FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第4部

    蒼天剣・憐憫録 3

     ←蒼天剣・憐憫録 2 →蒼天剣・憐憫録 4
    晴奈の話、第197話。
    ニアミス。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     夕方近くになり、店主はようやく目を覚ました。
    「ふあ、あー……。あー、もうこんな時間か。そろそろ閉めないとな」
     店主はカウンターからのたのたと歩き出し、外に掲げた「開店中」の看板を下げようとした。
     外に出たところで、見るからに頭の悪そうな熊獣人2名が前を通りかかった。言うまでも無く、オルソーたちである。
    「おい、そこの宿屋」
     いきなりオルソーが、無作法に話しかけてきた。
    「なんすか……?」
     寝起きで機嫌の悪い店主は二人をにらむ。
    「何だ、その態度は。それでも客商売か?」
    「金払わないやつは、客じゃない。ウチはそう言う主義なんでね」
    「貴様、俺たちを何だと……」
     いきりたつオルソーをグリーズが抑える。
    「まあ、まあ。……悪いが店主、ちょっと物を尋ねたいのだが」
    「あ……?」
    「こちらに、茶髪に茶色い毛並みの、狐獣人の少女が来なかったか? 右目のところにほくろがあるんだが……」
    「うーん……?」
     尋ねられ、店主は昼頃に来た三人組のことを思い出す。
    「ちょっと待てよ……。何か、珍しい帽子を被った狐っ子が、そんな子だったような」
    「……何?」
     オルソーたちは顔色を変え、店主に詰め寄った。
    「本当か!?」
    「本当に、ここにいらっしゃるのか!?」
    「い、いらっしゃるって、実はどこかの貴族サマか何かなの?」
    「貴族どころではない! 由緒あるグラーナ王国の第三王女、フォルナ・ブラウンテイル・グラネル殿下にあらせられるぞ!」
     これを聞いて、店主の目がようやく覚めた。
    「……ま、マジっすか?」
    「ああ、本当だ! 現在大規模な捜索が行われ、見つけた者には報奨金300万エルが進呈されるのだ」
    「ちょ、ちょっと待っててくださいよ……!」
     店主は慌ててカウンターに戻り、宿帳をつかんで引き返す。
    「こ、これなんすけどね、ほら、『トール・ブラス』ってありますけど、これ、偽名臭いんすよ。もしかしたらその、王女サマかも」
    「本当か……!?」
    「ウソじゃないだろうな?」
    「め、滅相もございません! ご、ご案内しますです、はい」
     店主の先導に従い、オルソーたちはドカドカと足音を立てて2階へ上がる。
    「ここです。……今、鍵を開けます」
     店主はエプロンのポケットから合鍵を取り出し、鍵を開けようとした。
    「あれ? 開いてる」
     店主がつぶやくと同時に、二人はまるでタックルするかのようになだれ込んだ。
    「殿下ッ!」「探しましたぞッ!」
     が、部屋には誰もいなかった。
    「……ありゃ?」「……殿下、は?」
     その様子を見ていた店主はさっと顔を青くし、部屋に飛び込んだ。
    「ま、まさか宿代踏み倒されたんじゃ」
     きょろきょろと部屋を見回すと、机の上に封筒が置いてある。店主はそれを開け、中を確かめた。

    「店主へ
     諸事情あって 貴殿には内緒で宿を発つことにする 大変失敬いたした
     なお 宿代と迷惑料として 1万エル納めさせていただく」

    「ほっ……」
     店主は封筒の中に入っていた金を握りしめ、安堵のため息をついた。
     対照的に、オルソーたちは真っ青な顔になる。
    「に、逃げられた……!?」「くそっ……!」
     二人は大慌てで、宿から出て行った。



     オルソーたちが宿に入る、4時間ほど前。
     晴奈はようやく落ち着いたフォルナに、一つの質問をぶつけてみた。
    「フォルナ、率直に聞くが」
    「はい……」
    「私と一緒に、旅を続けたいか?」
    「……」
     フォルナは泣きはらし、真っ赤になった目を向けて、コクリとうなずく。
    「そうか……」
    「晴奈、この子連れて行くつもりなの?」
    「……」
     晴奈は腕を組み、しばらく黙り込む。
    「正直に言えば、まだ私自身迷っているのです。この子をこのまま連れて歩けば、この件が発覚した時、恐らく私は罪人とされ、獄に入ることになる」
    「そう……、ですわよね」
     しゅんとしたフォルナの頭を、晴奈は優しく撫でる。
    「しかし……、私には同じ経験があります。かつて、己の情熱のままに故郷を飛び出し、師匠に無理矢理ついて行ったと言う、あの経験が。あの時の不安が、この子を見る度蘇ってくる」
     晴奈はフォルナの頭から手を離し、また腕を組む。
    「もしかすれば、私は家に呼び戻されるかも知れない。もしかすれば、師匠が私を故郷に連れて行くかも知れない。そんな不安が、実家と和解するまでの1年間ずっと、私に付きまとっていました。
     それでも……」
     晴奈はフォルナの肩に手を置き、優しい声で語る。
    「それでも、私は居たかった。あの修行場、紅蓮塞に。どんな艱難辛苦を背負ってでも、あの場所で己を磨きたかった。その気持ちがあったから、師匠も黙って紅蓮塞に置いていてくれたのだと思います。
     もし、フォルナがその時の私と同じ気持ちなら――故郷で安穏な生活を送るよりも、己の身一つで世界に向かいたいと言うのなら――私はそんなフォルナの気持ちを、無下にはできない」
    「そっか……」
     小鈴もあごに手をあて、しみじみとうなずく。
    「ま、そーゆー理由なら、しゃーないわ。あたしも共感できるもん、そーゆー話。
     旅はホントに、助けてくれる人が少ないから、いつだって危険よ。街道はもちろん、街中でもね。でもその分、普通に街で暮らす中では感じられない、とびっきりの自由はいくらでも手に入る。もしもあたしに、その自由を捨てる代わりに10億クラムくれる、って提案されたとしても、絶対断るわね。……それだけ、この自由ってモノは貴重で、甘美なのよね。
     ……よっしゃ、あたしもハラくくるわ。フォルナ、アンタが一緒にいたいって言うなら、手ぇ貸してあげる」
    「……あ、ありがとうございます、セイナ、コスズさん」
     フォルナはまた、泣き出した。今度の涙は当惑と恐れから来るものではなく、感謝に満ちたものだった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・憐憫録 2】へ
    • 【蒼天剣・憐憫録 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・憐憫録 2】へ
    • 【蒼天剣・憐憫録 4】へ