黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 短編・掌編・設定など」
    赤虎亭日記

    赤虎亭日記 34

     ←赤虎亭日記 33 →2016年5月携帯待受
    朱海さんの話、第34話。
    双月暦522年5月16日:結婚記念日。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    34.
     双月暦522年 5月16日 天曜(書き直し)
     読み返してみたら、ココ二、三日の日記の内容がムチャクチャ過ぎる。16日のなんか、自分でも何て書いたか分からん。動揺しすぎ。実は浮かれてたのか、アタシって?
     ともかく、ようやく落ち着いてきたから、もう一度書く。

     まず、昨日はジュリアの結婚式だった。ソレは間違い無く現実。当初はアタシが見届人って話だったし、そのつもりで教会に行くはずだった。教会に行ったってトコも現実。
     夢かと思ったのはココから。いや、一昨日からか? ソコから書いた方がいいな。一昨日、店を閉めようって時間になってジュリアとバートが来た。ヘレンさんまで連れて。何の用だよって思ってたら、ジュリアがイオタにちっさい箱を渡した。
     で、イオタがアタシの手を引っ張って、厨房から客席の、ジュリアたちがいる方に連れてった。そしたらいきなりイオタがアタシの前にひざまずいて、その箱を開けた。中には指輪。で、「結婚して下さい」って言われた。いやもう何言ってんのか分かんない。
     この時点で、アタシは相当パニックになってたらしい。「いや、結婚ってジュリアとバートがだろ?」とか何とか、ズレたコト言いまくってた気がする。そんな状態だったんで、ジュリアが見かねたんだろう。「イオタから相談されたのよ」っつって、経緯を説明してくれた。
     まず、イオタは元々、公安辞めて店を開いた辺りから、アタシに気があったんだそうだ。自分の店が上手く行ってカネが貯まったら、プロポーズするつもりだったらしい。でも結局店潰しちまって、「こんなんじゃ結婚してくれなんて言えない」っつって、修行の旅に出たんだそうだ。
     そしたら犯罪組織に捕まって記憶を消されて、5年も央北にいる羽目になったワケだ。んで記憶を取り戻した途端、何が何でも市国に帰ってアタシに逢いたいってなったらしい。で、アタシに無事会えたからすぐプロポーズしようと思ったけども、身ひとつで市国に戻って来た素寒貧なんで指輪も買えないし、結婚式なんてもっと無理。
     だもんで元同僚のジュリアに相談したら、「それなら私たちと一緒に挙げればいいじゃない」って提案したんだそうだ。指輪については、なんとヘレンさんから借金して買ったんだそうだ。「ジュリアちゃんに頼まれて嫌とは言われまへんわ」っつって笑ってた。闘技場に出入りしてたのは、借金をちょっとずつでも返済しようと思ってのコトらしい。
     で、残るはアタシの返事だけ。だけど、まあ、イオタならいいかなって思ってたコトは確かだし、こんなタイミングでイヤだって言えるワケ無いし。言いたくないし。
     だからイオタから指輪を受け取って、「よろしく」ってどうにか返事した。

     で、昨日の話。アタシとイオタもいきなり結婚式挙げるコトになって、準備どうすんだよって思ってたら、どうやらアタシに内緒で全部お膳立てしてたらしい。いつの間にかドレスも用意されてて、ソレを着て教会に。
     教会に着いたら、同じようにドレス着たジュリアと、公安のよりは上等なスーツ着たバートが先にいた。んで、イオタもスーツ着て先に来てた。コイツのスーツ姿見るのなんて、公安の時以来だな。あと、ヘレンさんも来てくれた。今回の、本当の見届人だって言ってた。
     2組同時ってどうなんだよって思ってたけど、牧師さんは「面白いやん」って笑ってた。良いのかソレで。
     ともかくまずは、ジュリアとバートが指輪交換と愛の誓いをして、結婚成立。続いてアタシとイオタ。ジュリアたちと同じように指輪を交換して、牧師さんの前に立って、愛を誓った。誓っちゃったよ。
     披露宴に移ったところで、ジュリアたちのために集まってたはずのみんなから、アタシたちに向けても拍手される。見たところ、どうもコイツら、ジュリアたちとイオタの計画知ってたよって顔してやがる。新郎新婦の席も2つずつ。完璧にやられた。全然気付かなかった。マジかよ。
     その後はずーっと顔を真っ赤にして、適当に受け答えして、時間が過ぎ去るのを待ってたような気がする。

     で、今に至る。もうイオタとさっきまで何してたかすら覚えてない。でもアタシの左手には指輪があるのは事実だし、同じ指輪はめてるイオタが後ろで寝てんのも今、確認した。
     アタシ結婚したんだな。なんか慌てまくってたせいで、余韻とか全然感じないけど。……でも今、こうして日記書いてる間に、段々実感が沸いてきた。
     よし、アイツを起こして確認してこよう。アタシ、アンタと結婚したんだよな? もっかいキスしていいよな? って。すっげー恥ずかしいコト、今から聞いてきてやる。



     もうこの日記読めないな。二度と開けない気がする。すげぇ恥ずかしい。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【赤虎亭日記 33】へ
    • 【2016年5月携帯待受】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【赤虎亭日記 33】へ
    • 【2016年5月携帯待受】へ