FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第4部

    蒼天剣・憐憫録 2

     ←蒼天剣・憐憫録 1 →蒼天剣・憐憫録 3
    晴奈の話、第196話。
    晴奈の意外な対応。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     晴奈は初め、「フォルナとの旅はルーバスポートまで」と言っていたし、この街に来るまではずっとそのつもりだった。その言葉に従うならば、晴奈はこの状況で諭すか何かしてフォルナを帰すことこそ、「正しい行動」だったのだろう。
     しかし何故か、晴奈は掲示板の前にうずくまって泣き出したフォルナに、こう声をかけてしまった。
    「フォルナ、ここは目立つ。とりあえず私の帽子をかけて、宿まで行こう」
    「グス、グス……、え?」
    「ほら」
     晴奈は脇に抱えていた旅帽をフォルナにかけさせ、手を差し出した。
    「晴奈、アンタ確か、ココでフォルナと別れるって」
    「ともかく、このまま放っておくわけには行きません。まずは落ち着かせねば」
    「……ま、そーね。ホラ、フォルナ。行きましょ」
    「え、ええ」
     フォルナは晴奈と小鈴に抱きかかえられるように立ち上がり、フラフラと歩き出した。

     一方、その頃。
     晴奈たちが歩いている街道から、一つ東にずれた街道で、あの二人組がフォルナの捜索を行っていた。
     フォルナの護衛であった、オルソーとグリーズである。
    「どこにいるのか、殿下は……」
    「まったくだ。既に半月以上は経っている……。一体どこへ消えてしまわれたのやら」
     この二人は1週間以上ゴールドコーストを捜索したものの、結局フォルナを見つけることができなかった。仕方なく故郷、グラーナ王国に戻り、事の次第をフォルナの父親である国王に伝えたが、当然ながら激怒した。
     国王にとってフォルナは大事な娘であると同時に、今後の政局における大事な「駒」でもある。すぐに総力を挙げ、フォルナを捜索するように指示した。
     そしてオルソーたちもそれに駆り出され、この街を訪れたのである。
    「とにかく央中全土を探す、と言うことで来てはみたが……」
    「ネール公国領だからな、ここは。殿下はあまり、始祖の両家を好まれなかったようだし、来ている可能性は少ないと思うんだが」
    「やっぱりお前もそう思うか? 俺もだ、実を言うと」
    「だよな。……しかし、お上から『ここを探せ』と指示されているし」
    「……探さないわけには、いかんよなぁ」
    「はぁ……。殿下がうらやましいよ。好き勝手できて」
     オルソーたちは同時にため息をついた。
    「まったくだ。俺も自由になりたい」
    「だよな。宮仕えは辛いな、本当に」
     二人はとぼとぼと、街道を南へ歩いていった。

     その背後を、晴奈たちが西から北へと通り抜ける。
    「あそこに宿がある。とりあえず、そこに泊まろう」
    「はい……」
     フォルナはずっとうつむいたまま、小さく首を振る。
    「フォルナ、そんなに縮こまってちゃ逆に怪しまれるわ。もっと胸張って」
    「は、はい」
     小鈴に言われた通りに、フォルナは背を伸ばす。
    「さ、入るぞ」
     晴奈はフォルナの手を引き、宿屋へと入った。小鈴は一瞬だけ辺りを見回し、そのまま後へと続く。
    「らっしゃい……」
     非常にやる気の無さそうな店主が、カウンターからのそっと顔を上げて応対する。
    「宿を取りたいのだが、空いているか?」
    「ああ、空いてるよ。何人?」
    「3人だ」
    「ちょっと待ってくれよ。……ふあ、あ」
     店主はあくび混じりに宿帳を広げ、部屋を確認する。
    「……ん、ああ。4人用の部屋が空いてるよ。一泊の料金は8000エル。ご飯なし、風呂あり。それでいい?」
    「ああ、よろしく頼む」
    「んじゃ、ここに名前書いて。3人分ね」
     店主はのそのそと、宿帳とペンを晴奈に差し出す。晴奈は一瞬フォルナの方をチラ、と見て、こう書いた。
    (本名はまずいだろうな。……『メイナ・チェスター』、『ベル・タチアナ』、……『トール・ブラス』)
    「……ん、よし。そんじゃこれ、鍵ね」
     店主は宿帳を取り、名前を確認しながら鍵を渡してきた。小鈴はフォルナの手を引き、そっと2階に上がる。
    「さ、行きましょフォ……、トール」
    「は、はい」
     一瞬ひやりとしつつも、晴奈は小鈴の後へついて行った。

     晴奈の後姿を見送った店主は、もう一度宿帳を確認する。
    「フォ、って何だ……?
    『トール・ブラス』……『Tol・Brass』、ねぇ。……そう言や、昨日来た尋ね人のチラシ……」
     店主はきょろきょろと辺りを見回し、壁に貼ってあったチラシを確認する。
    「『フォルナ・ブラウン』……『Folna・Brown』、……TとFと換えて、Rから後変えたら、……まさかなぁ。パッと見た感じ、『狐』っぽかったけど……」
     店主はもう一度確認しようと思ったが、あまりに眠たかったので放っておいた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.05.05 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・憐憫録 1】へ
    • 【蒼天剣・憐憫録 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・憐憫録 1】へ
    • 【蒼天剣・憐憫録 3】へ