黄輪雑貨本店 新館


    「白猫夢」
    白猫夢 第11部

    白猫夢・夢神抄 4

     ←白猫夢・夢神抄 3 →白猫夢・夢神抄 5
    麒麟を巡る話、第638話。
    雪山の試練。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     気が付くと、葵は山の上に立っていた。
    《ここ……どこ?》
     澄み切った、朝焼けの空気を感じながら、葵は辺りを見渡す。
     と、下の方にあった道なき道を、人が登って来ていることに気付く。三毛耳の、央南風の猫獣人である。
     葵はその姿に、見覚えがあった。
    (ばーちゃん? セイナばーちゃんに、良く似てる。
     ううん、似てるんじゃなくて、……そう、あたしが知るばーちゃんより、ずっと若いんだ)
     やがてその猫獣人は、葵のすぐ側まで近付いてきた。
     彼女は葵が立っていることに気付き、こう声をかけてきた。
    「白猫……」
     そう呼ばれ、改めて葵は、自分の服装を確認する。
     確かに彼女の言う通り、今の葵は白猫が着ていたものと同じ、若草色のシャツに白いベスト、銀色のネクタイ、そして黒いスラックスと言った姿になっていた。
    《……やあ》
     否定しようかとも思ったが、晴奈はひどく憔悴しているようにも見えたし、弁解や説明をしたとしても理解してもらえそうには無いと判断し、葵はとりあえず、白猫の口調を真似て応じてみた。
    「久しぶりだな」
    《そうだね》
     晴奈の体から、もくもくと湯気が立ち上っている。どうやらここに来るまでに、体力を相当、消耗しているようだった。
     それを見て、葵は思わずこう提案する。
    《一緒に行こうか》
     それを受けた晴奈が、ほっとした顔を返した。
    「助かる」
    《それじゃ進もう》
     葵に手を貸され、晴奈は戸惑い気味に応じた。
    「あ、ああ」

     二人で山道を登る。
     葵には、この山がさして高く、険しいものとは感じなかったのだが、晴奈にはとても辛く感じているらしく、息は荒く、顔色も悪い。
    《マントあるけど、貸そうか?》
    「ああ、ありがとう」
     歩いて行くうちに、雪が降り始める。
    「お主は大丈夫なのか?」
     晴奈が心配そうに尋ねてくる。
    《うん》
    「そうか」
     その後も短い会話を何度か交わしながら、そのまま登り続けた。
     なお、その間に気付いたことだが、どうやら葵は格好だけではなく、毛並みや髪の色まで白猫と同じものになっているようだった。
    (エリザさんの仕業かな?)

     やがて、二人は山の頂に到着した。
    《おつかれさん》
    「ありがとう」
     疲れきった様子の晴奈を眺めながら、葵は先程エリザが言っていたことを、ぼんやりと考えていた。
    (『わざと英雄を作って翻弄して、壊して遊ぶ』って、……もしかして、セイナばーちゃんもその英雄の一人だったのかな。
     可能性はあるよね。元々、ただの町娘だったって聞いたことあるし)
     何となく、葵は晴奈の未来を見る。

     そして、その後の悲惨な展開を目にし、葵は絶句した。
    (……このまま剣士として戦い続けたら、……嘘でしょ? ばーちゃん、自殺するの!?)
     いくつもの未来で、彼女はやがて剣士としての生き方に深い疑問を抱き、そして己の業を悟り、その罪に耐えかねた末、自刃していたのだ。
    (間違い無い。白猫はばーちゃんを弄んでたんだ。『英雄ごっこ』をさせて、手を汚させて、苦しめさせて……。
     このまま、この人を戦わせちゃ駄目だ)
     葵は思わず、晴奈に声をかけていた。
    《セイナ》
    「うん?」
    《キミは、……いや。
     ねえ、……いい景色だね》
    「ん? ああ、そうだな」
    《蒼い空だ。ほら、つかんでごらんよ》
    「つかむ?」
    《そう。ほら、手を挙げて》
     葵に言われるまま手を挙げた晴奈を眺めながら、葵は彼女を説得する方法を、懸命に考えた。



     そして葵は懸命に、やんわりと諭し続け――。
    「……ああ……あああ……うああー……」
     どうにか、晴奈の心を挫かせることに成功したらしい。
     晴奈は座り込み、自分にもたれかかって――これまで葵が知っていたような、凛々しく堂々としていた彼女と同一人物とは思えないくらいに――大声を挙げて、泣きじゃくっていた。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【白猫夢・夢神抄 3】へ
    • 【白猫夢・夢神抄 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【白猫夢・夢神抄 3】へ
    • 【白猫夢・夢神抄 5】へ