FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第4部

    蒼天剣・湖島録 2

     ←蒼天剣・湖島録 1 →蒼天剣・湖島録 3
    晴奈の話、第192話。
    晴奈の逆鱗。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     ミッドランドは湖の東西南北の端にある港と連絡されており、央中南部から中西部の主要な交通路となっている。
     そのため国際的な色合いの強いゴールドコーストよりも、非常に多くの「狼」と「狐」を見かけた。
    「『狼と狐の世界』のエキスが詰まってるよーなもんね」
    「なるほど」
     その「狼」と「狐」も、地方によって様々な種族に分かれるらしい。
    「狼」だけをとっても、まるで大火やウィルソン家のように全身真っ黒な狼獣人もいれば、逆に雪を思わせるような銀髪・銀毛の白狼もいる。ぱっとしない赤茶けた狼の横を、息を呑むような美しい毛並みの金狼が通り過ぎて行ったりもする。
    「まるで博覧会ですわね、狼獣人の」
    「あっちには『狐』が固まってるわよ」
     向こうの通りには、天原家を思わせる桃色の狐獣人、いかにも賢しげな銀狐、そして――。
    「……おぉ、ど金髪に赤メッシュ。あれきっと、金火狐一族ね」
     小鈴の言う通り、金色の毛並みをした尻尾と耳に、金髪に所々赤い毛筋の走った狐獣人が歩いている。
    「……ん?」
     晴奈はその毛並みに、既視感を覚えた。
    「どうなさったの、セイナ?」
    「いや、少し前、夢にあんな毛並みをした『狐』が……」
     説明しかけたところで、晴奈はある者たちがたむろしていることに気付いた。
    「……む?」
    「晴奈、どしたのってば。フォルナがきょとんとしてるわよ」
    「いえ、あそこに……」
     晴奈が指差す先に、3人の男たちがいる。その向こうには初老の、「兎」の男性がいた。

     茶髪に白い兎耳と尻尾を持ち、丸眼鏡をかけた老人を酔っ払い3人が囲み、何か叫んでいる。
    「よー、じーさんよぉ」
    「いきなりらけろ、かねかしてくんね?」
    「やっべ、すっげもってそーだよな、おい」
     酔っ払いの言う通り、老人の服装は多少くたびれているものの、それなりに身なりがいい。ざっと見た感じでは、どこかの学者風に見える。
    「困るよ、君たち……」
     おどおどしている老人に対し、酔っ払いたちはゲラゲラ笑いながら脅している。
    「げへへ、こまるよー、だってよ!」
    「わるいけろさ、おれたちもかねがないろこまんのよ」
    「なー、ひとらすけらろ、おもっれよー」
     3人の酔っ払いを見て、小鈴とフォルナは眉をひそめる。
    「まあ、何て下劣な方たちでしょう!」
    「ココも治安が悪くなったもんねぇ」
    「……捨て置けぬな」
     その様子を見ていた晴奈は、酔っ払いと老人の方へと歩いていく。
    「あっ、セイナ!?」
     フォルナが止めようとするが、晴奈は片手を挙げてそれをさえぎりつつ、そのまま輪に割って入った。
    「おい、お前ら」
     晴奈が酔っ払いたちに声をかけた途端、彼らは一斉に晴奈の方へと振り返った。
    「だーらさー……、ああん? なんらー、このアマ?」
    「じゃますんなよ、ねこおんなぁ」
    「うるせえ、あっちいけ!」
     酔っ払いたち三人は口々に晴奈をののしる。それでも幾分冷静に、晴奈は説得してみた。
    「悪いことは言わぬ。さっさと去って、水でも飲んで寝ろ」
     が、晴奈の言葉に男たちは耳を貸さない。
    「あっちいけっつっれんらろが、おとこおんな!」
    「てめーみらいら、むねのねーのっぽ、あいてするかよ!」
    「じゃまだじゃま、このひんぬーが!」
    「……何だと?」
     男たちの罵倒に、晴奈の顔が引きつる。
    「さっさろ、きえろ!」
     酔っ払いの一人が声を荒げ、晴奈を突き飛ばそうとした。
     が――。
    「へぶぅ!?」
     相手の腕が届く前に、晴奈の拳が酔っ払いの顔にめり込んでいた。
    「貴様ら……」
     鼻血を噴いて倒れた酔っぱらいに目もくれず、晴奈は残った二名をにらむ。
    「去れと言ったのが聞こえぬのか! その役に立たぬ耳、両方そぎ落としてやろうかッ!」
     そう言って晴奈は拳を振り上げる。
     それでも、まだ状況が把握しきれていないらしい酔っ払いが、おどけた声で晴奈を抑えようとする。
    「……な、なんらよー、おこんらよ、ひんぬー」「くどいッ!」
     晴奈の拳がもう一度、酔っ払いを粉砕する。
    「あひゅ!?」
     鳩尾を殴られた男はくの字に曲がり、そのまま倒れ込む。
    「あ、あ……」
    「これ以上私を怒らせる前に、さっさと伸びている無礼者どもを担いで立ち去れ」
    「……はひ」
     残った男は慌てて倒れた仲間を引きずって、その場から逃げていった。



    「いや、助かったよ。ありがとう、本当に」
     晴奈に助けられた初老の兎獣人は、ぺこりと頭を下げた。
    「いえ、礼など。お怪我はありませんか、ご老人?」
    「ああ。この通り、何とも無い」
     老人はニコリと笑い、両手を広げて元気な様子をアピールする。
    「それは何より。では、失礼いたします」
     晴奈も軽く頭を下げ、その場から立ち去ろうとした。
     ところが――。
    「ああ、待ちたまえ、君」
    「おっ……?」
     老人がいきなり、晴奈の手首をつかんできた。
    「このまま助けられて終わり、では私の気が済まんよ。良ければ近くの店で、ご馳走させてくれないか?」
    「は、はあ……」
     そこへタイミングよく、小鈴とフォルナがやってきた。
    「いいじゃない晴奈。コレも何かの縁よ」
    「そうですわ。折角ですからいただきましょう」
    「……まあ、二人がそう言うのであれば」
    「お連れさん、かな?」
    「ええ、はい。私はセイナ・コウ。赤毛のエルフはコスズ・タチバナで、茶髪の『狐』がフォルナ・ブラウンです」
     自己紹介を受け、老人も身分を明かす。
    「おお、これはご丁寧に。私の名前はラルフ・ホーランド。北方ジーン王国の大学で、教授をしておりました」
     聞き捨てならない国名を聞き、晴奈は目を丸くした。
    「ジーン王国!?」
    「ええ、北方の。……それが何か?」
     事情を知らないラルフは、きょとんとしていた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.05.05 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・湖島録 1】へ
    • 【蒼天剣・湖島録 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・湖島録 1】へ
    • 【蒼天剣・湖島録 3】へ