に、ルナは賛成した。
    「あの外道にあれやこれや指図されるより、よっぽどマシよ。あんた、優しいもの」
    《あたしが……、優しい?》
    「そうじゃなきゃ、あんたはボートに葛を乗せたりしなかった。葛に向けたその優しさは、本物よ。
     それに白猫党でもちょくちょく、すれ違った兵士とか党員に、『こうすれば良い未来が訪れるよ』って教えてあげてたらしいじゃない。
     わざわざそんなことする子が、優しくないわけが無いわよ」
    《……恥ずかしいな。面と向かってそんなこと言われたら》
     葵は顔をほんのり赤くし、うつむく。
     ルナはクスクス笑いながら、こう続けた。
    「ま、とにかく。あんたが『人を幸せにしてあげたい』って思ってそれをやるって言うなら、あたしは賛成するわ。
     試しに、あたしとパラの未来も教えてよ」
    《分かった》
     葵はこくっとうなずき、まず、パラをじっと見た。
    《来年、……じゃないか、再来年かな。告知されるのは来年の7月だよ》
    「何をでしょう?」
    《何となくピンと来てるでしょ?》
    「……はい」
    《パラ、あなたについては全然、指摘することは無いよ。このままフィオくんと過ごせば、ずっと幸せに暮らせる。
     フィオくんはあなたのこと、全力で幸せにしてくれるからね》
    「ありがとうございます」
     パラは耳まで顔を真っ赤にしながら、嬉しそうに頭を下げた。
    「じゃ、あたしは?」
     いたずらっぽく笑うルナに、葵は顔を向ける。
    《……色々大変そう。でもその原因の半分が、あなたの性格のせいだけど》
    「あら、そうなの? じゃ、残り半分は?」
    《タイカさんとかのせい》
    「でしょうね。そんな気はしたわ」
    《でも、あなたについてもあたしが言うこと、特に無さそう。
     結局は自分で何とかするみたいだし、ピンチの時には誰かしら仲間がいてくれてるし》
    「へぇ?」
    「あ、ソレってタイカさんも言ってたよー」
     と、葛が口を挟む。
    「ルナさんにもあたしにも、『人が集まってくる縁、資質がある』って言ってた」
    「そうかしら? ……そうかもね。ま、これまで通りってことかしら」
    《遠い未来については、そんなところ。
     あ、そうそう。パパは顔や口では嫌そうな素振りするけど、心の中じゃもう、『仕方ねーな』って割り切ってるよ。ちゃんと謝ったら、和解してくれるから》
    「……そ。ちょっと、ほっとしたわ。ありがとね、葵。
     それじゃいよいよ、あんたの大事な妹さんのことを占ってあげなさいな」
     そう言って、ルナは葛の背中を押した。
    「んじゃ、……姉貴、お願い」
    《うん》
     葵は真顔になり、まじまじと葛の顔を見つめる。
    《そうだね、……あんたもルナさんみたいな感じ。これから来るトラブルとか、ピンチとか、そう言うのは全部、自分の力と、仲間の力で何とかできるみたい。
     大丈夫。あんたなら、どんな困難にも立ち向かえる。超えられない壁なんて、あんたには無いよ。あたしが、保証する》
    「……へへ」
    《でも、もしもいつか、くじけそうになることがあったら、きっとあたしを呼んで。夢の中なら、いつでも会えるからね。いつでも、助けてあげる》
    「うん。その時は、お願い」
     と――辺りの景色に、光が差し始める。
    《そろそろ、目が覚めるみたい。うたたねしてただけだもんね》
    「そっか」
     葛の目から、ぽろっと一筋、涙が流れる。
    「また、お別れだね」
    《うん。でもいつかまた、会えるよ。その時まで、……さよなら、カズラ》
    「さよなら、……ねーちゃん」
     二人はにっこりと、笑顔を交わした。
     かつて祖母、ジーナが言っていた通り――葵の笑顔は、確かにネロ・ハーミット卿に似た、穏やかで優しげな、慈しみに満ちたものだった。



     葵はまた、一人になった。
    《……白猫をやるって宣言しちゃったけど、……本当に、いいのかな》
     何も無い空間を見渡しながら、葵はまだ、自分の決意を固められていなかった。
    《あたしの力は、確かに、人を幸せにすることができる。でもキリンみたいに、人を破滅に追いやることもできる。
     あたしが本当に、他人の幸不幸を、運命を決めてもいいのかな……》
    《ええんちゃう?》
     突然、背後から声をかけられ、葵の尻尾が毛羽立った。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・夢神抄 1】へ
    • 【白猫夢・夢神抄 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・夢神抄 1】へ
    • 【白猫夢・夢神抄 3】へ